外国人女性と英語

学んだ外国語をいつまでも覚えているタイプ

2016/07/05

私は、学生時代中国語を学び、中国にも語学留学、仕事で駐在もしたこともあります。

しかし、才能なんて一欠片もありませんし、語学力も特別高くありません。仕事で中国語を使っていますが、専門用語と仕事の内容さえ覚えてしまえば、高度な言い回しやよく言われる「ネイティブらしさ」なんて必要ありません。

仕事を処理できて、言葉として使えていれば良い程度です。

 

さて、

英語やロシア語も独学で頑張っていた時期がありましたが、特にロシア語は学生時代の第二外国語でも学びましたし、暇さえあればロシア語の教科書を読んだり聞いたりしていました。

以前も書きましたが、ロシア語エクスプレスは使える教材です!

 

しかし、ロシア語検定試験に合格したり、ロシア語を使ってパツキンのロシア娘をナンパ出来るほど上手くはありませんでした。

この時は、彼女(現妻)の家族や彼女ともロシア語を話したい、ロシアの歴史にも興味があってモチベーションが以上に高かったです。 ほぼ独学でしたが2年位はまっていましたね。 キリル文字の発音、文字、文法、会話など。

貪欲に学んでいたので、実は今でもかなり覚えています。

現在は、妻との共通語はほとんど日本語になっていますし、ロシア語を使わなければならない危機感は全くゼロですが、私が時々ロシア語でつぶやいたり、ロシア語の絵本を娘に読み上げたりすると、かなり驚かれます。

意外と覚えているんですよね^^;

私は特別記憶力が言い訳でもなく、語学の才能があるわけではありません。

当時、ロシア語にハマり、時間があったらロシア語を勉強していたという熱意があったために今でも覚えているのでしょう。

これは私だけではなく、中国留学中に知り合った日本人の友人たちも、韓国人やその他の外国人と付き合っていた人たちもほぼ同様です。
韓国人の彼女がいた日本人留学生は、中国語と並行して韓国語も学んでいて、今でも読み書き、簡単な会話が出来ます。
ロシア人男性と付き合っていた日本人女性も、ロシア語をかなり覚えています。

 

200412082-001

画像著作者:USDAgov

先日、留学時代の友人たちと集まったのですが、みんな外国語を覚えていたのでびっくりしました^^;
やはり、好きな人のために覚えた外国語や、相当熱を入れて勉強した外国語というのはそうそう忘れるものではないのかもしれませんね。

もちろん、年齢的な若さも要因の一つかと思いますが、それ以上に熱意だと思います。

 

大学や学校で外国語を専攻しているのであれば、独学よりも効率的に、習得スピードも早いでしょう。学んでいる期間は独学者よりも語学レベルが格段に上です。

しかし、外国語専攻者だからといって、いつまでも学んだことを覚えているとは限りません。 外国語を覚えていて損をしたなんてことは滅多にありませんし、得する事のほうが多いでしょう。

「昔学んだロシア語をいつまでも覚えている自分ってすげえ!」

と、思ったので独り言のような記事になってしまいましたが、高校、大学に通っている若いうちに、独学で必死に外国語を勉強すると意外と自分の血肉になるんだなと思いました。

外国語の学習は覚えることばかりで面倒ですが、ちょっとでも使えて、それが外国人に通じた時は万感の喜びとなります。

生徒さん、学生さんで「こんな国に興味がある」というのであれば、思い切ってその国の言葉を独学でもいいからかじり始めると良いでしょう。

市販の教科書やNHK講座から初めて見るのも良し。

ちょこちょこと教科書を買うとトータルで費用がかかってしまうので、体系的に学べる教材を買って、それを勉強し倒す、一つの教材をしゃぶり尽くすぐらい勉強すればきっと上達すると思います。

興味を持ったら、語学学習に取り組んでみる!

語学を通じていろいろなことが見えますからね!

これも青春だと思います。

 

※このサイトの読者様たちは高校、大学で英語をほとんど物にしている人がずいぶんいらっしゃいますので、釈迦に説法のような記事になってしまいました^^;

-外国人女性と英語