白人女性に声をかける方法

ナンパはTPOが大事。しつこいのも厳禁

2016/07/09

 

私の妻が先日、中東系かスリランカ人と思われる男性からナンパをされました。

午後1時頃、仕事に行く途中に繁華街を歩いていると浅黒い男性が英語で「You are so beautiful!時間アリマスカ~?English教えて!」と絡んできたそうです。

妻はこんな手合は一切相手にしませんので、「時間ありませんから。来ないで下さい」とあしらったようですが、それでもしつこく「You are so beatiful,英語おしえて!」と繰り返してくる始末。「私は忙しいのでついてこないで」と言ってもしつこく、「じゃあ携帯電話を教えて~、Cafeに行きましょ~」とついてくる。

「私の事見てわからないの?」と妊婦であるバッジを見せても、「『分かってるよ~』You are so(略)」と一向に引き下がりません。

妻はそれから振り返りもせず急ぎ足でその場を去りましたが、あと一声かけられたら、大声を出してやろうとしたそうです。

 paoooonoo

妻がイラッと来たのは、おそらく白人女性だから体目当てで話しかけてきたのであろうし、彼の「白人女性は股が緩いし、誰とでも寝るんだろう」と言わんばかりん態度に腹が立ったと言っていました。

要は、白人女性は尻軽女だろうと決めつけて声をかけてくる連中は、言動、態度を見ればすぐにわかるとのこと。彼女も学生時代、母国はもちろん、中国留学中にも体目当ての黒人たちに色目を使われたりしつこくされていた事があるそうです。妻だけでなく、白人女性は、色の黒い男性たちにナンパされたりすることがよくあったようです。

 

そう言えば、私が中国に留学していた時も、アフリカ出身の黒人たちはヨーロッパやオーストラリア、アメリカの白人女性にはものすごい勢いでナンパしかけていましたが、90%以上が撃沈していました。撃沈された後は、おしりの大きな日本人女性にターゲットを写していましたが…。アフリカと一括りしてしまうのは語弊がありますが、一部地域の黒人男性はお尻の大きな女性がかなりお好きなようです。

まあ・・・白人女性には積極的に声をかけようとこのサイトでも書いてきているので、じゃあナンパはダメなのか…と思うかもしれませんが、このスリランカだか中東系の男性の行為は明らかに迷惑ですよね。

・仕事で忙しい時を狙われた ・下心丸出しのキーワードのみ ・英語教えては明らかな口実 ・白人女性とならすぐにやれるという根性が丸見え! ・妊婦だろうとお構いなし

これだったら嫌われても当然ですね^^; 私もガンガン白人女性に声をかけたらと言っていますが、基本的に「何かのきっかけがあってから」の方が良いです。待ちゆく白人女性に声をかけまくるのも度胸がつくし、断られるのを怖がっていたら前進することもできません。冷たくあしらわれることもあるでしょう。ただ、下心見え見え、英語教えてと初対面の人間に迫る。下心丸見えだと引いちゃいますよね。

もちろん、路上ナンパを極める!という人は、何度も繰り返して数をこなしていくことでテクニックが向上するのでしょうけど・・・こうなるとナンパのプロですよね^^; すべての人がこんな事できるわけではありません。

普通の人なら少しでも自然な出会いを求めます。

習い事やイベントで一緒になったり、同じ学校に通って、よく見かける学生、サークルで一緒になった。学生食堂で見かけたなどのシチュエーションならいくらか話しかけやすいですし、こういう時なら積極的に話しかけても良いと思います。

他にはネットで知り合ったり、飛行機、新幹線の移動中に隣り合った時に話してみる。 観光地、祭りなどで「同じものを楽しんでいる」「共有している」場所だったら、他人に話しかけやすいでしょう。こういう時って気持ちもオープンになっていますからね。

妻は相当の男性から恐怖を感じていましたし、やはり、妊娠していると子どものことが心配になってしまうし、恐怖も倍増だと思います。

妊娠前は「私は昔みたいにナンパされなくなっちゃったな~(笑)」なんて冗談を言っていましたが、いざされると相当焦るんでしょうね。

路上ナンパは飛び込み営業と同じで本当にキツイでしょうな…。する方もされる方も。

-白人女性に声をかける方法