外国人女性・白人女性との付き合い方

外国人女性との馴れ初め ファーストコンタクトは別にディープインパクトではなかった

2015/09/25

現在私の義理の母親が遊びに来ています!
遊び半分子育て半分ってとこでしょうか。私は毎晩皿洗いをすることもなく、週末に朝昼晩と食事を作ること無く過ごしています。1歳の長男を見てくれるので、週末、家や車、庭を掃除する時妻と二人がかりですることができ、本当に助かっています。

もちろん週末は義理の母を連れてレジャー施設に繰り出しています。動物園、水族館、家族ぐるみで付き合っている友人宅、親戚訪問など…。あっという間に3週間が経ってしまいました。

動物が好きなので動物園や水族館に連れて行くと非常に喜んでくれました。昨年も義母と義姉家族がやってきましたが、義姉たちと違って心から喜んでくれるので連れて行き甲斐がありますね!ほんと、うちの妻が姉のような性格じゃなくて良かった…。まあ、姉みたいな性格だったら結婚どころか付き合うことも無いだろうし、そもそも出会うこともなかったでしょうけど^^;

 

さて、そんなことを考えていると感じるのが人の運命。ほんとに不思議な縁で出来ていますよね…。生い立ちも、文化も習慣も違う外国人女性と異国の地で知り合い結婚。良くもここまですったもんだしながら暮らしているなあ…と改めて実感。

著作者:Florencia Sofen Muir

著作者:Florencia Sofen Muir

中国留学中に妻と知り合う~ファーストコンタクト~

中国語を徹底的に学んでやろうと思い、中国へ留学。たしか2月の寒い時期でした。そこで将来の妻となる女性と知り合いました。成人式を終えてまだ間もないころ、一人で北京空港へ到着。中国語は日本国内で2年間学んでいたので、自分で言うのもなんですけど結構うまい方でした^^;必死になって勉強していたし、日常会話なら問題ないレベルで、留学先の中国語クラスでも高級(上級)クラスへと振り分けられました。

ここまで書くと「俺の中国語すごいんだZE!」って感じでしょうが…今もってレベルが「日常会話なら問題ないレベル」なんですよ!(嗤)

 

anzai

まあ、そういうことで中国についたばかりでもコミュニケーションは可能。中国人はじめ中国語を学習している先輩外国人留学生とも交流はさほど問題ありませんでした。

北京から汽車(当時は高速鉄道がなかった)に乗って10時間ほど。
しかも指定席ではなく無座(日本語的には自由席…だけど、当時の中国では全席指定だったのでいわゆる『立ち乗り』ですな)で地方都市に到着。

車両連結部で長時間過ごしたため、食べ物の匂い、農民の体臭と糞尿の匂いが体中にこびりついていました。

スーツケース1つとリュック一つ。今思うと1年留学するのにずいぶんな軽装だな…と思います。何はともあれ無事留学生宿舎に到着。潰しの効く、汚れたら捨てても構わない汚いコートを着て行きました。現在の中国の「地球の歩き方」「留学ガイドブック」にどう書いてあるかわかりませんでしたが、当時の書籍では「中国へ行くときは着古した服。使い捨てても構わない衣類を持って行った方が無難」と必ず書いてありました。

寮に到着して受付で手続きをしていると、

「あなた留学生?」

と、白人女性に話しかけられました。

「日本から来た留学生だよ」

「そう…中国人かと思ったわ。国費留学生?それとも私費留学生なの?」

「私費だけど?」

「ふ~ん。私は国費留学生よ」

と、言って去って行きました。これがファーストコンタクトです^^;

宿舎が暗くてあまり顔がよく見えなかったので、美人だったのかどうかはわかりませんでした。ただ、ツンとした態度だったし国費留学生ってきっとめちゃくちゃ頭が良いから、もしかして見下しているのかもな…なんて思っていました。その日は寮に到着したばかりでかなり緊張していましたので、彼女のことはほとんど印象に残りませんでした。

留学は一番の思い出!若い頃に是非経験してほしいこと!

 

72f438e5decf4a6857209a61e78820fd_s

毎日話しかけて距離を縮めまくる!

翌日は週末だったので、日本人留学生の先輩たちに挨拶をして歓迎の食事会、買い物はどこでするなど基本的なことを教えてもらいました。

月曜日に通学。通学と言っても徒歩5分とかからず、今まで電車通学していたのと比べるとかなり楽ちんです。

先ほど書いたとおり上級クラスへと編入されました。
クラスメイトはほとんどが韓国人でした。欧米人はゼロ。他のクラスは欧米人が結構いたんですけどね。

休み時間に廊下へ出ると先日声をかけてきた白人女性がいたので、今度はこちらから声をかけました。

「君はどこのクラスで勉強しているの?国はどこ?」

「中級の第3班。出身は○●(北欧の小国)」

中国には何時から留学に来ているとか、中国語うまいねえ~とかそんな話をしていました。中国語をベタ褒めした時、彼女が初めて笑ったのでその笑顔を見た時…。

 

『笑うとめちゃくちゃ可愛いじゃないのっ!』

 

その後は毎日休み時間に廊下であって話をしていたし、その次の週には彼女と一緒に昼食を食べたりしていました。昼食と言ってもキッタナイ安屋台の食事ですけど。当時1食100円しなかった…。

当時は留学生は必ず留学生宿舎に住まなければならなかったので、部屋を出れば必ず誰かと鉢合わせしました。廊下で話したり、時々彼女の部屋行ったり、彼女が私の部屋に来たり。とは言え、二人っきりになることは全く出来ませんでした。私にも彼女にもルームメイトがいましたし、学校、宿舎、街なか…なかなか二人っきりになれませんでしたね^^;
そんな日々が1月続き…気づいたら彼女に首ったけになっていました。

この間、「英語教えて!」とか「一緒に宿題やろうっ!」とか…無理矢理口実を作っては彼女と一緒にいました。彼女は当時英会話教師のアルバイトもやっていたのでずいぶん忙しかったので、迷惑だったかもしれません^^

著作者:iulia.pironea

著作者:iulia.pironea

好きだっ!だけど告白の仕方に悩んだ…

毎日彼女のことを考えていたし、これほど人を好きになったのは初めてでした。明るい性格、冗談も面白い、前向き、優しさ、少し怒りぅぽいところ、ややプライドが高いところ、高いコミュニケーションスキル…。あばたもえくぼ的な部分もありましたが、とにかく惚れました。

「どうやって告白したものか…」

私なりに考えましたが、考えても仕方なの無いこと。
断られにくいシチュエーション、ロマンチックな雰囲気などいろいろな場面を想定しましたが、はっきり言ってお互いに好き合っていれば雰囲気が悪かろうと、タイミングが外れていても気持ちを伝えれば関係ないんですよね。好きなら成功。好きでないのなら失敗。

最初は酒の力でも借りようかと思いましたよ。正直。
でも、自分自身酒をうまいとも思わないし、酒でグダグダになってから告白しても面白くもなんともない。

結局は言うか言わないかの問題。
彼女も2ヶ月半後には帰国してしまうし…。

週末一緒に食事をして、私の部屋で談笑していました。
ルームメイトは韓国人の友達と飲み歩くと言っていたので当分帰ってきません。いろいろ話しながら時間だけが過ぎ…。

「このままでは何も出来ずに終ってしまう…」

と、気づいたら自分から彼女にキスをしていました。そこから一気に…とは行きませんでしたが^^;お付き合いすることに成功。

「君と恋愛したいんだ」というようなセリフをキスの後に伝えましたが、

「なんでそんなこといちいち言うの?wわざわざ断らなくなって、今のでもう付き合っているじゃない」
あちらでは言った言わないよりも、行動しないのか~!と、カルチャーショックを受けました。

 

著作者:Yan R.

著作者:Yan R.

別れは辛いよ!だけど、ここからが国際恋愛の勝負どころ!

帰国までの時間はあっという間でした。

小旅行もしたり、大学の課外活動に参加したり。それと、彼女は結構モテていたので、他の留学生男子からやっかみを言われたりしましたね。 彼女が帰国する時は北京空港まで送って行きましたよ。 北京をまだじっくり見たことがなかったので、帰国日まで数時間北京市周辺の観光スポットを散策しました。

別れはつらかった。本当に辛かったです。

今度何時会えるのかもわからないし、帰国した途端彼女が心変わりするかもしれない。他に男が出来るかも…などなど心配しどうにかなるような問題でも無いのに、悩んじゃうんですよね。でも、この不安定感がカップルの恋心を燃え立たせる燃料にもなっています。

短い期間でしたが毎日過ごしていたので、一日一日が濃密でした。週末にしか会えないカップルは土日のみしか会えないのと比べると、毎日一緒にいるってのは週末カップルよりもずいぶんと濃い日々を送っていたなあ・・・と。それと、異国、我々にとっての第3国、限られた時間ってのもかなりのスパイスになっていたと思います。

特殊な環境なので「日本で外国人の彼女と付き合う」パターンの参考にはなりにくいかもしれません。でも、特殊な環境で知り合うことが多いのが外国人パートナーです^^;

外国人の彼氏・彼女とラブラブ過ごすのは…お互いに好き合っていれば誰でも出来ることだし、日本人、外国人関係なく男女間では当然のこと。一緒にいる時を楽しむのは誰にでもできます。

問題は離れてからなんですよね。

異国の地で出会った始まった国際恋愛は必ずと言っていいほど別れの期間があります。これを乗り越えるのが肝です。

留学中の外国人パートナーとの恋は短期間のアヴァンチュールで終ってしまうこともあるようですが、こんなのは本人たちの気持ちと行動次第で変わります。どれだけ好きか、どれだけ気持ちを切らせないで繋げられるか、どれだけ行動できるかにかかっています。

留学中に起こった些細なこと、彼女との思い出については今度また書くかもしれません。今書くとめちゃくちゃ長くなりすぎて収集がつかなくなりそうなので。

外国人女性とネットで出会おう

海外で活躍するための選択肢

外国人女性とのコミュニケーション力アップを狙うならスーパーエルマーでっ!

 


マッチ・ドットコム

-外国人女性・白人女性との付き合い方