国際恋愛・結婚の問題点

「国際結婚をしたいけど心配です、悩んでます」って具体的に何をですか?

 

外国人の彼女(彼)がいて国際結婚をしたいけれど迷っている。 国際結婚は心配です。どうしたらよいでしょうか?

この手の悩みはネットをしているとよく見かけます。

男性の相談もありますが、主に女性のほうが多い気がします。 日本人女性の場合、男性の経済力に頼りがちになり男性がどこの国で働くかによって居住地が決まってきます。

日本人男性の場合逆ですので、外国人女性が男性に合わせるパターンが多いです。

「国際結婚は心配」

という悩みは私にとっては良くわかりません。 外国人と結婚するのに何も考えていないのかな?

考えていたらもっと具体的な悩みがあるはずです。

国際結婚は本人同士の仲が一番大事であることは間違いないのですが、それだけでは幸せな結婚生活を送れるとは限りません。

  • どこに住むのか
  • 言葉の壁、文化の壁
  • 親の面倒
  • 子供の教育

外国に住むのはワクワクして楽しみも多いけれど、日本では起こりえないこと、考えられないことが当たり前のように起こります。毎日のようにカルチャーショックを受け続けるとタフな人でも精神的に疲れてきます。

ストレスに苛まれることもあるけど、前回の記事に書いたとおり自立心がないと暮らしていけません。

外国人と結婚する時には覚悟が必要

日本に生活の基盤があればそれに越したことはないのですが、あなたが海外に移住する時、親の面倒をどうするのかも考えなければなりませんよね。 兄弟がいれば安心とは言い切れません。すべてを他の兄弟にぶん投げて、親に万一のことがあった時すぐに駆けつけられる時とそうでない時があります。

私は幸い妻が日本に来てくれて、「あなたのいるところならどこでもいい」と結婚前に言われて感動しましたし、今は喧嘩をしながらも日本で生活しています。

彼女の家族には「妻が帰りたい時、家族に何かあった時はすぐに帰れる準備をしておきます」と伝えました。こう書くと誤解されそうなセリフですが、要するに彼女の家族になった時、彼女がホームシックになった時はいつでも一時帰国させますのでご安心くださいという意味です。

1,2年に一度は1,2ヶ月程里帰りさせていますし、大地震が発生した後もすぐに帰しました。

私の知人の国際カップルたちは、日本人夫が妻の一時帰国に大反対する例が随分多くありますね。 どうして反対なのかというと、家事をしたくない、寂しいと言った理由です。

私は妻が帰国することでリフレッシュし、日本を客観的に見ることもできるし、母国に帰ることで知人友人と交流することで、日本に戻ってからの生活にも張りが出ます。子供も一緒に帰国するので義理の両親にもかわいがって貰えるし、妻の国の生活習慣に触れることでアイデンティティも強化されます。

国際結婚をした両親の子共たちのアイデンティティ

一度、義母を日本に招聘したことがあります。 日本での生活は少々疲れていたものの、私は義理の母を呼べたことで満足(自己満足^^;)出来ました。これからも呼びたいのですが、義理の母は日本に来るのがしんどいとのことで最近は乗り気ではないようです…。

外国人の彼女をネットで作っちゃおう!

外国人女性に声をかける方法を網羅したナンパ教材

-国際恋愛・結婚の問題点