国際恋愛・結婚の問題点 外国人女性と英語

小さい頃からインターナショナルスクールで学ばせるのはどーなの?

芸能人が自分の子供をインターナショナルスクールに通わせているのを耳にしたことがあります。他にも経済的に余裕のある家庭の子弟、両親が海外赴任を控えており、子どもたちにどうしても英語を覚えてもらいたい。など通わせる理由は様々です。

子供をインターナショナルスクールに通わせるなんて、全体から見たら少数派です。

しかし、

  • 経済的に余裕があるから。
  • 子供をグローバルな人材に育てたいから。
  • 英語を話せるようになりたいから。

過去にこんな記事(バイリンガルに育てるためには親も努力しなければならない)を書いていました。確かにバイリンガルになるためには子供の頃から外国語学習をした方が有利です。ただ、小さい頃からなんとなくふんわりとした理由だけでインターナショナルスクールに通わせるのはいかがなものかと感じております。

両親が日本生まれ日本育ちの日本人なのに子供をインターナショナルスクールに入校させる

  • 片親が英語を母語としている。
  • 将来的に外国人配偶者である母国で暮らす予定。

ならば、百歩譲って良いと思うのですが、両親が日本育ちの日本生まれの日本人なのに、子供をインターナショナルスクールに通わせるのはどうなのでしょう。家で日本語、学校では全て英語。1日24時間のうち、学校で友人や教師と話す時間の方が長いわけですから、主な思考方法が英語になってしまいます。授業内容はよくわかりませんが、おそらく日本の公立学校が行う授業を英語で行っているのではなく、英語を母語とする国々の価値観によって授業が行われているはずです。

そうなりますと、一般的な日本人の思考方法と違いが出てきますし、価値観が大きく異なります。価値観や思考方法は人それぞれと言いたいのですが、家族単位で見るとこれほど大きな問題はありません。小学校4年生くらいまではいいでしょう。早い子ですと、5年生あたりから反抗的になってきますし、女の子ですと異性を気にしだす年頃です。家族は子供の変化を日々感じさせられます。

日本語と英語は文法構造が全く違いますし、目的語の順番が逆になります。子供の場合、日本語一つだけで生きている人達と比べ、ときには日本語、ときには英語で思考する子どもたちはどうしても思考力が低くなってしまいます。そのため、家族ですら自分の子供達の考えていることがわからないこともあります。子供をインターナショナルスクールに通わせている親はまともに英語を話せないはずです。子どもたちが英語で悩みを打ち明けたら、両親は聞き取れるのか。微妙なニュアンスが聞き取れるのか。両親に悩みを打ち明けても、わかってもらえない。

「グローバルな時代だから英語くらい話せなくちゃ」
「英語は幼児期の頃から刷り込むべし。インターナショナルスクールに通わせるべし」

インターナショナルスクールに入校させられ、その挙句、日本語で両親にまともに相談事一つできない。家族という最小単位の共同体で孤立させられて、健全に生きていくことはできません。家庭で孤立してしまった子どもたちが、真っ当な人生を送る事ができるのか?思春期になって家族の中で孤立する、親の顔を見たくない子供は、普通の日本人家庭でも起こりうることですが、彼らの場合日本語というごく当たり前の共通言語があり、話そうと思えば話せるのです。しかし、彼らの場合は家庭の中で言葉が、意思が通じないのです。

「うちの子も思春期でね~」

なんて一言で片付けて良いことではありません。

日本人の外国語学習と外国人の外国語学習の違い

日本人男性と中国人女性のカップル

私の知人でも子供をインターナショナルスクールに通わせている人が二人います。

彼らは中国、日本と駐在しており、今後もその他の国に駐在する可能性もあります。

中国人女性は母語である中国語と日本語がほんの少し話せます。二人は中国で知り合いました。息子は中国語と英語が話せるようです。家庭では、父と話す時は英語。母と話す時は中国語です。両親の共通言語は中国語です。が、彼の中国語力はお世辞にも高いと言えません。私もうまくはありませんが、正直私の半分程度の中国語力です。

子供は日本語が全くできないので、インターナショナルスクールに通わせています。

駐在する可能性があるというだけで、自分の子供に英語を覚えるようにさせるのはいかがなものかと不思議に思いました。まずは何より両親の母語である日本語と中国語を習得させるようにすべきだと思います。

「日本語を子供に教えるつもりはないの?」

と、聞いたら「覚えてもらわなくても良い」即答していました。

まあ、彼は日本社会が嫌いで逃げるように海外で働いていました。絶対に日本で働きたくない、日本社会が嫌だと言っています。でも、彼のリスペクトできる点は、日本の愚痴を言うだけでなく、そのための努力を一切惜しまずに向上心があることです。言語を磨くための努力、資格を取るためには労力を惜しみません。

彼らも良かれと思って子供をインターナショナルスクールに入校させています。グローバルな人材、将来英語力で苦労させないようにという親心でしょう。でも、それと引き換えに失うものもあるということを知っておかなければならないでしょう。

かたや我が家は?

娘は母親と話す時はロシア語と日本語です。私と話す時は日本語。三人で話をする時は日本語です。長男はまだ話し始めたばかりですが日本語です。

娘は普通の日本の公立学校に通っていますので、考え方も日本人的であり、日本語で物事を考えています。その分ロシア語はいわゆる外国人が話すようなロシア語だそうです。これから、日本語で母親とお悩み相談をすることが多くなります。

日本人の価値観を推し量り、相談に乗らなければならないので、今後悩むのは私の妻だと思います。娘は今父親が大嫌いな時期なようで^^;、相談事はまず妻にします。妻から私に話が来ます。

娘は日本的な考え方ですから、遠慮したり、恥ずかしがる、他人の目を気にすることが多いです。それが理解できず、妻は「そんなの気にしないでいい。相手に直接伝えなさい」と言っています。確かに、そうなんですが、それが言えなくて子供も悩んでいます。

私の意見を妻に伝えて、妻から娘に伝えてもらっています。うちの娘は他の娘よりもちょっと反抗期が来るのが早いようです。父親とは話したくない、一緒に出かけたくないお年頃。難しいですな。

娘には、日本語とロシア語さえしっかりやればいいから。英語のことはそんなに焦らなくて良い(妻は英語を勉強させようと必死です)。とにかく日本語の読み物をたくさん読むように、国語力をつけるように伝えています。本を読みまくっていれば言語力だけでなく、理解力も増します。文章を読解して、物事を解決するのは国語だけではありません。数学、理科、社会全てそうです。また、社会人になってから、どんな仕事をするにしても、言語力、理解力は問われます。妻はよく頑張っていると思います。8歳まではソ連人でした。ソ連崩壊により、共通語がひっくり返された経験を持っています。また、多民族国家であるため、複数の言語を使いこなせないと生きづらいという土壌で育ってきたのですから、単一言語では不安である気持ちはわかります。

国際結婚の子女教育は本当に難しいと思います。特に中学、高校の多感な時期は大変だろうな。両親の育ってきた環境が全く違うわけですから。今まで、外国人パートナーとうまく付き合うための国際恋愛、国際結婚について書いてきました。今までの記事を見ると、カップルの問題を取り上げてばかりでしたが、今後は国際結婚後の子育てについても色々と考えていかなければなあ…と。

 

-国際恋愛・結婚の問題点, 外国人女性と英語