中国人の外国人観

中国も花嫁を外国から輸入し始めた?

2016/11/05

中国人男性が、自国の女性が白人男性に良いように食い物にされたのをひがんでいる記事を書いてきました。

高学歴で仕事もでき、高給取りという中国人キャリアウーマンがビシバシと世に出てきている中、中国でよい結婚相手が見つからない。自分の身の丈にあった、もしくはメンツのために白人男性と結婚したいという、「上昇婚」願望を持った女性たちが増えています。

では、中国人男性はどうするのか? このままでは、一体中国はどうなってしまうのだろうか?(棒読み)

多くの人が興味を持たない話題かもしれませんが、最近ではベトナム人女性を狙った婚活もあるそうですw

 

今年2013年、中国では「剰女(売れ残り女性)」という言葉が話題になりました。高学歴の婚姻適齢期でも結婚できない(しない?)女性の事を指し、上海や北京などの都市部でこの剰女が増えているとのことです。

また今年11月11日の「光棍節(独身の日)」の前後に中国人と「越南新娘(ベトナム人花嫁)」との人身売買まがいの国際結婚が増えているとのニュースがメディアを賑わしました。中国の農村部では結婚相手の見つからない中国人の男性が国際結婚紹介所を利用し、健康で若く働き者のベトナム人女性と結婚するのがブームなのだそうです。

都市部では結婚できない中国人女性が多くいるのに、農村では結婚できない中国人男性がベトナム人女性と結婚しているというのは矛盾がありますよね。

都市と農村、そして学歴による所得格差が加速しているとか、一人っ子政策で甘やかされ育った80後、90後の子たちが従来の中国では考えられない価値観を持っているという意見もありますが、中国もとうとう少子高齢社会に突入したということだと思います。他の先進国同様に。

この中国の少子高齢化が今日本にも影響を与えつつあります。

まず、中国人留学生や中国からの労働者、技能実習生の日本離れが顕著となりました。震災、放射能、尖閣問題なども中国人の日本離れの要因でしょうが、中国人の方々と話をするとやはり一人っ子を異国に行かせるのは抵抗があるという方が多く、今後も中国人の留学生、技能実習生、労働者の来日者数の回復は期待できないと思います。

日本側の対応として、留学生や労働者、技能実習生の送り出しをこれまでの中国からベトナムやインドネシアなどへシフトする動きも盛んになりましたが、中国で少子高齢化、晩婚化未婚化などが進んでいる現状を考えると、今後中国が労働力の送り出し国から受け入れ国に取って替わることが予想されます。

そうするとインドネシアはどうか分かりませんが、地理的に近いベトナムやミャンマーなどは日本から中国に労働力の送り出し先を変えていくのではないかと予想されます。

今後も日本の少子化は止まらないでしょうし、東京五輪まではアベノミクスによる好景気で我が国では人手不足が予想されています。留学生30万人計画や訪日外国人旅行客2000万人計画も遂行中です。安倍首相にはぜひ親日国を増やし、少子化で日本に来なくなるであろう中国人留学生や中国人労働者の代わりになる送り出し国を増やしていただきたいと思います。

2013年もお世話になりました。2014年もよろしくお願いいたします。(執筆者:柴田 信志)

リンク元:http://www.chinabusiness-headline.com/2013/12/40153/

中国もなんだかんだ言いつつ、一部の人はかなり豊かになりましたし、インターネットも普及し、一昔前の中国とは全く違います。

嫁の来てがない農村へベトナム人女性を招聘する。

むむ…。

80年代の日本と似ていますな^^;

行政が組織的に関わっていないと、中国の一民間結婚相談所が出来る事業ではありませんよね。日本と同じ轍を踏んで行くのでしょう…。結婚できない先進国の男性が、途上国の若い女性を求めるのは世界共通ですよね…欧米でもあるわけだし。

まあ、本当に貧しい農村でしたらきっと更に貧しい村から誘拐をしてくるでしょうし、曲がりなりにも海外から女性を呼んでくるわけですから、それほど貧しい農村でもないのでしょうね。

 

ベトナム人女性は中国人女性と比べておしとやかだと言われるし、密かな人気があるのかもしれませんね。そういえば、中国の農民がロシア女性をゲットしまくっている村もあるそうで、習近平が主席になる前の話ですが、公務員に対する腐敗取り締まりがそれほどきつくなかった時期に、ロシアへ研修という名目で渡航し、買春しまくる中国人集団がいたと中国人から聞いた事があります。

chuugoku

なんでも、昔、白人たちにひどい目に遭わされたから、その恨みを晴らすために買春しまくっている…という嘘かホントかわからない話も聞いたことがあります。

中国人も豊かになっているのは事実。周辺国よりも豊かになるにつれて、このようなアジアからの花嫁は増えていくでしょうね。

 

-中国人の外国人観