外国人女性と英語

第三言語はナンパしやすい!英語は世界的に主流言語だけど、第三国の言語でもある!

2014/01/31

 

外国人女性と第三国で知り合ったり、生活しているとより親密になれると書きました。

白人女性と第三言語で話すことに萌えを感じるとき

白人女性をナンパするのは難しい、無理だという意見がネットでは多い一方、白人女性をナンパするには英語が必要だという意見があります。

白人女性というと、大体がアメリカなどの英語圏、それとロシア系が思い当たる人が多いと思います。

私の経験談ですが、第三言語で外国人女性をナンパしたり、仲良くなるのは日本人女性に声をかけるよりも簡単だと感じました。

第三国に居住し、第三者の言語で話すことのメリット

第3言語はお互いにとって母国語ではないので、恥ずかしがらずに話せること、下手でもお互い様という気持ちを感じられるからだと思います(特に日本人側)。

中国で留学、駐在していた時も白人女性に中国語で話しかけることは中国人女性に話しかけるよりも気分的に楽でしたし、すぐに打ち解けられました。

白人女性が私に話しかけられた時、「どうせ外国人を冷やかしに来た中国人だろう」と感じるそうで、冷たい態度で接して来ることもありましたw

「中国語がうまいねっ!欧米人が中国語を勉強するのは本当に大変でしょ?」

「まあね。中国語は難しいわ」

「そう、僕も勉強しているんだけど、なかなかうまくならないんだ」

「??中国人じゃないの?」

「ええ、日本人です」

この後は、へえ~日本人なの!?って感じで話が続きます。 ディスコなどは声が聞こえないほどうるさいし、あまり興味がないので行きませんでした。留学中は大学内に白人女性がいたので話をしやすい環境にありましたし、話題がありました。

駐在時代、着任したばかりで友達が殆どおらず、休日は目抜き通りをブラブラして外国人に話しかけようとしていました。 中国の地方都市に駐在し、日本人や外国人が身の回りにいない環境で、時々外国人を見るとなんとなく安心していましたね。どうしてかわかりませんけど、「こんな街に来ている外国人は、自分一人ではないのか」という気持ちだったのでしょうね^^;

上記の会話は、確かショッピングモールのフードコートをブラブラしていたら、白人女性が一人でラーメンだか鍋系の料理を食べていたので、混雑しているのをいいことに相席。

スペイン人のお嬢様でした。

中国語が割りと話せたのでびっくり。 留学して1年近く経つそうで、もうすぐ帰国なので寂しいと言っていました。

meinu

外国に駐在しているとお互いに外国人同士なので話しかけやすいという利点もありますが、日本でも可能です。

「さっき、中国人だと思われて冷ややかな視線を浴びていたんだから、日本で白人女性に話しかけても同じような目にあうのではないか?」

と、思われるかもしれませんが、それは私が「中国人に思われた」からですし、もし、嫌がられたとしても、それはあなたについてではなく、「ナンパ」という行為に対してだと思います。

まあ、声をかけるにあたって少なからずこういう視線にあうこともありますが、話しかけるとフレンドリーな人も随分いますので、数をあたってください^^;

中国語はもちろん私と彼女にとって第三言語です。

でも、英語だって第三言語なんですよ^^

フランス人やスペイン人にとっても英語は第三言語です。 あなたの英語よりも下手という人はたくさんいます。日本で、日本男性に声をかけられても悪い気はしないだろうし、日本人男性に声をかけられたいと思っている人も随分いるんです。

英語があまり上手くない外国人と英語で交流する時は、「英語のレベル」について負い目を感じないので話しやすいはずです。

市の国際交流会で、日本語が話せず、下手な英語しか話せないベトナム人女性と知り合いましたが、私のへなちょこ英語でも楽しく話せました^^;

私もたった今「へなちょこ英語」と書いてしまいましたが、白人女性・外国人女性と英語で話す時に「私は英語が話せません」とか「英語が下手です」と言わないようにしましょう。

日本人と話したことのある外国人女性は、このフレーズを心のなかでかなり鬱陶しいと感じています。

英語は身につけておくと便利ですし、やっぱり強い言語だなと再確認。

う~ん、本腰入れて勉強しないと・・・と言いつつ、全然やっていない!

頑張らねばっ!( ゚д゚)

jiekejie

-外国人女性と英語