外国人女性・白人女性との付き合い方

外国人女性と上手く付き合いたかったら…重い男になれっ!

2015/10/07

 

1ヶ月間日本に滞在していた義母が帰国しました。
帰国する際は私達家族と私の両親も見送りに行きました。

義母が帰国する1週間前から、妻はすっかり落ち込んでしまい帰国後は本当に辛そうでした。義母がいなくなると寂しいもので、家の中が急にガランとした感じです。義母がいることで妻もかなり機嫌が良かったし、色々話せていたのでストレス解消にもなったはずです。

義母は温泉が大好きなので温泉(健康ランド)に連れて行きました。その他、動物園、水族館、ディズニーランドなど…母親のために精一杯旅行を計画していた妻は本当に親孝行で感動しました。日本で過ごした日々は本当に楽しかったと大満足でしたので、私達も嬉しかったです。

 

 

さて、重い男です。

私が外国人女性と恋愛し始めたのは10年以上前からで、そのころは「重い」という言葉は重量を量る際に使うくらいで、「あの女性は重い」「女友達からの手作りプレゼントが重い」などと気持ちの面で重いを使うことはあまりなかった気がします。

最近では「重い女」などと言う単語ができて、彼氏に尽くしすぎたり本気で惚れているところをアピールすると、彼氏が引くって時に使うようです。本気で惚れているならその程度のアピールしてしかるべきだし、男性にしてもその程度でいちいち引いてどーすんだっ。惚れてんだから、ちょっと押しが強いくらいで心揺らいでどーする。学生ならともかく、社会人になって彼女の熱いアピールに怯むなと。いつでも結婚できる、責任を取れる前向きな気持がなきゃあ…。

男性にとって重い女はどうのこうの…と言われますが、重い男ってどうなんでしょうね?

 

gf01a201501220000

 

外国人女性とお付き合いしているのなら重い男が有利?

重い男というのはやたらと結婚を迫ったり、ストーカー行為をして愛を表現し続けるものではありません。

  1. 自分の気持をはっきり伝える
  2. 全力で彼女を喜ばす
  3. 彼女との時間を出来るだけ多く作る
  4. 頻繁に連絡をとる
  5. 将来のことについて建設的な計画を話す

などです。

個人差や国民性もありますが、日本人女性と比べて外国人女性の方が、自分のパートナーが積極的に接してくれる事を望みますし、恋人たる者常日頃一緒に居て当然。一日中話まくって当然という考えの人が多いです。

リアクションは大きく!褒め言葉は多少粗野でも大げさに!

だから、男性が女性に尽くすのは当然ですし、こちらからバンバンデートの約束をして予定を埋めていくのは当然なのです。食事も男性が奢ることが多いでしょう。常識のあるパートナーであれば「今回は私が出すわよ」とか、男性に奢られるのをあまり好まない女性であれば「割り勘にしましょう」と言うでしょう。

 

では外国人女性は重いのか?

日本人女性の手つくりマフラー、手つくりおやつ如きで「重い」などと感じているような人でしたら、外国人女性との恋愛はとても重く感じるかもしれません。

  1. 愛の言葉を囁いて欲しい
  2. 気持ちをはっきり伝えて欲しい
  3. もっと一緒にいたい
  4. 浮気していないか

言葉や態度でパートナーに迫ってきます。白人女性は恋人になると一気にデレッとなるし、そのギャップが可愛くて彼女たちを「重い」と感じることは殆ど無いかもしれません。たとえデレデレ具合が日本人女性と同じくらいでも、普段のツン振りが際立っているので余計に可愛く見えてしまう…。

重いと思うかどうかってのは…その行為そのものよりも、見返りを求めるかどうかだと思うのです。

外国人と一括りで書いてしまいましたが、中国人女性は日本人女性よりも欧米人女性に近いですね。思いきりパートナーへベッタリします。 それはそれで良いのですが、見返りを求めることが多いです。

中国人女性と付き合っていた知人たちもプレゼントを贈っていたし、「彼女から『私の気持ち』と言われてプレゼント(キーホルダーみたいなもの)もらっちゃってさ~」とデレデレしていましたが、

「つまらないプレゼントを贈っておいて、高いプレゼントをもらう」

彼女たちの常套手段。いわゆる種まきっ!

行為の背後にある見返りを求める心理。
見返りの有無が「重さ」だと思います。

 

505046e6d663ee5994ba73f016e048dc_s

自分のことであれですが…私は見返りを求めないタイプです。
外国人女性と恋愛中もひたすら手紙を書きましたが、返信が来れば嬉しいですが、もっと嬉しいのは彼女が私の手紙を受け取った時の笑顔、今自分の近況が彼女に伝わり安堵した表情。手紙は出した瞬間に完結している。これでオッケー。オールオッケーだっ!

また、恋愛以外でも、友人、外国人の友人に仕事を紹介したことも何度かありました。その仕事が彼らにとって大きな転機になり、私は彼らの喜ぶ顔が見れただけで嬉しいですし、見返りも求めたり恩着せがましく言ったこともありません。

意識的にそうしているというのではなく、小さい頃非常に恩着せがましく見返りを求める親戚がいたのでそれが反面教師になったのかもしれません。

だから、欧米人女性とお付き合いしている日本人男子も気持ちをストレートに伝えたり、プレゼントをしたり、デートしたり…。単純に君のことが大好きで、好きでたまらないから自分は君と一緒にいるんだよという気持ちが伝わればOKです。

「あの時俺がこうしたんだから」
「あの時だって俺が金が払ったじゃないか」
「今度は君から誘って欲しい」

などと相手からの見返り(好きになって欲しい)を求め過ぎてしまうと、そんな気持ちは意外と簡単に伝わってしまいます。これは相手にとってプレッシャーになりますよね。
外国人男性も見返りは当然求めています。自分を好きになって欲しいと。

しかし、気持ちをストレートに伝えたり、彼女と二人になるチャンスを必死になって作る姿、偶然を装って彼女と鉢合わせしたり…。好きだという気持ちが全面に出まくっているので、「見返りだけを求めていない。この人は本当に私のことを好きなのね」と思わせるのが美味いんです。

見返りを求めず行動した方が、結果的に見返りが得られることになります。

外国人女性と知り合いたいのならネットで探してみよう!

外国人女性と英語

-外国人女性・白人女性との付き合い方