国際恋愛・結婚の問題点 外国人女性・白人女性との付き合い方

欧米系白人と結婚していると幸せそうに見える?

欧米系の白人と結婚している日本人女性、日本人男性を見ると幸せそうに見える(らしいですね。特に欧米系男性と日本人女性のカップルは)。何度も書いていますが、ここ3年ほど毎晩ゴールデンタイムにテレビを付ければ、外国人ネタを垂れ流しているチャンネルが一つや二つあります。うわっ…またか。と思ってチャンネルを変えてしまいます。秘境に住む日本人は面白いですけどね。

この手の番組で欧米系男性&日本人女性のカップルが登場すると、芸能人たちやスタジオの観客が、羨ましそうな歓声とともに、

「あ~ラブラブや~」
「幸せそう~」
「うらやましいわ~」

みたいな声が聞こえてきます。
テレビに登場する国際カップルはホヤホヤではなく、結婚して数年もしくは10年以上経っている方もいらっしゃいます。他の人が思うほどラブラブじゃあないと思うんですよね。キスやハグを人前でしている=ラブラブだと感じているのでしょう。

「幸せそう」というセリフって「日本人同士のカップルと比べて幸せそうだ」という風に聞こえます。もちろん国際カップル、日本人同士のカップルそれぞれです。幸せかどうかは自分たちしかわかりません。幸せだと実感できることはありますが、それでも揉めることの方が多いし、年をとるに連れて人間わがままになってきます。今まで好きな相手に譲歩し、合わせてきた部分が段々とメッキが剥がれてきます。そうなると、家庭内にちょっとした口論が増えてくるんですよね。

モルドバ系娘とお見合いして速攻で結婚動画!

間違いを認めない、謝らない

とにかく謝らないです。肝心なところで謝らないです。日本人同士でちょっとしたことで「すみません」というのは、コミュニケーションの潤滑油ですし、些細な事でもすぐに謝ります。日本暮らしが長いので、これくらいはできます。でも、自分が本当に間違いを犯した時は謝らずに言い訳から入ります。

  • 洗面所の電気をつけっぱなしにしていた
  • 賞味期限切れの食材が大量にあった
  • 子供を歯医者に連れて行く日を忘れていた

などなど。
彼女のミスを指摘すると逆に文句を言われ、「だったらあんたが消せばいいじゃないの!」「忘れないように声をかけてくれたって良いじゃないの!」「あんただってこの前ちゃんとお椀を洗っていなかったじゃない」と、まあ、言い訳の前にこちらを攻撃し、その後言い訳、開き直りますw

夫婦のことですからこんなの日常茶飯事です。もうこれを10年ほど繰り返していますからね。言われてもなんとも思いません。欧米人に対してはすぐに指摘して上げろ、主張しろと言われていますが、指摘したらしたで火種となります。

しかし、外国人女性にとってはこれもコミュニケーションの一部なんですね。ロシア系女性に多いのは、ケンカもコミュニケーション。仲を深めるために喧嘩をする。なんとなく退屈だからジャブ程度のケンカをして間をもたせるようなところがありますね。私も妻とやり取りをしていて思うし、彼女の家族もそう。どうでも良いことで絡んできては、火種をまく、家族全体を巻き込んでワイワイとやりあう。彼女の友人達もその傾向ですし、ロシア系女性とおつきあいしている日本人男性にこの話をした時も、あるあるwとのことでした。

外国人女性と付き合うと精神的に強くなれる…。

子供の前でも喧嘩する

私の両親はほとんどケンカをしませんでしたし、仮にケンカをしても子供の前では絶対にやりませんでした。両親の様子が何となくおかしく、「あれ?ケンカでもしたのかな?」と察せられる程度です。しかし、妻の場合は違います。子供の前でケンカをします。

妻の母国にいる友人達の話を聞きますが、どれもかかあ天下です。夫に対してビシっと伝えます。一方で子供の前で夫を褒めたり、ヨイショすることもあります。しかしながら、父親が母親に攻撃されている姿を見ている子どもたちは「父親なんて、男なんてこんなもの」と思っているでしょうし、息子にとっては父親が反面教師となるか、父親と同じになるかの二択です。

だから、自分がおとなになってから極端になってしまうのかなと感じます。

ロシア系の男性は当たりハズレが大きいと過去の記事で書きました。いい人はものすごく良いんですよね。お金はしこたま稼ぐし、家事もしっかりやる。嫁さんの言うことはなんでも聞く。でも、半分以上は飲んだくれであったり、日常的に妻に暴力を振るう、罵る。子供を虐待する。子供の教育なんぞに興味はない。自分で稼いだお金は自分のためだけに使う。家族を養うという責任感が全くない。

欧米系男性と恋愛、結婚して痛い目にあった人、別れた人は少なくないと思います。国際恋愛だと手に手を取り合って二人三脚でうまくいっているようなイメージが強いですよね。テレビで放送されているうまくいっている国際夫婦は一握りだと思います。

夫婦の話題が減っていくのは黄信号!

言いたいことを言い合う、主張するのが良いこと?

外国人と恋愛、結婚するには必要なことです。在日歴の長い外国人や、日本が好きで留学に来て日本社会にどっぷり浸かっている人なら摩擦はそれほど強くないかもしれませんが、外国で恋愛して日本に連れてきたパートナーの場合は衝突が多くなること間違いありません。自分の意見を強く主張せず、回りと喧嘩しないで一歩引いた社会で長らく暮らしてきた人が、外国人と恋愛し結婚。結婚後も何十年も夫婦で言いたいこと、主張し続けるのってえらい疲れると思います。

それが嫌で外国人と別れる人も多いし、上述したとおり、年を取ると我が強くなります。できれば波風を立てたくないし、声を荒げながらの会話はしたくないと思うのが日本人です。一歩引いたら相手も一歩下がる。ところが、外国人相手ですと一歩引いたら一歩、二歩と踏み込んできます。しかし、妻が強い家庭の方が概ね平和なんですよねw

日本人男性の良いところ!

でも、なんだかんだで家族は大事にする

「きついなあ~」と思った方、「あるある!」と思った方いるかもしれませんが、ごく普通に恋愛して結婚した場合であれば、基本的に欧米系女性はパートナーと家族を大事にしてくれます。仮に旦那が失業したり収入が少なくなっても、愛想を尽かしたり、責めたりはしません。前向きな気持で仕事探しをしたり、仕事をしていれば責められることはないでしょう。

口では厳しいことを言っても、夫を立てることを忘れませんし、スキンシップをする、なんでも話せる関係を構築しようとしますし、疑問はきちんと口にする。コミュニケーションを積極的に取ろうとします。ツンデレのところも魅力的に映るでしょう。

パッと見幸せそうに見える国際カップルですが、場合によっては日本人同士よりも鍔迫り合いが多かったり、矛盾が多かったりするものです。時折地元でも欧米人女性&日本人カップルを見かけますが、「おっ!珍しい」と思った瞬間に、彼らも苦労しているんだろうな~なんて思ってしまうんですよね^^;

-国際恋愛・結婚の問題点, 外国人女性・白人女性との付き合い方