国際恋愛・結婚の問題点

国際結婚と日本人同士の結婚、どっちが大変?

 

最近は聞かれてもそれ程意識しなくなりましたが、結婚した当初同じことばかり聞かれてまたかよ…と思ったことがよくありました。

「外国人と結婚して大変ですね」
「日本人と結婚するよりも外国人の方が何かと大変でしょう?」
「外国人と日本人(結婚するのは)、どっちが大変?」

結論から言いますと…

 

日本人同士の方が楽です!

日本人同士結婚する方がうまくいく場合が多いのは当然ですよね。

私は日本人女性と結婚したことがないので、どっちが楽かはわかりません。ただ、言語面、価値観、生活風習、宗教問題(新興宗教団体を除く)において、外国人パートナーと較べて問題が起こりにくいことは確かです。以心伝心もあり、パートナーが元気なさそうにしていたら、悩みを抱えていそうでしたら「どうしたの?」などと声をかけますし、相手の事を慮って質問したりします。

ところが、欧米系パートナーだとこういった心遣いはほとんどありません。特に付き合い始めた頃はないですね。長く付き合っていけば徐々にわかってきますけど。
国際結婚、国際恋愛での壁は過去記事で散々書いてきました。

  • 宗教、文化、習慣の違い
  • 言語の違い
  • 両親の反対等
  • ビザ等
  • どこで暮らすのか
    などなど。

じゃあどうして国際恋愛などしてしまうのか?

「成り行きだったから…」

私も元々は外国人女性を狙ったわけでもなく、たまたま白人女性を好きになってしまいました。それ以来「欧米人女性って面白いな~」と、積極的に話しかけるようになりました。

で、結婚してしまったと…。

確かに日本人同士と比べると苦労が多いかもしれません。私たちは日本で暮らしていますから、私が妻をフォローする場面が多くなります。娘の学校行事の打ち合わせ、病院の付き添い、細々した書類…。雑用的なものは妻が日本の生活に慣れ、日本語が上達してくれば、自分でやれるようになります。慣れない日本でよく頑張っているよなあ~…と感心しきりです。もし、自分が彼女の母国で暮らしていたら…ここまで順応して頑張れないと思います。

彼女は、今ではほとんど自分で処理できるようになっています。

結婚してから数年後が勝負?結婚は闘いよ…

結婚して新生活をスタートしたばかりのダッシュの部分は大変だと思います。日本に慣れてない、日本語ができない状況であれば尚更です。

ラブラブの状況だったら勢いが半端ないので乗り越えられると思います。
熟年カップルが新天地でのスタートを切る場合は割りと苦労するかもしれません。
愛のパワーでがむしゃらに頑張るのは限界があるので、冷静に着々と生活基盤を築いて行くこと。その国の言語を身につけていく必要性を認め努力していく。結婚した当初のような熱さは無くても、これまで二人でいろいろな事を乗り越えてきた経験とパワー、チームワークがあるはずですから、これは大きな強みです。

仮に日本人男性、スペイン人女性が付き合い始めた頃、英語が二人の共通語であったとします。共通語は共通語として、2人は絶対と言っていいほどお互いの母語を勉強し合うはずです。バリバリに勉強はしなくても、興味本位で勉強したり基本的なことはマスターしようとするはずです。

この状態で、日本もしくはスペインに住む!となった場合…パートナーの言語学習スピードは極めて早いし、早くその国に慣れようとするエネルギーは極めて高いものでしょう。

熱が冷めてきた時が本当の勝負なのかもしれません。

-国際恋愛・結婚の問題点