白人女性に声をかける方法

外国人女性と出会う パーティーに参加する場合、絶対に知り合いと合流せよ!

外国人の奥さんや彼女ができると、一気に外国の友達が増えます。
恋人まで行かなくても親しい友だちが一人でも増えると、彼・彼女伝いで外国人の友人が増えてきます。これまで外国人と知り合う機会なんてなかったのに、あっという間に和が広がってきます。

 

パーティーには一人よりも二人で。知り合いが参加している事を確認する

私は、見知らぬ人ばかりの集まりに参加するのは苦手です。こちらから声をかけるにも、何をネタにしたら良いのか、きっかけが掴めず右往左往するタイプです。仕事の立食会などでも、知り合いがいないと和が広げられないタイプです。

たまたまテーブルが一緒になった人に話しかけてもぎこちなくなってしまい、業界ばなしの薄っぺらい話しかできません。同業者同士だと特に。

プライベートの集まりならまだましですが、見知らぬ人ばかりの集まりだと固まってしまう時間が長くなってしまいます。

そこでオススメなのが会場についたら、すぐに知人と一緒に行動すること。
一緒に参加することで、知り合いの知り合いを紹介してもらい、そこから和を広げていきます。一人より二人、二人より三人。パーティーに参加したんだから、知り合いと一緒に居ないで、どんどん他の人と話していくべき!と、考えていましたが、私にとっては非効率でした。

大学などの集まりでしたら、お互い知らない者同士でも同じ大学という仲間意識があります。自治体の国際交流の集まりに参加した時は、知らない人ばかりでした。それでも、妻を連れて一緒に参加することで、一人二人と知り合いができ、隣の市の集まりに参加しても、誰かしら知り合いがいるので、その人づてで新たな出会いがありました。

hutari

シングルの学生、社会人がパーティーに参加する時

自治体や大学で外国人に限らず、パーティーや何かの集まりがある場合、一人ではなく誰かと一緒に参加します。二人以上の方が気持ちが大きくなりますし、たとえ一人で話しかけるにしても、会場内に知り合いがいる心強さがあります。

また、知り合いの知り合いがパーティーに参加していることもあります。必ず紹介してもらいましょう。男女関係ありません。私も知り合いに助けられたことが何度もあります。

思えば、この現象に気づいたのは高校の時ですな…。
私は隣の隣の街にある高校へ進学しました。中学からの友人が一人もおらず、ポツンとしておりました。周囲を見渡してみると、中学からの友人と一緒につるんでいたり、休み時間になると中学時代の友人と一緒に話しているのを見かけて、「いいなあ~…」なんて思っていました。中高生の頃は特に群れる傾向にあるので、人数が多く集まっているグループに人が集まります。

例えば、中学時代からの友人3人組が楽しそうに話していると、周囲の人間が引き寄せられるように彼らを中心に当面のトップ集団が生まれます。そのうち、生意気すぎる奴とか、高校デビュー野郎、威張っている割には運動神経が悪くて最終的にみんなから侮られたりする奴とか…色々変化はしていくのですが。

パーティーや知らない人の集まりに参加する場合、知り合いが会場にいるのは大きなアドバンテージです。

前の記事にも書きましたが、妻が来日したばかりで外国人の友だちが居ないのは寂しいから、国際交流系、特に日本語教室を探しました。幸いすぐに見つかり、お菓子などを持ち寄っての不定期の集まりがあったので、それに参加してきました。妻は私なんかより社交的でしたが、この時ばかりは私が率先していろんな人に話しかけまくった覚えがあります^^;

数人と知り合いになれば後は自動的に和が広がっていく!

日本語の先生に対しても「妻をよろしくお願い致します!」なんて、頭を下げていたような覚えが^^;

欧米系だろうとアジア系だろうと、片っ端からでした。

「こんにちは!来週から妻が参加させていただきます!よろしくお願いします。妻はまだ日本に来て間もなくて…」

と、最初は頑張りました。
でも、その後は妻の集まりに私がくっついていくというパターンばかりですねw今でもロシア系の集まりなどにちょくちょく参加させてもらっています。子供二人を連れて参加してくれれば良いのですが、この手の集まりは夫も強制参加です!欧州系の集まりは基本的に旦那子供全員参加が基本です。週末、珍しく集まりがあったので、「これで妻と子供が出払って、私だけ家でまったり過ごせるぞ」なんて期待したが駄目でした。強制連行。

週末一人でまったりは夢のまた夢ですなあ。

とにかく、パーティーなどは知り合いと一緒に行くか、パーティー会場に知り合いが参加していないかを確認し、速攻で合流しましょう。これが出会いを広げるコツです。

-白人女性に声をかける方法