ニュース

台湾馬英九総統に対して抗議デモ行っている学生たちの危惧はとてもよくわかるっ!

 

大学の頃知り合った台湾人の友人が何人かいますが、みんな良い奴ですね! 中国語を母語としているのに、思想や民度、感性がここまで違うと、本当に民族的には近いものなのか?と思ってしまい、「中国人と一緒にされるのが一番頭にくる」という彼らの文句にもふむふむと頷いてしまいます。

私はFacebookをやってはいないのですが、台湾で起こっている馬英九総統に対する抗議デモについて拡散してくれとメールで依頼がありました。

「Facebook持っていないよ」

と、伝えたら、

「早く作れっw!」

と、怒られちゃいました^^;

でも、ツイートはしておきましたよっ!

 

当初、台湾の事件はあまり日本のメディアでは報道されず、ネットニュースで流れたのみでしたが、最近ようやく新聞に載るようになってきました。当初、具体的にどんな理由があってデモを起こしたかわからず、台湾の独立?中国同化の反対運動?と、よくわからなかったです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140327-00000136-mai-cn

私は日経新聞をとっていますが、台湾問題に関しては、昨日めちゃくちゃ小さいベタ記事が載っていただけ^^;

もっとでかでかと載せて欲しいです。

tai1 tai2 tai4 tai3

話によると、馬英九総統が中国との経済的なパイプを更に太めるために、中国企業の台湾進出、滞在許可など経済面での規制を緩和させようとしており、これに台湾人学生たちが反対しているのことです。

中国企業や中国人が台湾にどんどん流れ込んできたら、労働する場所が奪われ、公衆の秩序が乱れ始め、民度の低い人民が増えると、社会的なモラルが低下し治安も悪くなります。

悪貨は良貨を駆逐するとはよく言ったもの。

台湾は日本統治下に置かれたことがあり、その後、大陸から蒋介石率いる大陸の無頼漢達が大挙台湾にやって来ましたが、質の低さと言ったらありませんでした。

当時を思い出してしまう台湾のご老人もいるのではないでしょうか。

 

中国大陸からの移民が増えることへの危惧感は、同族である台湾人が一番良くわかっているはずです。 更に彼らの不安に拍車をかけたのは、ウクライナーロシアのクリミア半島問題です。

ウクライナは昔はタタール人が住んでいましたが、やがてロシア人が移り住み、ロシア領として認識されていましたし、ソ連邦になってウクライナ系だったフルシチョフが同族のウクライナにクリミア半島を割譲したものの、「同じソ連内だし」ということでさほど問題視されませんでした。

現状、ウクライナ野党がロシア系のヤヌコビッチ首相を追い出し新政府が出来ましたが、クリミアにはロシア系住民が多数を占めており、住民投票をしてロシア編入へのカウントダウンが始まっています。

クリミア半島と台湾は歴史も事情も違いますので、一概に比べることはできません。 しかし、「○◎系住民が多い地域で、○◎国への編入を認めるか」という住民投票をして、多数派である○◎系が勝利したからといって、その土地が○◎国へ編入される危険を目の当たりにしてしまうと、台湾人にとっては対岸の火事ではなくなります。

仮に中国人たちが何らかの合法的な手段で台湾に居住し、籍を台湾籍に移すようなことがあれば、彼らにも選挙権が与えられますし、中国よりの政権を誕生させるのも非現時的ではありません。

更に、中国が台湾は中国の領土であるかどうかの是非を問う住民投票をされたら一発で戦争状態になるか、乗っ取られてしまいます。

台湾の学生たちが危惧するのは当然のことですし、中国人の本質を理解した上での行動だと感じました。

方や、日本は労働力不足を補うために、毎年20万人の移民政策などを提案しているし、一体何を考えているのかと不安と疑問を感じます。

労働力不足を補うわけですから、入国してくる外国人なんてたかが知れています。 中国、韓国、東南アジアがメインになりますが、労働力として入国してくる人達の質というのは決して高くないはずです。 外国人技能実習生についても同じことが言えます。

  • 建設業に限って現行3年である実習を5年に引き伸ばす。
  • 2020年のオリンピックまでは上記の通り5年に延長する。

という案が通りそうな状況です。 技能実習生とは先進国の技術を学び、母国でその技量を発揮し、発展途上国の技術の底上げをするのが本質であります。

「ただの労働者ではない、労働力不足を補うために雇い入れるのではない」

上記が、法務省及び入国管理局の見解であるのに、労働力不足を補うために実習生を入れるとは、正に国としての考え方がぶれているとしか思えません。

移民の受入というのは北欧のスウェーデンなどで大失敗しております。 語学学習を通じての異文化交流でしたら、その国や言語に興味のある人が行うので、民族間の摩擦なんてことはあまり起こりませんが、その国に興味もなく愛着もなく労働目的で入国した人が、その国を好きになり、異文化の中に溶けこむことは不可能です。

母国よりも楽な生活、豊かな生活を送れるからという理由で来る人ってやっぱり「質」が知れています。

それに、20万人の移民を受け入れて、それで済む話ではありません。

必ず家族を呼び寄せます。

仮に、移民が日本で生活の基盤を築き、喰うに困らない生活を送ることができたら、喜んで家族を呼び寄せます。

彼らは自分たちの生活を国に持ち込むし、日本人との地域摩擦は避けられません。 移民の子供が増えた地域での義務教育はどうなるのか。 中国人子弟が多いクラスに振り分けられた純日本人の子どもが理不尽な目に合わされたなどの問題がおきてもちっともおかしくありません。

5年10年後の話ではありませんが、30年、40年先に、日本人が肩身の狭い思いをするような社会を作ってはいけません。

 

移民が増えた自治体から日本人が流出して行くことは火を見るより明らか。

 

とまあ…柄にもなく勢いだけで書いてしまいました。

 

しかし、ウクライナなどの白人女性が日本に移民してくる…という妄想もしてしまいますw

あくまで脳内の妄想ですが^^;、

  1. 移民をするのなら、自分の家族を呼び寄せない。
  2. 独身でいるか、日本人男性と結婚すること。他国の人間との結婚はNG。
  3. 結婚する日本人男性とそれなりのレベルに達した共通言語があること。 英語、ロシア語、ウクライナ語、日本語のいずれか一つで交流に支障がないこと。
  4. 永住者の資格をとった後、離婚したら資格を失う。
  5. 夫と自分の年収の○%以上を母国または他国に送金してはいけない。

うわ~~…思いっきり人権問題に抵触しています^^;!

明らかに人権侵害ですね!

本当に妄想ですから!

3.については、共通言語がなくて結婚生活が成り立たないというトラブルを防ぐためです。

まあ、こんな移民受け入れなら…外国人女性好きの日本男子もOKしてくれるのではないでしょうか(冗)。

芸能界もハーフタレントばかりになって、逆に純日本人の黒髪美人がマイノリティなりそうです^^;

 

 

-ニュース