白人女性と自分の格好

自分に自信のない女の子は魅力的かい?

2016/07/09

 

日本も高度経済成長してからというもの、老いも若きもダイエットと言う時代になってうん十年ではないでしょうかw

「ダイエットしなくてもありのままの姿が美しい」だの「体型も個性」と一方で言われているものの、女性の悩みにつけこんだダイエット商品というのはいつの世の中でも大人気なのか、書籍、食品、器具など、ネットでもリアル店舗でもその手の商品が幅を利かせています。

で、私がよくおじゃまさせて頂いているまりりんさまの記事http://ameblo.jp/marikohk/entry-11791981936.htmlを拝見させていただきまして、やはり日本女性はずいぶんとダイエット、人からどう見られているかに価値を置いておりますな。

一方、白人女性の方は自分の体型を気にする人も中にはいますが、「太っている」=「男にもてない」「自分の価値が下がる」とは思っていません。

極度の肥満、明らかな怠惰による肥満だったら話は別ですが、ごくごく不痛に正活していて少し太っているからと言って、自分の価値を貶めたり、自信をなくすことはまずありません。

ピザやハンバーガーなどのジャンクフードを頬張りながら、ダイエットコーラをがぶ飲みしても痩せませんがね…。

 coke diet-coke

これくらいのふてぶてしさも必要なのかw?

白人女性、外国人女性とざっくり書いてしまいますが、「女性とはこうあるべき」というメディアの煽りの影響はもちろん、他人様の評価もほとんど意に介さない人が多く、個性的、世間でいうところの標準にあまりこだわらない人が多いです。

欧米では恋人やパートナーに対して、

「お前痩せろよ」

と言う人はそうそう多くはないと思います。

日本人男性では結構いますよね。 私の弟も妻に対して痩せろとよく言うし、友人も自分の彼女に対して痩せろという人もいます。

もっと酷いのが、友人の彼女に対して、「お前の彼女、もっと痩せさせた方がいいぞお~」という輩。ま、これは学生時代の話ですが^^;

私の妻も学生時代はぽっちゃり気味でしたが、痩せなきゃと言いつつ、全然痩せようとしませんでしたし、私の方はむしろその体型が好きなんだと言っていました。

痩せる=美しい

ではないのは常識ですが、やはり痩せている方に美を感じさせるのはメディアの策略だと思います。

一番いけないのは世間一般と思われている、メディアが作った価値観を正しいものと信じて、自分をそれに合わせようとすることです。

合っていないからと言って落ち込む必要はないし、私の知り合った白人女性たちはみんなスーパーモデルのような人達ではないし、むしろ、日本人から見てぽっちゃりしていて、くびれもそれほどないという人も結構いましたね。

彼女たちは全くそんなことを意に介していませんでしたし、常に魅力的に、自信ありげに話していました。

日本では協調性が重視されるため、女性は愛想の良い人が多いですが、白人女性の場合は愛想よりも愛嬌のある娘が多いですね。

愛想はイマイチだけど、愛嬌があるということは非常に魅力的です。 最近流行り言葉の「ツンデレ」に近いものがあります。

いつもは澄ました顔をしている(我々からするとそう見える)白人女性が、話をする時は笑顔で多弁、こちらの話にも耳を傾け、話す姿に良い意味でのギャップを感じます。

私も20歳くらいまでは他人からどう思われるかを気にしていましたし、特に高校の3年間は周りに合わせることに終始していた気がします。

いじめを受けたり、特別不愉快な思いをしたわけではありませんでしたが、高校3年間は非常に不自由、窮屈な思いをしていました。進学、就職と進路が別れる時代でしたし、先生や周りも世間一般をやたら意識して進路指導をしていました。

昔話は後回しにするとして、あまり自分の体型を気にするあまり、パートナーができない。パートナーとの関係がうまくいかないと思わないようにしたいですね。

この程度の価値観は明らかに、マスメディアが作ったものですから、気にしないように行きましょう!

強引にまとめて終わりっ!( ゚д゚)

-白人女性と自分の格好