中国人の外国人観

中国の女優や歌手などの有名人は白人男性がお好き?

 

今日は旧暦のお正月ですね! 中国、韓国、朝鮮などは春節で大フィーバー! 心機一転、反日機運をお互いに高め合って、激しく共闘することを新たに誓うのでしょうね。

chunjie

私の会社の取引先もほとんどがお休み。 滞っている案件が解決しないまま、勝手に休暇に入ってしまい2月7日まで宙ぶらりんのままです。

さて、

中国人女性アイドルたちが白人男性と恋愛している様を見て、中国人男性たちが歯ぎしりしているようです。

中国2

ホント、劣等感を抱くのもここまで来ると醜いですね。

~~~~~~~~~~~~~~

欧米人男性と結婚することに価値を見出している中国人女性はますます増えている。 沈丹苹、韋唯、寧静、張曼玉、史可、李玲玉などだ。

 

金のために結婚しているのだ、虚栄のために結婚しているだけだろうと言われている。 もちろん、我々は金のためではなく見栄のために結婚しているのだろうと思っている。 外見も重要だし、欧米人男性は男っぷりがいいしな。 まあ、比べてみると、欧米男性のようながっしりした体格太い両腕、堀の深い顔、遠くから見ても体からエネルギーが満ち満ちているのがわかるし、中国人男性のように不健康な感じはいない。

もし、そんな欧米人男性から言い寄られたら、あなたはどうする?

素敵な欧米人男性はどうやって作られているのだろうか(笑)?

まず挙げられるのは、食生活の習慣だろう(これは簡単に理解できる。生活が向上し、栄養をしっかり取れるようになれば、背は高くなる。近年の中国がそうだ)。

では、欧米人男性は何を食べたり飲んだりしているのだろうか?

アメリカ人とイギリス人は食生活が似ていて、一日3食で食べる量に頓着はしないが、栄養素にはこだわる。朝食はフレークに牛乳、ジュース、バター菓子、サンドイッチ、卵などの簡単に摂れる料理。昼食や夕食はおかずが二品、スープ、牛肉やラム、鶏肉、魚など。それにデザート、果物、コーヒーだ。

フランス人は脂っこい牛肉、羊肉、豚肉が大好きで、様々種類のソーセージを好んで属する。エビ、魚、卵、牡蠣、かたつむりなど、それから新鮮な野菜も食べる。 調理にはにんにく、香草、トマトなどを用いることが多い。彼らはイギリス人同様さっぱりしたスープが好きだ。 フランスはブランデー、シャンパンの故郷である。彼らは酒にこだわり、一般的に肉料理には必ずついてくる。肉料理には赤ワイン。海鮮料理にはブランデーと言った具合だ。果物やデザートを食べる時もワインがついてくる。

ドイツ人の食事の仕方は「朝は栄養のあるものを食べ、昼はお腹をいっぱいにし、夜は少なめに撮る」という栄養学にもとづいている。彼らは朝食、昼食はしっかりとるが、夕食は割りと簡単である。料理については肉、じゃがいも、パンなど。他のヨーロッパと似ている。

イタリアでは主に麺類で、スパゲッティ、マカロニ、炒めし、わんたんのようなものが多い。この他イタリアで有名なのがピザだ。中国のあげパンとほぼ一緒だ。

その他、欧米人男性はパンやお菓子をよく属している。 彼らと中国人の違いはといえば、油に違いがある。彼らの使っている油はとうもろこし油であり、匂いが強くなく、油っこくなく体に良いのだ。

~~~~~~~~~~~~~~

チャイナ記事を翻訳して見ましたが、どうでも良いクソ記事でしたね。 題目は「中国人女性はどうして欧米人と結婚するのだろうか?」というものでしたが、日本人なら多くの人が知っている欧米人の食生活をざっくりと簡単に書いた記事でした。

ハリウッド映画を見ていれば食事の場面が時々ありますし、多分それを元に書いた記事でしょうね。あまりにも内容が薄っぺらいです。

こんな記事を訳している私も私ですが…。

今後は記事を最後まで読んでから翻訳します^^;反省。

欧米人男性の食生活を見抜いて、パートナーに選んでいる中国人女性なんている訳ありません。冒頭のやっかみは一体何だったのでしょうか?

それと、イタリアのピザをさも珍しそうに書いていましたが、ピザと中国のあげパン(油条)は全く違います。 中国の揚げパンは捏ねた生地を細長く伸ばして、油の鍋にぶち込んで終わりです。

でも、中国の有名人が欧米人男性と結婚しているケースって多いというのは最近知りました^^;。 見栄のためもあるのでしょうけど、やはり、海外の男性のマナーの良さというか、外国人男性と接して初めて分かる魔大陸男性のマナーの無さ、品の無さ、徳の無さが目立ってしまうんでしょうな。

記事がつまらなかったので、最後はボインなちゃんねーを載せて誤魔化しておくという…^^;

po5

外国人女性とネットで出会おう

外国人女性に声をかける方法を網羅したナンパ教材

外国人女性はネットでの出会いに対しては非常にオープン!




PR


-中国人の外国人観