ロシア人女性との国際恋愛 日記

捨てる神あれば拾う神あり…国際再婚

最近は若い国際カップルのラブラブネタがかなり減りました^^;私の知人の昔話を蒸し返せば、熱い国際恋愛話を書けるのですが、10年ほど前の話よりもどうしても最近のネタを書きたくなってしまいます。 ラブラブネタが減り、最近は国際カップルの離婚話や不和話が多いですね^^;。

先日、日本人男性(20歳近くの差)と離婚したウクライナ人女性。男性が妻(30代なかば)より若い、フィリピンの桃尻娘と不倫したためです。彼女としては旦那に対して不満はあるけれども、日本で暮らしていくことを考えると、彼とは離婚したくない。話を聴いていると、家庭内別居中にも関わらず、旦那の世話を焼いていました。ぼーっとしているというか、何も考えていないというか、自分の人生なのに誰かに依存していられない性格のようでした。

一度外国人女性と恋愛経験のある男は外国人女性との恋愛を繰り返すのか?

離婚に関して弁護士等と相談したようですが、日本語を話せる私の妻や妻の友人が通訳として手助けしてあげたようです。彼女の意見というか妻と妻の友人が、彼女のために交渉をしてあげたそうで、彼女が主体的に話したことは殆どなかったようです。

10年ほど日本で暮らしていても日本語レベルは非常に低い。日本語を勉強したいとも思わない。努力もせず、旦那の暴言に対してろくすっぽ言い返せない姿を息子の前で晒してしまったせいか、息子からも馬鹿にされています。息子さんは9歳。可哀想ではありますが、国際結婚ならでは現象とも言えます。日本社会になじまず、文化も習慣もわからないまま日本で暮らしていたら浮いてしまいます。自分の子供は学校を通じて日本社会と接しているので、日本人的な発想考え方が、自然と身につきます。だから、親も理由はどうあれ自分から進んで日本人と結婚して日本に来たわけですから、生活に困らない程度の言語レベルや常識を身に着けなければなりません。

子供とのギャップについては、自分が子供時代を過ごした社会と全く違う環境(国、地域)で、自分の子供が育ったらどうなるのか?思春期に親とぶつかる時の衝撃は、普通の日本人家庭とは比べ物にならないほど大きなものだと思います。

小さい頃からインターナショナルスクールで学ばせるのはどーなの?

彼女は息子さんを引き取ることに成功しました。成功というよりも、旦那の方が子供を面倒見たくないと言ったそうですが…。ウクライナ人女性も大いに問題ありですが、この男も大有りです。子供や妻の前で堂々と不倫する浅ましさ。正気の沙汰とは思えません。

そんな彼女が結婚して一年も経たないうちに、新しい恋心が芽生えたとのこと。お相手はもちろん日本人。言語的な問題があるにせよ、日本でスラブ系男性と巡り合うのは至難の業。ビジネスで来ている人もいるでしょうが、その数は極めて少ないし、留学生がいたとしても若すぎます。わざわざ子持ちの熟女を狙う人もいないでしょう。

お相手は彼女と年が近く、彼女の話によればイケメン。でも、妻子がいる状況です。彼が言うには妻との関係は最悪で、いつ離婚してもおかしくない状況。妻から離婚を切り出してくれればすぐに離婚するとのこと。

大人の恋愛ですから、彼女曰くやることはやったそうで、そちらの相性も良いとのこと…。開けっぴろげなのは分かるんですが、そんな話をウクライナ・ロシアンマダムのお茶会でいきなり披露したものだから、みんなドン引きしたそうですw空気が読めないし、自分の生き方を振り返っても自分は悪くないと言いきっている人なので、ちょっとコミュ障なのかもしれません。

外国人女性とお付き合いする覚悟

それから1,2ヶ月経った頃でしょうか。彼女曰く彼と婚約したとのこと。バッテンのついた人達が、堂々と婚約するとは思いませんでした。ひっそりと結婚しておしまいと思っていましたが、ちゃんと手順があるんだなあ…。

本当に結婚することができるのか?新たなテーマ、国際再婚…。

ロシア系・ウクライナ系女性ってやっぱり魅力があるんでしょうね。カネ目当て、粗暴なところがあるなどと言われていますが…外見はきれいですからねえ。昨日、バレーボールの日本とロシアが戦っていまして、やっぱりみんな美人。美人じゃない人もいるんですが、不細工っていないですよね。

日本語ペラペラなロシア人女性って絶対モテるだろうなあ~。

-ロシア人女性との国際恋愛, 日記