国際恋愛・結婚の問題点

東欧の国々の女性は比較的早婚のようですね。

 

以前、ヨーロッパ人女性が日本人男性と長年付き合った挙句別れてしまった話を書きましたが、東欧諸国、特に旧ソ連の国々では早婚ですね。

白人女性と別れた…知人の話。外国人女性 結婚に反対する親

妻の母国の友人たちも20才前半で結婚している人が多く、小学校高学年の子供を持つ人も多々おります。

 

日本でも田舎に行くと早婚であり、20才で結婚なんてのがよくあります。

ウクライナ、ロシアなどの地方では、早婚が多く、20代後半では嫁に行くのが遅すぎ、男性も若い女性が好きですから、若く無いと売れ残ってしまうことがあるそうです^^;

  • 長年恋人とお付き合いして振られてしまった。
  • 子持ちのバツイチで20代後半。 バツイチで30代。

ですと、なかなかよい男が見つからず、男性の人数が女性の数よりも圧倒的に少ない国・地方があるので男性の買い手市場。良い男性を見つけたと思ったらすでに既婚…というパターンが多く。30代で独身だと、バツイチか性格的に問題のある男性ばかりと妻が言っておりました^^;

日本人男性の中高年が白人女性と結婚する際、東欧の若い女性と結婚するケースが殆んど。

とはいえ、20代後半の方やバツイチも混ざっており、中高年にとっては十二分に若いです。

先進のヨーロッパの国々では30代で初婚などはザラですけどね…。

xin

妻の知人の父はバツサン。 私も何度かその人と顔を合わせたことがあり、2人目と3人目の奥さんを拝見しました。 一人目はその男性よりも20以上若い若い女性(当時23才、妻の知人とナジ年齢でした)で、完全にお金目当てで結婚していましたね…。知人の父は事業をやっていたので、持てたのでしょう…。この3年後に倒産しちゃうんですけど^^;

知人は、同年齢の歳若い後妻に嫌味を言われたり、散財したりと極めて自分勝手。 でも、知人の父は一切若妻の教育をせず放任。

うはうはの時期が続いたのは3年ほど、金の切れ目が縁の切れ目と言わんばかりに離婚。

3人目の奥さんは二人目と別れてから1年ほどで結婚。

年齢は30半ばで、路上でギターを引きながら歌を歌うのが好きで以前はプロの歌手を目指していた人。社会でまっとうに働くのが嫌いという人でした。

なかなか個性的な人達でした。

東欧女性とお付き合いしていると結婚を意識させられることが多いかもしれません。 私たちも、社会に出てから割りとすぐに結婚した方ですし(まあ、国際カップルで一緒に暮らそうとするとどうしても配偶者にならざるおえないし、その方が手っ取り早いので^^;)、妻の知人たちも在学中、もしくは卒業と同時に結婚した人が多かったです。

外国人の彼女をネットで作っちゃおう!

海外で活躍するための選択肢

-国際恋愛・結婚の問題点