白人女性との交際マナー

性病チェックは欠かしちゃいけない!白人女性との本番前に

2014/04/08

 

白人女性と知り合い、親しくなり、彼氏彼女としての付き合いが始まった。

デートもしたし、キスもした。

さあ、セックスへ!

となるのですが、ゴムを付けるのはもちろんのこと、性病チェックをきちんと受けておきましょう。

HIVや梅毒他、性病のチェックは市町村の保健所で無料で行えます。※自治体にもよる。

なぜこんなことを書くとかといいますと、きちんとしたお付き合いをしていく上で、パートナーと自分の健康状態は重要事項です。

日本人同士だと、恋人同士のセックスの前に病院で検査というのは本当に稀だと思います。

別に自分が不特定多数の人間とたくさんしてきたとか、いかがわしいお店で危険なプレイをしたからというのではなく、まずは検査をするという心構えです。

私は白人女性と付き合う中でこれを学びました。

白人女性でも、ワンナイトや遊び友達もいるのでしょうけどね。

中国に留学に行く前に、肝炎はじめさまざまな病気に感染していないか、健康診断を受けましたし、留学ビザをもらう際にも必須条件でした。

だから、中国で知り合った妻から、はっきりと「だいは病気の検査した?病気とかない?」と聞かれました。

それに、日本人だって外国の女性、または男性とセックスをする前に「外国人は病気を持っているか心配」と言っている人もいますし、ネットでもよく見かける書き込みです。

外国人から見ても、外見の異なる異人種のアジア人とするわけですから、気になるわけです。

 

日本に帰国後も性病検査を受けたことが2回ほどあります。 海外での生活も1年以上となると、知らぬ間に変な病気に感染しているかもしれないし、何より、自分たちのためです。

確かにあの結果発表の時はかなり緊張します。 全然やましいことをしていなかったとしても緊張します。

以前、結果待ちのため待合室で待っていたら、私の2つ前の若い女性(20代前半くらいか、ジャージとサンダルを引っ掛けていた)が、医者に泣きながら怒鳴っていました。 察するに何か病気にかかっていたのかもしれません。

あの時はかなり驚きました。

 

話がそれましたが、外国人女性の方は性病などに対して非常に敏感です。 アメリカのポルノではゴムを付けずにプレイをしているので、いい加減にみえるかもしれませんが、それだけ厳しい検査をしているからこそできるのです。

 

セックス(特に生)でしようとする際は検査を受ける。 外国人相手だけでなく、パートナーと付き合って行く上での常識になってほしいですね。

 

-白人女性との交際マナー