親戚来日日記

義姉VS妻&義母の口喧嘩対決ダイジェスト

2016/07/03

 

産婦人科医としては優秀な義姉。

天才的な腕を持ちながら組織に属さず、病院を渡り歩くさすらいの女外科医。
群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器…そんなクールでタフなスーパードクター

http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/

北欧の大門未知子と呼ばれた(冗)腕前です。
義姉はさすらっていませんがw,固定の病院で働いています^^;

こんなに痩せていないし、体重は大門未知子の倍以上ありますぞ!
さて、

ワガママな義姉が相変わらず我が家でふんぞり返っているため、妻が愚痴をこぼしっぱなしです^^;

 

Fight.1
赤ちゃん用トランシーバーをめぐって

我が家では、生後間もない息子のために、2階の寝室に赤ちゃん用トランシーバー(音声モニター)を置き、1階で家事をしている時にも子供の鳴き声が聞こえるようにセットしてあります。

現在、義姉家族が娘の部屋を使用しています(娘の部屋は、義兄の瘴気(ワキガ臭)に侵されとんでもない状態です)。

yupapaapap

義姉は「ママ(義母)があんたの息子をあやしている事が多いから、そのトランシーバを私の部屋に設置してよ。息子が泣いた時に便利だから」とのこと。

妻は、うちの息子の方が小さいから必要だと言っていましたが、義姉はエキサイトし始め、一歩も譲る気がありません。
義姉からけしかけてきたので、譲るというのもおかしな話ですが^^;

私がこれに介入。

「ビクトル君(甥っ子)はトランシーバーなんぞ必要のないくらいの爆音だ。1階にいようが2階にいようがどこでも聞こえる。外にも漏れ聞こえてくるくらいなんだから、必要ないでしょ!それよりも、近所からのクレームに気を付けた方がいいよ」

と、伝えました。
義姉はこれで黙りました。

前にも書きましたが、予めご近所に手土産をもって挨拶してきてよかった^^;

 

 

 

Fight.2
シャワー

私は昨日、2日ぶりにシャワーに入れました。
仕事から帰った後、他の家族はまだシャワーに入っていないことが多く、シャワーの待ち時間が長いことです。娘は学校があるので、一番先にいれます。
義兄の体臭がきつすぎるので、シャワーに入ったところを見届けない限りは安心できません^^;。

妻も授乳があるので、早めに入ってもらいます。

その間、私が娘を寝かしつけているわけですが、一緒に眠ってしまうことが多いです。
いつもなら…というか、義姉夫婦が来る前は、娘は1人で眠れたのですが、最近は精神的に疲れているせいか、1人で寝るのを嫌がり始めました。
私は毎日、義兄に対して「早くシャワー入って!」と言い続けています。

義姉は、

「だいは、毎日私たちに『シャワーに入るよう』に言うくせに、自分は入っていないじゃないか」

と、妻に言い、なぜ私が夜シャワーに入れないのかを、妻から義姉に伝えたところ怒り始めたようです。

「そんなのはそっちの勝手でしょ!私達のせいじゃないない!」

まあ、あんたの旦那が爆臭だから・・・とは、妻も言えなかったようです。
未だに、「シャワー先に入って」と私は言い続けています。

幸い、私にはまだ加齢臭もなく、体臭は薄いので何とかなっていますが…、義姉は2日も入らないと汚いと言っていたようです。妻も大変だなあ…。

 

Fight.3
義姉のケチっぷり

日本の物価が高いので、費用を抑えようとする気持ちは十分わかるのですが、義姉のケチっぷりのお陰で周りが迷惑することがあるようです。

昼飯を外で食べず、午後3時に帰宅し、「あたしの飯がねえじゃねえか!」と、義母に当たり散らすこともありました。

先日、妻が彼女たちを連れてイオンモールのフードコートに行った時のこと。
麺特盛り無料キャンペーンをやっていた二郎系ラーメンを注文した義姉。
旦那はヒレカツ定食を注文し、ライスはあまり食べられないので、無料の大盛りを頼みませんでした。

これを見た義姉はプチギレ。

「あんたどうして大盛り頼まないのよ!もったいない!」

これに反対できる義兄ではありません。完全に言いなり。
「俺、こんなに食べられないもん…」くらいは言ったと思いますが^^;
当然のごとく、義姉は自分の大量のラーメン(大盛りではなく特盛り}を平らげました。

義兄はご飯を食べれずにギブアップ。

「だから言ったじゃない。食べられないのに無理して注文したらもったいないでしょ」

これに激怒した義姉。

「無料なら注文して当たり前!」

全体的に見て、喧嘩というか、義姉が勝手に切れているだけというパターンですね。
ちなみに、このライスの残りは義姉が平らげました。
口調が激しいのでいつも怒っているような義姉だと思っていましたが、実際に怒っていたんだなあ・・・と、再確認しました。

-親戚来日日記