国際恋愛・結婚の問題点

外国人と恋愛、結婚して不便?と感じるかもしれないこと

 

不便と書いてしまいましたが、ちょっとふさわしくないかな。

このサイトでは「外国人女性、白人女性と恋愛、結婚すると楽しいよ」ということばかり書いてきましたが、実際に外交人と恋愛、結婚して大変だったり、不便と感じたこと、日本人同士だったら多分起こりえないだろうなということを書いてみます。

1.言語によるもの

私と妻は、最近では日本語でも話をすることが多くなってきましたが、もともとの共通語が中国語でしたので、複雑な話をする時は中国語になってしまいます。

日常生活をする上でのコミュニケーションはばっちりですし、私と妻との間では特に大きな問題は感じません。

ただ、子供にとって中国語は私達二人の母国語でもないので、中国語で話していると浮いてしまう時があります。そんな時は何を話していたか伝えていますし、3人の時はなるべく日本語で話すか、妻は子供に対してロシア語で話すようにしています。

「国際結婚をしたいけど心配です、悩んでます」って具体的に何をですか?

今ではほぼ解消されていますが、以前、妻自身が日本語に多少不自由したことがありました。突然の訪問営業にどぎまぎしたり、家のメンテナンスのために業者が来る時は、立会いが必要になりますが、彼女は立会を不安がり、結局私が立ち会うことになり、土日を潰してしまったり。

日本に来たばかりの頃は、日本語があまり出来なかったので、子供が病気をする度に私が平日病院に連れて行ったり。

幼稚園での父母の集まり、電話の応答、過去にはいろいろありましたね。

ビザなどの在留資格 外国人妻と長い間恋愛、結婚しているとあまり外国人であるという認識が失くなって来ます。 ですが、外国人にはかわりません。ビザの変更や在留カードの切り替え、更新などの手間がかかります。

忘れがちですが、有効期限などはあなたが管理してあげてください。

 jieke

2.ホームシック

いくら彼女が日本に慣れたり、「帰国するのが面倒くさいので、別に帰国したくもない」と言っていましたが、しばらくしてホームシックにかかっていました。

本当に寂しくないと思っていましたが、旦那を心配させまいとする白人女性のつれない仕草…。時折、萌を感じます。

私としては、日本ーヨーロッパ便は高いですが、毎年一回は帰って両親にあってほしいし、親にとっても娘と孫には会いたいでしょう。 夏の帰国を勧めていますが、昨年は帰らなかったんですよね。。。

あなたのパートナーがいくら日本に慣れていても、メンタル面を常に考えてあげましょう。

3.仕事中に電話がかかってくる

日本人の夫婦でしたら、緊急時以外は、夫の仕事中に携帯を鳴らす奥さんはあまりいないでしょう。ですが、外国の女性はささいなことでも電話をかけてきます。

「帰りに●◎を買ってきて」

その他、緊急を要しない相談事。

日本人女性と比べて、面倒くさいと邪険に扱うのはNG。

「仕事中に電話するな!」

と、昼メロに登場する浮気常習犯のヒロインの旦那バリに怒鳴ってしまうのは完璧にNG。

仕事中に電話してもいいけど、出られない時もある。休み時間にこちらから折り返すからとやんわり言ってあげましょう。

このへんは教育が必要ですな。

私が実際に体感したのはこの程度ですので、不便というほどではありませんが、他の外国人の奥さんの話を聞いていると悲惨な話もあります。

  • 中国人妻が失踪した。
  • ロシア人妻の散財ぶりがひどい。
  • 食事に偏りがある
  • 子供に食事を作らずに、外食ばかり。

まあ、これらは外国人だからというよりも個人の問題ですね。

とにかく、外国人と結婚するからにはあなたは配偶者であると同時に保証人でもあり、彼女も腹をくくって日本に来ているわけです。

多少不便、大変だと感じてもしっかりとケアしていかなければなりません。

国際結婚、国際恋愛カップルには共通の友人が大事!

-国際恋愛・結婚の問題点