白人女性との交際マナー

外国人女性・白人女性の外見を褒めるには

2016/07/09

 

外国人女性、白人女性を褒めるためにはどんなセリフが良いのか…。

 

最近多く頂く質問の一つでもあります。

外見を褒めるにしても、言い方やその場の雰囲気、褒められたい部分を褒めてあげることが大切です。

私も褒め言葉には注意をし、且つ妻に対しては毎日「綺麗だ」「セクシーだ」と言うようにしています。 夫婦何だからそんなに気をつけなくてもいいのではないか?結婚して7年以上経つのだから、そんなラブラブ振りをみせつけなくても!と、思われるかもしれません。

しかし、外国人女性、殊に白人女性と結婚した場合、常日頃褒めてあげないといけないのですよ!( ゚д゚)

このあたりは、洋画や洋物のドラマを見ていればわかりますよね。いい年をした白人カップルがハグしあったり、愛を囁いたり。ドラマの中で起こっていることを、白人女性と結婚、恋愛しているからには実践しなければならないのです。

日本が大好きで、日本人男性はこんなものだろうと割り切れる白人女性なら、日本人女性と同様に接しても良いのかもしれませんが、それでも寂しいと思うこともあるはずです。 愛の言葉を囁いたり、外見を褒めるのは最初は言いづらくても、慣れてしまえば、朝の挨拶同様サラッと口にだすことが出来ます。

私が妻に使うフレーズや、過去の恋愛で使ったフレーズを思い出せる限り列挙してみます。

fegeee

服のコーディーネートを頼まれた場合

これが面倒くさいんですよね!どの服を着て行こうが知ったこっちゃない!と、言い切ってしまうのはNGです。女性が、パートナーに服のコーディーネートや服の購入に関して意見を聞いてくる場合、大抵自分の中でどれを着よう、どれを買おうかは決めています。

意志の決定を後押しするような発言を求めているだけなんです。

「髪の毛の色と服の色が合っているからピッタリだよ!」

「君の瞳の色を際立たせる組み合わせだと思うよ」

また、

「この組み合わせはおかしくない?」

と、聞かれることがありますが、「おかしくないよ」と答えるのはあまりにも芸がありませんし、おかしくないだけで決して綺麗ではないのだろうと思わせてしまいます。

そんな時は、驚いた振りをして、

「おおっ!すっごい綺麗だよ!なんで、あの時(2人でデートした時とか)に着てくれなかったんだよ!」

と言うようにしています。

「君は何を着ても似合うよ」は褒め言葉でもありますが、付き合った年数が長いカップルの間ではパンチ力がイマイチです。「何でも似合うよ」と言いつつも、面倒臭がっているイメージが強く出てしまっています。

「どの服を買おうか?」

と、聞かれた時は「どっちも綺麗だからどっちも買っちゃいなよ!」と答えるようにしています。このお金は誰が出すのかが気になるところですが、共同管理している家族のお金を使うとなると両方買うことも出来ませんし、私の懐具合も知っているので無茶は言ってきませんw。

こう答えておけば、ケチだとは思われませんw

どっちがいいかと聞かれたら、貴方の好きな方を素直に答えればいいです。おそらく、彼女はあなたが選んだものと違うものを購入するかもしれませんが…。

 

髪の毛の変化に気をつける

Joeさんや他の方もおっしゃるように、女性の髪型には常に気を配った方がよいですね。 パートナー以外ではなく、同僚やクラスメイトの女性に対しても、「おっ?髪の毛切ったね!」と言う習慣をつけることです。一言、かわいいよとか似合っているよ!と言ってあげると尚良しです。髪の毛の色が変わった時も言ってあげたいですね。

あと、まあ、これは基本ですが、「前の髪型の方が良かった」というのは良くありません。

学生時代、髪の毛を盛りまくった知人の留学生に、「髪の毛綺麗だね~!ご出勤?」と言ってしまい、「ゴシュッキン?」と聞き返され、「夜のお仕事をするホステスの髪型」と、日本人の知人が言ったものだから苦笑いしていました。 あとで聞いたら、彼女、結構ムッとしていたらしい…^^;

 

あそこの毛の色も聞いてしまった馬鹿な知人。

「ご出勤?」と聞いてしまったのはまだかわいい方です。お馬鹿な知人がいて、アンダーヘアの色まで聞いた不届き者がいました。遊びのつもりで聞いたのでしょうが、これはNGどころか、マナーの欠如、常識の問題ですね!

白人女性と日本男児が絡むAVの挿入部分の茶番じゃあるまいし…。

言われなくてもわかっていると思いますが、絶対にこんなことは聞かないように!

装飾品

ピアス、ネックレス、ブレスレット…。 多くの女性が装飾品をつけています。その装飾品を褒めるだけではいけません。身につけている人を褒めてあげなければ…。

「そのネックレス、素敵だね」

友達や付き合って間もない相手だったら十分な褒め言葉でしょう。

でも、グッと近づくにはちょっとひねりを入れたいところです。

彼女のネックレスに視線を移すか、指で指すか、顎でしゃくるかして、

「とっても綺麗だよ。似合ってる」

と一言。

「そう?綺麗でしょ?この前買ったの…」

ネックレスの事を褒められたと思うのが当然です。

が、

「それもそうだけど、ここがとても綺麗だよ」

と、自分で自分の首の付根から胸のあたりをさすりながら言ってあげましょう。 嫌らしいと思う人もいるかもしれませんが、笑ってくれる人も結構いますよ。他の女性にも言ってみたところ、掴みとしてはまあまあかと思いました。

これは他にも応用が効きます。 ピアスを褒める時も、同様です。 ピアスを褒めるのではななく、耳たぶを褒めました。

「可愛いのは、その耳たぶだよ。日本では『耳たぶの形がよかったり、大きいと幸せになれる、金持ちになれる』って言うんだけど、そっちの国ではどう?」

と、話も膨らませられます。

「そのピアスは耳だけでなく、うなじまで引き立たせるね~!」

「日本ではうなじ美人っていうのがあるけど、正にそれだね」

 

あと、耳たぶを見て「噛みたくなる…」

は、恋人に言う時に使えますw

 

「美人だね~、そんだけ美人だと日本でももてもて何じゃないの?」

「現役バリバリのモデルが留学に来たって聞いたけど、君のことでしょ?」

「あれ?CMに出ていなかったっけ?」

など・・・。

思い出そうとすると意外と思い出せないもんですね^^; 「セクシーだね」というのは、あまり言い慣れない人が多いと思います。すぐに慣れるとはいえ、セクシーと言うと下心があるのではないかと思われそうです。そこは雰囲気を見ながら言えばいいと思いますし、白人女性には、可愛いという表現よりも「綺麗」「美人」と言った方が喜ばれます。

-白人女性との交際マナー