中国人の外国人観

外国人男性が中国娘をナンパしまくる現状にぼやきまくり

2013/10/04

前回までの記事:

part.1 外国人による中国でのナンパ実録!中国(bitch)ビッチたちよ、目を覚ませ!!

part.2中国Bitch共を喰らう白人男性を、イタイ中国男が分析

part.3中国男が中国娘たちに警笛!欧米男性の中国女ナンパ方法

part.4中国男が吠える!外国人男性(ヨーロッパ系)にとって、無料で寝る女は売春婦未満!?

part.5中国男が分析!中国娘たちの外国人男性に対する誤解

中国男のぼやきを翻訳しています。 中国男たちは、白人男性が中国女を次々と喰らっていることに対して憤っています。憤懣やるかたなしとはこのこと。

~~~~~~

イギリスの友人が長いことある中国女を追いかけていて、どうにかものにしたのもつかの間、2週間で振っちまった。

俺(中国男):おい、どうして振ったんだ?

イギリス男:確かにあの娘は可愛かったけど、ベッドの上では退屈この上ない女だったよ。フェ○恥尾も婀○ル節句るもダメ、騎乗位もダメ、恋愛しても全然面白くもないわ。

多くの外国人が中国娘を追いかけているのは事実だ。だけど、彼らの性癖を満足させるテクニックを身につけていなければならないのも事実だ。

外国男は中国男にないテクニックを使ってナンパをしている。中国男のナンパは本能的で、外国男は知能的だ。

中国男と中国女が出会う時、2種類のタイプがある。ずっと真面目なタイプで、相手の家庭環境や仕事などを聞き取る。真面目だけれど、女にとったら、こういった男はつまらなくてうざい。もう一つのタイプは、下品でせこいタイプだ。女を見るとすぐに手を出して、無理矢理キスしたり、猥談をする男。こんな男もやっぱりバカにされるし嫌われる。

一方、外国人の男は家の事も仕事のことも聞かず、軽くてロマンチックな話題を好む。例えば、「僕はピアノ教室に行っているんだ。中国の歴史・文化に興味があってねえ」などの話題だ。まず、非常に軽めの話題でリラックスさせておいて警戒心を解く。これがナンパの第一歩だ。もし、あんたが女性をリラックスさせられないならナンパをしようなんて思わない方がいい。女は軽くて楽しい話題をこの無視、外国人男性のエレガントな生活に憧れる・・・尻も軽くなるわけだ。

外国人は、浮ついた社交辞令とおべっかの技術に長けている。恥知らずにも女性を口説き落とし、例え女の外見が普通でも、仙女のごとく褒めちぎる。

「君はなんて賢い女性なんだっ!」

「君は他の女の子とは違うよ!とっても素敵で、まるで別の星から来たみたいだね!」

「君の考え方はとても独創的だよ!君のような素敵な女性にあえて嬉しい」

こういったセリフを聞くだけで中国女は天にも登っちまう。

中国人の男がこんなセリフを吐いてみろ。本当に好きになった女を口説くなんて無理だ。

 

次に、外国人の男の行動だ。スケベな中国人男のようにいきなりキスしたり、胸を触ったりはしない。外国男は女性の心理を巧みに掴んでくる。彼らはまず女性に麻酔針を打ってくる、つまり、女性に魅入られたような瞳で見めてきて、自分がまるで絶世の美女になったような錯覚を覚えさせる。それから、優しく女性の手にさわり、耳のそばで甘い言葉を囁く。と、同時に息を耳に吹きかけ、女性の性欲をくすぐるのだ。 この時、多くの中国娘はクラクラになっており、金髪碧眼のイケメンと寝る準備は万端だ。

女心を見抜いている外国男は空気も読める。もし、この女性がすでにその気になっているのなら、キスをしたり腰に手を回したりする。その気になっていない場合は、我慢して待つ。その気になるまで甘い言葉を囁き続け、腰砕けにさせるのだ。

中国のスケベで馬鹿な中国男としか付き合ったことのない中国娘共は、外国人男の攻勢に抗しきれない。大半はベッドに行く気になってしまうものなのだ。

外国人男が女性を誘う時は、中国男のように「俺の家に来いよ!」なんて言わない。

外国男は含みのある言い方で「うちに面白い映画があるんだ。もし君が僕とワインを飲むのが嫌じゃなかったら、一緒にDVDを見たり、音楽でも聞かない?」

中国女はこんな一言で外国男の部屋にフラフラと行ってしまうのだ。

外国男のナンパテクニックはこんなものではない。 中国男ごときが、ちょっとやそっとで真似できるものではない。無理やり覚えようと思っても、体と頭には染み込まないはずだ。

しかし、お前たちと外国人男の差というのは一体なんだろうな。 それはこの国の将来性だ。中国はどんどん豊かになっていく。外国の男どもは貧しい中国女を捕まえていきがっていたけど、中国は富に豊かになっているし、中国に憧れて中国へやってくる外国人だっているんだ。

白人女性とネットで出会う!登録無料

外国人女性はネットでの出会いに対しては非常にオープン!




PR


-中国人の外国人観