入国と在留資格

外国人のパートナーの永住権を獲得しよう!

 

「永住者」の在留資格は、取得するのが大変ではないかと思いますが、それほど難しくはありません。

永住者の資格は他の在留資格と違い、期限がないため、期間更新も必要なく、仮にパートナーと離婚しても資格を喪失することもなく、転職、失業をしても資格を失うこともありません。

永住許可申請は、期間更新とは別の申請となります。 在留期間が切れそうだから申請するというものではありません。

私の妻は『3年の日本人の配偶者』があと8ヶ月くらいで切れるという時に、配偶者ビザの期間更新と永住許可申請を同時にしました。

わざわざ入国管理局に2度も足を運ぶのは面倒でしたので…。

審査中に現在所持している在留期間が切れる場合は、申請後永住許可が得られるまで、現在の資格の更新もしておかなければなりません。

居住年数の要件について ・原則として、正規の在留資格で引き続き日本に10年以上在留していること。

とは言え、「日本人の配偶者」でしたら、3年程度の在留でも許可がおります。 日本に入国した後、頻繁に出国している。日本国内で頻繁に引っ越しを繰り返していると許可が降りにくいようです。 また、前回書いたとおり、税金や払うべき義務のある費用を払っていないと、もらえません。

白人女性の滞在ビザの期限にご注意。税金・年金・保険料を払っていないと更新できません

その他、素行が善良であることや、生計要件を満たしている必要があります。

外国人パートナーが配偶者ビザでしたら、まずは1年の在留資格、その次は3年の在留資格を取得し、3年のビザが終了する前に永住許可申請とビザの期間更新を同時に申請しておくとよいでしょう。

日本人の配偶者の在留資格で別居中に許可がおりるか

永住申請は、婚姻の実態が伴っていることと、婚姻生活の破綻やそれに伴う別居がなく、正常な婚姻生活が継続していることが必要です。 そのため、別居は、永住許可の要件に該当しないと入管では判断しているようです。

 

他の在留資格と比べて、永住許可が非常に取りやすいのが「日本人の配偶者」。 魔大陸の女性が日本人男性と結婚して、1,2年後に失踪するケースがよくあります。

ロシア人女性との国際結婚は未だに大人気?

昔懐かしい?海外遠征して嫁選びツアー!

そういえば、先日、家族で公園をぶらついていたら、中国人女性3人組がベンチでごちゃごちゃ話しているのが耳に入ってしまい、「仲介業者を使って日本人と結婚したらしく、仲介料の値段を比べっこ」していましたw

「私の旦那は、私が疾走するのを恐れているみたいで~、ハハハw」

ずいぶん物騒な話でしたw

 

-入国と在留資格