ロシア人女性との国際恋愛

ロシア人女性とお見合い結婚する前にちょっと待った!荒れ狂う金の亡者編

2014/04/13

前回までの記事

ロシア人女性との国際結婚は未だに大人気?

ロシア人女性との結婚を夢見て、現実に打ちのめされた話

外国人といきなり見合いしてからすぐに国際結婚しようと考えている人が読むべき本

 

習慣の違いとか、モラルの低さだけではないですね。 ロシア人女性ナタリアがヨシユキ氏に嫁ぎましたが、初日から金品をせびる始末。

日本ではレストランやその他サービスに対してチップを支払う習慣はありません。 ケーブルテレビの設備工に対してチップを払わなかったヨシユキ氏にナタリはブチ切れ。

ナタリアは自分のお金が欲しいと言い始め、小遣いを要求。

生活費として月25万円を要求したのですが、ヨシユキ氏は15万円しかあげられないと口答えしますw

ナタリアの提示した数字もめちゃくちゃですが、ヨシユキ氏の金銭感覚にも異常さを感じました。

ナタリアはブラジャーからパンティー、身に付けるものすべてを高級品で飾らなければ気がすまない「あなたは金持ちだから私はそれなりにブランド品で身を固めなければならない」と屁理屈をごねます。

ですが、根負けしたヨシユキ氏は25万円のお小遣い制を承諾。 ヨシユキ氏の出した唯一の条件は、使ったお金のレシートを必ずとっておくこと。

一度は承諾したナタリアですが、夜、ロシア人の知人と電話をしてから態度が一変。

レシートを貼り付けたノートを引きちぎり「レシートはノートに貼り付けない!」と大立ち回りを演じます。

「ロシアでは貧乏人だけがレシートを貰うのであって普通はもらわない!」

日本では家計簿を付けておく習慣がありますが、ナタリアは一切承諾せずに、「日本の売春婦は月に100万円稼ぐ。私は売春婦以下か?」

このあと、二人はワインを飲み始め、ナタリアは当初酒は飲めないと言っていたましたが、実は大の酒豪。泥酔した後も小遣いをめぐって丁々発止の喧嘩。

トイレに行ったナタリアは「私のおしっこをしているところを見たいか?」とヨシユキ氏を長髪。

この場合、私は断れない。夫婦の間では何でもありが常識。相手が見せたがっているものを見る義務があるとのこと。

そんな義務はどーでもいいのですが、この後わかったことですが、ヨシユキ氏はナタリアの小便を口に含んでいました^^;

 

レシートを貼る貼らないについて大げんかをしましたが、腕力でもナタリアの方が強く、ヨシユキ氏は敗北。

 

自分が先に死んだ後、ナタリアがお金に困らないように、蓄えを残しておくことを主張しますが、ナタリアは金をひたすらカネを要求。もちろん、家族への仕送りのためです。

ナタリアから風呂に誘われ、あそこの毛を剃ったり剃られたり。 ナタリアとの破局編ではこの部分くらいですね。心が和むのはw

 

200万円の指輪を買え、高級車を買え、ネックレスを買え…。

金品を要求される日々…。 読んでいて本当に心が疲れます^^; さすがアマゾンランキング1900000位台ですね!

ナタリアと結婚して2ヶ月が経ったけれども、セックスが出来たのは1,2回のみ。

クン●はしてやっているのに、フェ●はしてくれないと猛るヨシユキ氏。 私の方だけ彼女の要求に答えて、彼女の方は応じない。こんな不公平なことがあってたまるか!と。

いくらセック●を要求してもナタリアは応じないので、ナタリアのパンティーをもらい、それで自分の愚息を慰めていたヨシユキ氏58歳。

国際恋愛、遠距離カップルが別れないようにするために 話題は未来志向が「いいね!」

この間もやたらと買い物をさせられていました。 キングサイズベッド、アイロン、ミキサー、テレビ、パソコン、カメラ。

結婚はしたけれど、結婚式は上げていません。 ヨシユキ氏は結婚は地味婚でもいいといいますが、ナタリアは当然同意しません。日本の結婚式は600万円ほどかかるけど、私は300万円程度の結婚式で良い。300万円は現ナマで私によこせとほざくナタリア。

 

通常、ロシア人とお見合い結婚をする際、婚姻届と一緒に離婚届にもサインをさせるそうです。 ロシア人は日本語がわからないのでとりあえずサインをするそうです。 ヨシユキ氏はそれをしなかったんですね。

円満な結婚生活を送れる確率は極めて低いため、そのための保険が離婚届のサイン。

結婚前はそんなだまし討も出来ないと思っていました。

婚前にはロシアへ毎月13万円を送金していたヨシユキ氏。

にしても、この人本当に金持ちだな~。

 

ナタリアとの離婚を決意し、裁判で決着をつけようとするヨシユキ氏。 ナタリアは離婚を切りだされましたが、自分から離婚に同意することもなく、ヨシユキ氏の夫としての欠点、おしっこを口に含んだり、パンティーで自慰をしたことを責めます。

更に、ヨシユキ氏の弟にも兄の性癖について披露。

結局、ナタリアは失踪してしまうのですが、その間、ヨシユキ氏と「セックスさせろ、させない」問答ばかり。

 

あとがきにもありましたが、ナタリアは精神科医にかかる必要があるのではと思うほど頭がイカれていましたし、ヨシユキ氏も猜疑心が強く見ていて残念すぎました。

 

ロシア人女性とのお見合い結婚は細心の注意を払わなければなりませんね!


◆ロシア語◆ 初心者がゼロから学べる~【28日やさしいロシア語講座】

-ロシア人女性との国際恋愛