海外インターンシップ

有給・無給インターンシップ 紹介予定派遣制度を活用してグローバルに活躍する

2014/05/02

日本が不景気で、大学生の就職活動すらかなり厳しい昨今。 大学2,3年生の大事な次期を留学やインターンシップで過ごしていていいのか?と、思っている人もいるのではないでしょうか。

就職活動はもちろん大事です。
でも、活動を一生懸命していても、中身が伴っていないといけません。

生まれつきあるもの

  • 高い社交性。
  • 家が金持ち。
  • 頭の回転が良い。
  • 運動神経抜群。

が、すべての人に備わっているわけではありません。

学生時代にできることはたくさんあります。 アルバイトに励むのも良し、勉学に励むのも良し、また、遊びに興じれるのも学生の特権と言ってもいいでしょう。

だけど、いずれは就職しなければなりません。

だったら、就職活動を少しでも有利に運ぶためにも海外インターンシップで自分を鍛えてみるのもよいでしょう。

  1. 海外で就職先が見つかる可能性が高い!
  2. 語学力。
  3. 外国人、日本人とのコミュニケーション能力の向上。
  4. 外国でしか築けない人間関係の構築。
  5. その国で暮らす人、外国人の考え方を知り、自分の思考能力がアップ。視野が広がり、様々な角度から物事を見つめ、考える能力が身につきます。
  6. 仕事に対するストレス耐性の向上。
  7. 『海外で仕事をした!』という達成感、自信がもてます。

留学を経験した人って、就職活動するとき、自信満々でしている人が多いですよね。 あれこそまさに達成感、日本で経験できないことを経験してきたという自信の現れです。

これがもし、海外インターンシップだったら、もう自信バリバリで就職活動できるのではないでしょうか。

 

短期(無給)の海外インターンシップについて

文字通り、海外で短期間でいいから海外インターンシップをしてみたい方向けなのですが、制約があります。

それは、無給であること。

長期と短期では各国の事情、又はビザの種類により、報酬を得て働くことが可能か否かに別れます。

短期の海外インターンシップをする場合、最短で2週間、ビザの種類や期間更新の都合により1年までの滞在が可能です。 報酬については、ビザの性質上報酬をもらうことは原則禁止となっております。

短期海外インターンシップも長期海外インターンシップと同様、必要な語学力は職業や国・地域によって異なります。英語にあまり自信のない方でも、チャレンジできるプログラムもありますので、あきらめずにエージェントに確認してください。 英語圏以外ですと、高度な現地外国語能力は問われませんが、インターンシップを行うに際して一定の語学力は必要になってきます。そのため、まずは現地の語学学校で語学を一定レベル習得したあと、インターンシップにチャレンジすることができます。

英語以外の外国語を身につけ、インターンシップで実践的なスキルを学ぶ。 日本や英語圏では経験できないプログラムがあるので、是非、英語圏以外の国もチェックしてみましょう!

また、海外でインターンシップをしたいけれど、短期間で行いたいという方は、ビザ申請の必要のない国でインターンシップを行うプログラムもあります。無給ですと、様々なプログラムがあるので、いままで自分が経験したことのない、日本では経験できないプログラムを選んで体験してみるのも、ひとつのスキルアップの方法です。

こんな方々に短期海外インターンシップが向いています。

  • 将来的に海外で就職するための足がかりにしたい
  • 未経験の分野を開拓したい
  • 語学力がないが、とりあえず海外での生活にチャレンジしたい
  • 有給海外インターンシップをチャレンジする前の練習のため
  • 留学ではない、緊張感を持った海外生活を送ってみたい

主な短期海外インターンシップの内容

  • 一般企業での作業
  • ホテル、旅行会社などでのサービス
  • レストラン、カフェでのシェフ、フロアでのサービス
  • 美術、芸術関係
  • その他いろいろあります。

 

有給インターンシップで仕事のスキルと語学を同時に磨く

「どうせなら、お給料も欲しい!」

働くなら誰しもそう思いますよね。語学を磨きたい、自分を磨きたい、海外で働く経験をしたい。でも、お給料が貰えれば、インターンとして働く際の大きなモチベーションになります。

有給海外インターンシップの期間 有給インターンではビザの関係上、期間は6ヶ月から18ヶ月となります。各国によってビザの種類や期間が異なります。 ですので、どの国でどれくらいの期間働くかを予め決めておきましょう。

「とりあえず1年半で契約したけど、なんかキツイなあ」

「6ヶ月ではなく、もっと長く滞在したかった」

モチベーションが左右されることになるので、期間や行き先は慎重に考えましょう。
有給で働く際の英語力
「有給となると高い英語力が必要なのだろうな…」

と、思いがちですが、実はそれほど英語力が必要でもないプログラムもあるのです。 あなたの英語力やスキルに応じて、職種や職業を探すことができるので、中には英語力がなくても参加可能なプログラムもあります。 報酬が低くなる可能性は高いかもしれませんが、海外経験を積みたい、そこで語学力を身につけられれば良いという方はチャレンジする価値があるでしょう。

様々な報酬 報酬は就職先はもちろん、職歴、スキルによって大きく異なります。 国や地域の物価に左右されることもありますが、日本で働くのとそれほど変わらない報酬、生活費の足しになる程度の報酬を得られるプログラムがあり、ポジションによって変わります。

英語力があり、日本でのビジネス経験がある方は、報酬を第一の条件として就職先を探すことが可能となります。海外で実践的なビジネスを学ぶことができるので、自信のビジネススキルの向上、語学力アップに大きく貢献します。

有給インターンはこんな目的を持った方々におすすめです!

  • 将来的に海外で就職するための足がかりにしたい
  • 報酬を得ることで緊張感を持って、海外で働きたい
  • 海外での経験を生かし、キャリアアップをはかりたい
  • 自分の経験、スキルをフルに活かして海外で実力を試したい
  • 留学ではない、緊張感を持った海外生活を送ってみたい

 

日本の紹介予定派遣制度
アメリカで就職をして、世界をまたに活躍したいっ!という人は絶対に知っておいてください。

それは日本の「紹介予定派遣制度」です。

紹介予定派遣とは、正社員として働くことを前提に企業で派遣社員や正社員の待遇に近い形で働く制度です。 海外インターンシップも、働きぶりによっては紹介予定派遣と同じような流れで現地企業に就職することが可能となります。企業にとっては、全く知らない人を雇うよりも気心が知れていて、能力のあるあなたを採用した方が、安心ですし、労務管理の手間も省けます。

同じ企業に勤めるのなら、正社員として就労ビザの手続きもスムーズに行くでしょう。 インターンシップの期間は最大18ヶ月ですが、就労ビザに変更すれば数年滞在することはもちろん、永住権を獲得できるチャンスもあります。

将来的にアメリカなどで就職をしたい、「移民も検討している」という方にはオススメです。

このような制度をしっかりと把握してくれるのはもちろん、インターンシップから正社員への登用となる際、橋渡しをしてくれるエージェントを探すことも肝心です。
!チェック!
就労ビザ作成の際の保証等は、あなたをインターンとして受け入れた企業が判断します。

こんな方は、このプランにオススメです!

  • 海外で正社員として働きたい
  • 専門知識があり、国内外問わず頑張れる

インターンシップ

-海外インターンシップ