国際恋愛・結婚の問題点

国際結婚して、相手の国に住むのなら身につけておきたいこと

 

前回、国際結婚に踏み切る前にっ!己と相手をチェックせよ! を書きました。

あくまでも私の体験と、周りの知人の様子を見てのことなので不十分な部分があります。日本で日本語の出来る外国人と結婚した場合、第三国で第三国の人間同士が結婚した場合のちょっと事情が異なるかもしれません。

よくありがちなのが、現地の男性・女性と結婚して、現地に住むケースですね。

英語力が求められる

欧米で結婚するには現地の言葉が話せれば望ましいのですが、それが無理な場合は最低でも英語ができないと生活していくだけでもきついです。 私は、日本にいる外国人女性に話しかける時は、日本語で話しかけてもOK!英語ができなくても気にするな!と書いてきましたが、もし、彼女の国、または第三国へ住むのなら英語ができないとかなり苦労します。

英語オンチの私が言うのもなんですが、彼氏・彼女とのコミニュケーションが日本語でOKだとしても、向こうの両親と話せないかもしれなし、生活するにも支障があります。 その国の公用語が英語でなくても、その国の人にとってはあなたは外国人。現地の言葉がわからないとなれば、何はともあれ英語で話しかけてきます。

それと、外国で暮らすのなら、結婚するしないに関わらず生活できるタフさを身につけたいところです。

英語力・車の運転ができると生活範囲は広がりますし、公共機関以外を利用して移動ができると自分に自信がつきますよね(免許など)。

旦那や妻が仕事に出たら、自分は家で一人っきりでは引きこもり状態になりかねませんし、自分に自信が持てません。

日本人女性は外国人との言葉のコミュニケーションがしっかりしている

 

気遣いの難しさ

洋の東西を問わず男性と女性を比べた場合、男性の方が思ったことを素直に言えないものです。特に日本人男性は以心伝心に頼ってしまう部分があり、「この程度のことは言わなくてもわかるだろう」と日本式気遣いを求めてしまいます。 何でも言葉で伝えないとわかってもらえません。パートナーだけでなく、パートナーの両親、親戚、友人たちに対しても同様です。

外国人には沈黙は金なりは通用しない?

 

子供の言語

子供をバイリンガルにしたいと思ってもなかなか難しいんですよね…。 私の周りを見てみると、日本語は話せるけど奥さんの母国語を話せない子どもたちがずいぶんいます。どの言語を覚えるかはあくまで自分のため、家族のためですし、個人的な問題。他人のために覚えるものではないので、小さいうちから「たくさんの外国語が話せると視野が広がるよ。楽しいよ」と勧めてもピンときません。

うちは、妻が頑張ってロシア語を教えているので、それなりに話せますし、スカイプであちらの家族ともロシア語でコミュニケーションを取っています。両親が意識して言語を教えていけば習得していきますが、やはり暮らしている国の言葉がどうしても強くなってしまうのは仕方ありません。

日本で暮らしていても、なるべく向こうの家族と話させる。 海外なら、自分の親と話せ、自分は両親の文化2つを受け継いでいると認識させることが大事ですね。

海外で活躍するための選択肢

外国人女性に声をかける方法を網羅したナンパ教材

 

-国際恋愛・結婚の問題点