白人女性との交際マナー

白人女性と付き合う時、ジェントルメン振りをひけらかそうw

 

白人女性はパートナーの男性に対して、レディー・ファーストを求める。

と考えられがちですが、アメリカのようなレディー・ファーストにあまり慣れていないヨーロッパの国々があります。

いずれにせよ、白人女性に対してレディー・ファーストをしてあげた方が喜ばれますので、抵抗がなければレディー・ファーストを試してみてください。

白人女性に声をかけるのと、日本人女性に声をかけるのどっちが楽?

外国人女性と仲良くなるために、5つの小さなことに気を配ろう!

よく知られているのが、

  • ドアを開けてあげる
  • お店やエレベーターに入る時、先に入れてあげる
  •  コートを羽織るのを手伝う
  •  食事中、料理を盛ってあげる
  • テーブルにつく時、椅子を引いてあげる
  • 電車やバスから降りる時に手を添える
  •  車のドアの開け閉めをする

などです。

私が妻と付き合い始めた時、レディー・ファーストをしてほしいと強く要望されましたが、なかなか慣れませんでした。

上記以外に、歩道を歩くときのレディー・ファーストがあります。

歩道を歩く時、女性を道路側にしないこと。 歩道と車道の間に縁石が敷いてあり、段差のあるところならまだしも、白線しか引いていないような道路は、彼女を守るように男性が外側に立って歩くのだそうです。

「随分行き過ぎだな~」

と思うかもしれませんが、これって日本でもありますよね?

私が小さい頃、祖母と一緒に駅前まで歩いて行っていた時のこと、

「年寄りは歩道の内側を歩く。外側(歩道内の車道に面した方)は若い人が歩くの。年寄りは守ってあげないとね」

当時はなるほどと思いましたが、年寄りも将来を担う子供を守ったほうがこの国のためじゃないのと今では思いますが^^;

とにかく、弱い人を守るために女性や子供、老人を歩道の内側を歩かせる考えは日本にもあります。

そう考えると白人女性とデートしている時に、車道側に自分が立つのは自然にできそうです。

迫り来る車から彼女を守る。 日本と比べ他の国では交通事故が多いので、男性に守ってもらう必要があるのかもしれません。

車道を渡る時も気をつけてあげましょう。車の進行方向にあなたが立つようにする。

『場所』について言うと、レストランでもそうですね。 なるべく良い席をとってあげるのはもちろんですが、彼女を壁側に座らせてあげて、お店全体が見渡せ、景色がよく見える席に座らせてあげると良いようです。

彼女が楽しめる席を提供してあげましょう。

外国人女性との会食はマナーに気をつけるべし!

ただ、もちろん例外はあります。 彼女と込み入った話をしたい時、彼女からぶっちゃけ話をしたい時はこの逆を行います。 心理学的な話では、店全体を広く見渡せ他人が視界に映る席よりも、壁と反対側に座らせましょう。あなたと壁しか見えない視覚が狭くなる席にすわると、他人が見えなくなるのであなたに対する注意力が増し、内緒話、大胆な話をしやすい環境になります。

白人女性と仲良くなるためのアイテムとは?

あなたも経験があると思います。 相手を壁側に座らせ、あなたからは壁と相手しか見えない状況だとぶっちゃけ話をしやすいはずです。

それから、おまけですが、人に話しかける時は右側から話しかけましょう。 心臓のある方向から話しかけると人間は警戒心が増すそうです。 右斜め後ろから話しかけられるのと、左斜め後ろから話しかけられるのでは、後者の方が緊張します。

女性と付き合う時は『位置』について注意を払ってみましょう!

外国人の彼女をネットで作っちゃおう!

外国人女性に声をかける方法を網羅したナンパ教材

-白人女性との交際マナー