国際恋愛・結婚の問題点

外国人女性と二人で楽しめる食事は最高!!

 

国際結婚して、一緒に暮らし始めると恋愛中にはわからなかったことがわかります。

いろいろありますが、ここでは食事を取り上げます。

食文化の違いが二人の関係の歪となるのは、こちらの記事「フィリピーナ狂いがどうしたっ!生きたいように生きる男」でA氏をもとに書きましたが、お互いがパートナーの文化に無知であり、相手の文化を受け入れることができず「国際結婚の最低条件」をクリアーできなかった事が悲劇(若いムチムチのフィリピーナ3人と結婚したことはA氏にとって悲劇なのかわかりませんが)につながったのではないかなと。

 

食文化の違いって国際結婚を始めたばかりの頃にぶつかる壁ではないかと思います。自分たちが異文化同士であるということを思い知る瞬間ですね。

外国もしくは、日本でもコテコテの外国料理(日本では味わえないスパイスなどがふんだんに入っている)を食べた時、「うわっ、違うよこれ!」と感じた時のショックです。大好きな彼女の家に行った時に出された料理が全く未知の味であったら驚くはずです。

恋愛中は外食もしますが、四六時中一緒にいるわけではないので、食事による壁はあまり感じることはありません。

結婚すると家で食事をするのがほとんどです。この小さな違いが毎日の生活で積もり積もっていくとストレスになり、夫婦の溝を深めることになります。

「毎日の健康は食卓から」というのは、食材や調味料のCMだけではなく、二人の精神面での健康につながるんですよね。

「フィリピン料理は食えねえ」 「中華は油っこくて箸もつけられない」 「タイのスープは酸っぱ辛すぎる」 「ヨーロッパって芋ばかりだな」

毎日の食卓で家族とともに食事をしながら話をはずませる事で家族の絆も深まるし、同じものを食べているという一体感もあります。

外国人と結婚したけど、日本料理を全然作ってくれない。自分のおふくろのように肉じゃがや焼き魚、豆腐の味噌汁も作れない。毎日辛くて脂っこい料理ばかり出てくる・・・。 お互いが一緒に食べられる料理がないため、二人の距離感は遠くなった気がしますし、自分たちは全く別ものであるという相違を嫌というほど思い知らせてくれる…。

話が弾む食卓となるはずなのに、憂鬱な時間だと感じることが多くなり、しまいには「四角いリング」のキャンバスになりかねません。

私達の食文化は当然違いますが、お互いの料理を受け入れられるキャパ(味覚と胃袋)を持ち合わせているので本当に助かっています。

私も妻の国で食べた肉料理、じゃがいも料理、魚料理は大好きだし、拒否した食べ物はなかったですね・・・。あ、でも、ブルーベリージャムが入っていた水餃子だけはびっくりして吐き出しましたけどw

妻も納豆、焼き魚、刺し身、カレー、牛丼、寿司、ラーメンなど大歓迎です。

 

私の作った大根と赤身まぐろの煮物とかセロリと鶏肉を酢醤油で炒めた料理などもペロリと食べてくれます。

 

これは本当にありがたいことだと思っています。 本当に、本当に感謝しています。

お互い中国に住んでいたこともあるので、中華料理も大好きです。本場の中華料理屋へ行って、お互いに舌鼓を打てるというのは幸せです。

スキー旅行をした時、民宿の朝食に和食が並んだけれども、温泉卵、鮭、ノリも平気で食べてしまうし、民宿の人が気を使ってトーストを準備しようとしましたが、そんな気を使う必要もありませんでした。

毎日無理をして私に合わせてくれているわけではないようです。

料理をつくるたびにお互いに気を使っていたら、それこそ疲れてしまいますよね。食卓に違う料理が並び、それぞれが違うものを食べるというのも味気ないですし。

食文化に対するお互いの受け入れ態勢は、異文化を受け入れるための第一歩です。食文化を通じてその国の習慣、環境、歴史…を知ることもできます。相手の国を奥深く知るための入り口と言えるかもしれません。

食事は小さなことではありません。小さな相違が大きな溝になるかもしれないので、相手の国の食事を受け入れられるか、相手は日本の食文化を受け入れられるかをチェックしてみると簡単に文化の理解度が見えてきます。

白人女性とネットで知りあうためには

国際恋愛・結婚 ブログランキングへ

にほんブログ村

-国際恋愛・結婚の問題点