ウクライナ情報

ウクライナ新政府ができたけれど、問題は山積み

 

ウクライナの野党であった親欧州派の各党がヤヌコビッチ政権を打倒し、抗議デモを主導した政党であるティモシェンコ連合の幹部アルセニー・ヤツエニュク氏が首相となりました。その他、市民活動家らが閣僚に就いています。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140227-00000016-nnn-int

ウクライナの首都キエフを含めた西部では、欧州派の政権が成立したことで歓喜の声が上がっていますが、ロシア系住民が多い東部地区では新政府に対する反発が高まっています。

連立政権でやっていくようですが、幹部の他半は欧州派。

一朝にして覆ったわけでないけれど、国内はきな臭さを増していますね。

ウクライナ南部では小競り合いが起こり、ロシア支持派とウクライナ支持派が衝突。けが人が出ています。

クリミア半島と言ったら、昔はソビエト連邦のロシアからウクライナへと移管されました。これは当時の書記長フルシチョフの決定です。

当時は、同じソ連内だったから大した問題にはならなかったのですが、現在はウクライナの領土です。ここにはロシア系住民が60%以上占めており、今回の政変で抗議活動が起こるのは当然です。

クリミア半島の首都シンフェローポリは緊張した状態にあり、一触即発。

もう数年前に他界しましたが、私の妻の祖母もシンフェローポリに長年住んでいました。以前はロシア領でロシア人として過ごしていたので、もし生きていたら御年95才。

さて、

そんな欧州派が与党となったウクライナですが、ロシアよりの政権が打ち倒されて黙っているプーチン大統領ではありません。

ロシアとウクライナの国境付近で早速軍事演習。 自分の息のかかった政権が打ち倒されたのですから、メンツ回復と言わんばかりの強引な措置です。やっぱりプーチンは恐ろしい…。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20140227-00000011-ann-int

韓国人がキム・ヨナ選手の銀メダル判定に関して執拗かつ異常な抗議活動をしていますが、あんまり酷いとプーチンからの砲弾が飛んできますよっ!

ロシアの軍事演習に関しては、NATOとアメリカは軍事演習しないよう、干渉をしないよう要請していますが、これは効き目がないですな。いつものことながら。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000027-bloom_st-bus_all

ケリーアメリカ国務長官がいくらウクライナの独立性を尊重するようにロシアに訴えましたが、最近の中国やロシアがアメリカの言うことをおいそれと受け入れたって話はあまり聞きませんし、ウクライナ新政府いきなり大ピンチですね。

市民活動家と聞くと、どうもどんよりとしたイメージしか湧きません。 溜まり溜まった不満が爆発して、いきなり新政府ができてしまいましたが、あまり寿命は長くなりそうにもない気がするのは私だけでしょうか。

クリミア半島の自治共和国の親ロシア地帯を抑えねばなりませんし、東部のロシア派、それを支持するロシア相手にどれだけ踏ん張れるのか、欧米諸国が欧州派の新政府をどこまで支持するのか。

結局欧米諸国に見捨てられ、大統領選挙後に崩壊…なんてことになってしまうのか?

目が離せません。

ちなみに、ティモシェンコさんは現在ドイツで腰の治療中だそうです。

-ウクライナ情報