外国人女性・白人女性との付き合い方

妻やパートナーにムラっとしたらすぐ触れ!国際恋愛のスキンシップは尚大事

2013/08/30

 

「白人女性とセックスするってどんな感じ?」

友人からも聞かれましたし、ネットでも白人女性とのセックスはどうかなんて書かれていますね。

一言で言えば、気持ちいいということなんですが、長年付き合っていると出会った頃と比べて、彼女を見た瞬間にムラムラしたりすることはどうしても少なくなってきます。

それが普通のカップルだと思います。

私の場合、妻と知り合って15年程経ちましたが、セックスの回数はわりと多い方です。2,3日に一回くらいでしょうか・・・少なくとも3日に一度はしています。

裸を見ても興奮するし、水着を見ても興奮する。 それと、スキンシップをしっかりとっているからでしょうな。

家にいる時にさり気なく太ももを触ったり、尻を揉みしだいたり、キスをしたり。白人女性がスキンシップで一番喜ぶのはキスですが、手の甲にキスをされると喜ぶ人が多いですね。

それからハグ。

朝の寝起き、寝る前、食事前、出勤前、とにかくハグとキス。

欧米の熟年カップルでもセックスを週に2回程していますし、こういったスキンシップを日々することで、自然にセックスの流れに持っていける。この人とセックスをすることが日常であるとすり込まれているのではないでしょうか。

一方、日本人夫婦はセックスレスだと言われていますが、それは別に日本人がセックス嫌いだとか、性欲がないというわけではないでしょう。

日々、キスをしたり尻を揉みしだいたり、「綺麗だ」とか褒めてあげる。

セックスに入る前の準備体操と言ってもいいかもしれません。

本能に任せて触りまくることも大切ですが、慣れてくると本能だけに任せておけないので、積極的に触りまくりましょう!!!

「 セックスしよう」とストレートに迫ることもありますが、体を触りながら「今日もしたい」とこっそり告げたり、いろいろあります。

拒絶されてもなんとも思いませんが、こういうタイミングで、ああいう言い方をすると・・・この体調ではちょっとなど、妻と長年暮らしていればこの辺りの呼吸がわかってくるので、拒絶されることもなくなってくる。

日本人女性は出産した後セックスの回数も減り、夫もそんな母となった妻とセックスする気もなくなってくる…カップルが多いようですが、そんなことを嘆く前に、キスをして抱きしめて、性感帯を触りまくる。

日常生活にそれを取り入れる!

これによって少子化もある程度防げるのではと思います。

面倒くさい、しなくてもいいやと思うのはちょっと悲しいですよね。一生の伴侶と誓ったのだから、楽しく過ごさにゃ損^^;!

スキンシップをしてその気になってセックスすれば自然と愛も深まる。 愛が深まれば、負の隠し事や夫婦間の変な「我慢(不満があるのに言わないで体裁だけ保っているような)」も溶けていくのではないでしょうか。

白人女性と知り合いになれるかも!無料登録!

国際恋愛・結婚 ブログランキングへ

にほんブログ村

-外国人女性・白人女性との付き合い方