日記

北朝鮮ミサイル発射!朝鮮総連前での抗議行動

いや~驚きましたよ。

北朝鮮からぶっ飛んできたミサイル。北海道、東北地方、北関東にJアラートが出ていたのでびっくり。私がネットを見ていたらヤフーに緊急速報とあったので、すぐにTVをつけたら国民保護Jアラートの画面になっていました。

北朝鮮からミサイルが飛んできたと。

妻と子供二人は寝ていたので、起こして、万一に備えるようにしました。

万一に備えるって…どーすればいいのよ?

わかりません。

「安全な建物にいいい~、地下へええ~~・・・」

と、テレビがほざいていましたけど、こんなんじゃダメダメだよ。壁の薄い安普請の一軒家、地下室なんてものはありません。1階は雨戸が閉まっているので、リビングの角に固まって敷布団の下にこもる程度です。とりあえず、雨戸の無い窓はカーテンを閉めて、爆風でガラスが割れても多少は飛び散るのを防いでくれるかもしれません。

 

数分後、あーだこーだやっているうちに、北海道を越えて太平洋に落下したとのこと。

 

…。

なんかねえ。情けないったらありゃしない。逃げろ、避難しろと言ってもそんな場所どこにもありません。地震などの天災であれば、学校に逃げるなど方法がありますけど、敵国からのミサイルってどーすれば良いんでしょうか。戦時中は防空壕がありましたが、今の民間国防力ははっきり言って大東亜戦時中未満。

軌道や予測落下地点を考慮して、結局撃ち落とさなかったと判断した。と、思いたいのですけど、ここまで舐められては国辱ものです。

が、日本の有志たちが朝鮮総連前で抗議行動をしてくださいました。

桜井誠党首率いる日本第一党。
反応がものすごく素早い。発射してすぐに抗議行動を呼びかけ、3,4時間後には朝鮮総連前に有したちが30名ほど。流石です。私も参加したかった。

半島は緊張状態。
もともとちっとも当てにしてはいないけれど、Chinaも半島危機を抑えるどころか、アメリカから良い条件を引き出そうと外交カードにしている始末。

  • 半島危機の陰でインド国境で威嚇軍事演習。
  • 南シナ海の乱開発。ベトナム漁船を襲う。
  • 一帯一路と称して冊封体制の構築。その一環としてパキスタンと結託して、パキスタン国内にあるバロチスタン国(イギリスに占領される前は独立国だった)の国民がChinaに雇われたパキスタンのテロ分子に虐殺されています。女はChinaに強制連行されています。

http://www.sankei.com/world/news/170526/wor1705260061-n1.html

  • 南モンゴルで軍事演習。習近平は軍服で軍事演習に参加。
  • China国内では香港の民主化を阻止。
  • 相も変わらず、東トルキスタン、チベット、南モンゴルで人民を弾圧。

軍服で軍事演習に参加した国家主席は習近平が初めてのようです。毛沢東は人民服でしたし、その他の主席も軍服は来ませんでした。反日凶徒の江沢民は人民服でらいにしましたね。人民服=抗日服なんです。江沢民でも軍服は着なかった。

ブータンへの多額の経済援助も気になりますね。ブータンと日本は非常に有効的ですし、ブータン国は絶対にChinaに呑まれてほしくないです。

大国の後ろ盾のない周辺国家、国内の異民族をいじめていますが、彼らが最もいじめたいのは日本です。

通州事件 1937年7月29日中国で起こった日本人への虐殺事件

数十年に渡る反日教育は、ちょっときっかけがあれば一気に燃え上がりますからね。日本に留学経験があり、普段は親日のChina人でも反日変貌するのが怖いところです。経済での成長に行き詰まりを感じているChinaは、今度は軍備拡張で内外に力を誇示していこうというのでしょう。

日本国憲法の改憲なんて言ってないで、アメリカが作ったクソ憲法なんてさっさとぶっ壊して明治憲法を復活させた方が、現代の国政情勢に合いそうな気がします。

いや~…怒りにまかせて色々殴り書きしてしまいました。

-日記