海外留学での注意

留学は一番の思い出!若い頃に是非経験してほしいこと!

2015/08/14

留学熱は90年代後半2000年代前半の頃と比べると、明らかに下がってしまったと思いますが、景気の後退、各家庭の経済的な事情、ネットが発達したおかげであえて海外に出なくともいろいろ学べるし…という様々な理由があると思います。

しかし、もしあなたが高校生~大学生で留学に行く気があり、迷っているのであればぜひ留学に行って欲しいと思っています。留学時代に学べること、視野を広げるためには非常に良い経験だと以前の記事でも書きました。

自分の人生を振り返ってみて、今現在以外で一番楽しかった時期を考えると中国留学時代と駐在時代、それから中学2年生の頃です^^

著者: mjranum

著者: mjranum

不便なことや困ったこと、外国人との恋愛。

その国の良い面悪い面を見ることが出来たし、何より日本を客観的に見ることが出来たし、良い面を知ることが出来ました。外国人の友人、そこで知り合った日本人とは未だに連絡もとっていますし、かけがいのない財産です。
現在の仕事にも役に立っている中国語

私は大学時代中国語専攻でした。大学時代の同期で、大手企業や官公庁に就職した人もいましたが、みんな中国語を使う機会がなく「一体何のために中国語勉強してきたんだ…」とこぼしています。私は弱小企業とは言え、中国語を使う機会があるのでそこは感謝です^^;給与は彼らよりもだいぶ低いですがね…。

自分は中国留学でしたが、英語圏だったらもっと収穫が多かったかもしれません。
何より大言語ですから、交流できる人々の数が違います。ヨーロッパ、北米、アジア、アフリカ…人数で言えば中華系もかなり多いのですが^^;、国、地域の広さでは圧倒的に英語の方が広いです。

英語が理解できればネットで英語検索して海外ニュースも見れるし、洋画の最新作も見れるし、外国人の面白ブログも原文で読めて楽しそう。趣味の分野も英語で楽しめるし、情報量が圧倒的に違ってきますよね。あ~羨ましい!

 

留学を阻むモノとは?

私の場合、中国語専攻でしたので中国や台湾へ留学するのはごく当たり前のことだし、冷やかしや嫉妬による引き止めはほとんどありませんでした。ただ、他大学の外国語学部以外の学部の人が海外留学をしようとすると、

  • 現実逃避
  • 外国の大学で学んでも日本での就職に有利にならない
  • 留学して何するのか?
  • 外国語の習得?日本でも出来るでしょ?

と言った内容ですかね。
「自分は絶対に留学する!なぜなら~」と、反論できる人はいいですが、多くの人は反論出来ないと思います。私も当時はまともに反論できなかったです。親戚や高校時代の知人からは上記質問を受けました。

「どうせ中国語をやるなら徹底的に学んでみたいしね。やっぱり国を見ておくことは大事なこと」

と、言って適当にスルーしていました^^;

こんな事を言ってくる人って、自分にとってはそれほど大事な知人ではなかったり、特別親しい人でもないんですよね。他人の人生人いろいろと口出しはしてくれるけど、もし、私が何かで困ったり、人の助けが必要な時に助けてくれるかというと…そういう人達ではないと思います。
外野の言うことは気にせず留学しましょう。

 

外国に留学して得られるメリット

  1. 語学の習得
  2. 視野が広がる
  3. 外国の友人が増える
  4. 多くの情報を得られる
  5. 海外旅行へも物怖じせずに行ける
  6. 度胸がつく
  7. 精神的にタフになれる
  8. コミュニケーション能力のアップ
  9. 自分に自信が持てる
  10. 精神的に自立できる
  11. 外国の料理に慣れる
  12. 日本に詳しくなる
著作者:www.audio-luci-store.it

著作者:www.audio-luci-store.it

1.2.3.4.5.
英語ができれば海外旅行で困ることはほとんどないでしょう。
空港、ホテルで英語が一切使えない国の方が少ないですし、例え英語以外の語学を学んでいた人でも、外国生活に慣れている人とそうでない人が海外旅行に行くのとでは、受ける精神的なプレッシャーは全く違うでしょう。

6.7.8.
外国人と話す事自体がプレッシャーです。
外国人からはストレートに物を言われることもあるし、こちらも主義主張をはっきり伝えないとコミュニケーションに支障が出たり、トラブルにも巻き込まれかねません。日本人的な感覚で相手の意向を汲んでくれる人はほとんどいませんので、言うべきことをはっきり伝える度胸がつきます。

9.10.
日本では簡単、便利なことでも外国では自分でやらなければならないこと。やるにあたって非常に不便なことがたくさんあります。ホテルの予約、電車や飛行機のチケットの予約、大学内での手続き、現地役所での手続き、病院での手続きなどなど。外国人であるハンディキャップを感じることが多々あります。

これらを日常的にこなせるようになれば自立心が嫌でも育ちます。

11.
外国の料理に慣れるチャンスです。留学した国や地域の料理にも慣れれば、他の国の料理にも興味が湧いてきます。留学生仲間から料理を振る舞ってもらったり、逆に日本の料理を振る舞うこともあるでしょう。外国料理そのものに免疫がつくのって意外と大事なんですよね。ベトナム、インドネシアの人が作ってくれたコテコテの現地料理も美味しくいただけましたし、美味しくなくても、美味しいように振る舞う術も身につけました^^;

12.
日本の歴史や文化、習慣に詳しくなります。
留学に行く前はその国の言語学習に重きを置きがちですが、ぜひ日本のことも勉強して下さい。勉強不足で非常に恥ずかしい思いをしました。もっと日本のことを知っていれば、外国人からの質問にもスラスラ答えられたし、盛り上がっただろうな~。

そもそも多くの高校生、20前後の若者が将来やりたいことを確定させているわけではありません。自分もそうでしたし、直感に従って思い切って海外へ出て行くことも非常に大事だと体感しました。

 

さて、留学が就職に与える影響云々ですが、

  • 就職活動を優先して留学を我慢した結果、念願かなって就職。でも、自分に合わなくて2ヶ月で辞めた人
  • 就職活動を優先して留学を我慢した結果、自分の希望とは全く違う職種に就いて後悔している人
  • 就職活動に専念して第一希望に受かった人
  • 留学してあまり就職活動を一生懸命しなかったけど良い就職先に勤められた人。
  • 留学してから就職活動したけど良い所に就職できなかった人。

留学が直接的に就職に与える影響…って言ったらエントリーの申し込みとか、説明会の日程調整かな。諦めないといけないこともあるけれど、それを差し引いても留学をして人生を豊かにした方がいいと思います。海外での経験値は何事にも代えがたいですし、将来、力強く生きていくには、そこで培った精神力と人間的な強さ、コミュニケーション能力が必要になってきますから。

留学したらたくさん勉強して、たくさん遊ぶこと!(違法なことはNGですぞ!)
それと恋愛することっ!

これに尽きますな…。

外国人女性と知り合いたいのならネットで探してみよう!

外国人女性と英語


マッチ・ドットコム

外国人女性はネットでの出会いに対しては非常にオープン!




PR


-海外留学での注意