外国人と出会い頭に「英語が話せません」「すみません、英語が下手です」ってどうなの?

 

英語だけに限ったことではありませんが、日本人は外国語を話す時でも非常に謙虚です。 しかし、謙遜しているつもりでも相手の心象を非常に悪くしていることもあるのです。

英語を外国人と話す時に、「私の英語は下手ですが…」と前置きして話す人や、言葉が詰まった時にも「英語が下手でごめんなさいね」と言う人がずいぶんいませんか?

私は中国語を勉強していた時も、この手の日本人はたくさんいました。 自分の拙い外国語を聞かせることによって申し訳ないと思ってしまうのか、聞き取れなくて話の腰を折ってしまうのが気まずいのか、または、自分が下手だとアピールすることで「相手に加減してゆっくり話してもらうのが目的」なのかわかりませんが、たとえわからなくても、謙遜しまって謝る必要はないと思います。

私は仕事上中国語を使うことが多く、中国人の中には私の気を使ってか、「だいの中国語はわからないけどとりあえずわかったふりをしておこう」という素振りが過去に何度かあったので、仕事関係の人には、「もし、聞き取れなかったら遠慮なく聞き返してほしい。仕事に影響が出たら困りますから」と伝えることもあります。それでも、「私の中国語が下手でごめんなさいね~」と謝ることはありません。

中高生の頃、まともに英語を勉強していなかったせいか^^;、留学先で日本人たちが「私の中国語が下手で~」を前置きにしているのを不思議に思っていました。

っていうか、別に外国語なんて、その国のネイティブスピーカーと比べたら絶対に叶わないし、彼らの基準からして下手だとしてもそれは仕方ありません。 ネイティブを目指すのは良いことですが、ひたすら卑屈になっても相手はあまりよい気分にはなりませんし、「じゃあ、こいつとは何を話そうか?」と困ってしまいます。話題も振りにくくなりますしね。

外国語を勉強している人で、上記のような反応をする人は、少なくとも言語に興味があるけど、やっぱり自信がないパータンです。

もっと酷いパターンは「英語は話せません」と言う人です。

娘の学校行事で、娘の友人の父親と話した時です。 開口一番、流暢な英語で妻に向かって、

「I can’t speak English!」

これって本人にとっては謙遜のつもりなのかもしれませんが、言われた外国人にとってはどんな気持ちでしょう?

私は、基本的に中国という国を好きではありませんが、中国人個人に対してこのような態度をとったことはありません。

「私中国語話せません」

と、中国語で言われたら言われた方は凹みますよね^^;

あなたが異国の地へ行き、友人知人が少ない中、現地の人から流暢な日本語で、「私日本語話せませんから」と言われたら頭来ませんか?

まあ、妻の場合は日本語で彼と話していましたが、「日本語が下手だった来日したばかりの頃に言われたら頭にくるか、悲しい思いをしていた」とこぼしていました。

著作者:Anna Logvinova

著作者:Anna Logvinova

後日知ったのですが、彼は仕事でしばしばアメリカへ出張に行き、英語も相当上手だということがわかりました。本人にその気がなかったとしても、言われた方にとっては会話拒否と取られてしまいます。

外国語を流暢に話せるのは、外国語学習者のあこがれであり、目標であるので、ネイティブ並みになりたい気持ちは分かりますし、現地の社会に溶け込んで、流暢な外国語を話さないと現地の人から馬鹿にされることもあるでしょう。

外国人との付き合いは、言葉のレベルや語彙の量がすべてではない!

しかし、それはあくまで一部の人の話であり、多くの人はお客さんとして外国旅行へ言ったり、短期間の駐在、または、日本国内にいる外国人と仕事、プライベートで話す程度です。

それなのに、「ネイティブらしさがないとあなたの英語は間違っている!」というイメージを英語の教材広告を通じて拡散されている気がします。

  • 「英語が下手で…」
  • 「英語が話せません」

と言うのは言う必要はありません。例外をのぞいて、多くの人にとって言語はコミュニケーションの手段にすぎない道具です。英語を例に取ると、英語を母語としない人にとっては、あなたの英語が上手かろうと下手であろうと気にはなりません。極端に言えば、上手い下手は関係ないと言い切っても良いでしょう。学習目標と現実が違うとしても気に病まないことです。

過度な謙遜はかえって相手の気持ちを害します。こんな謙遜はやめて、もっとオープンに外国人と外国語で話す人が増えて欲しいですね。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. LP より:

    > 日本人は外国語を話す時でも非常に謙虚です。

    これは…日本の英語教育のせいもありそうですね。
    日本人の性格もあいまって、英語を話したがらないのは、
    「シャイ + 謙虚 + 完璧じゃなきゃダメ」
    の三拍子が大半の日本人にそろってるからかもしれませんね。。。

    幸い、私はまったくシャイではなく、謙虚でもなく、妥協を許す(笑)人間なので、
    へったくそな英語ですが気にせずガンガンしゃべってます w

    > 別に外国語なんて、その国のネイティブスピーカーと比べたら絶対に叶わないし、~

    これ、本当にそうだと思います。
    私のつたない英語に対して、アメリカ人の彼女 (と、呼んでいい間柄になっているかは
    まだ不明ですが。。。)は熱心に耳を傾けてくれますし、
    私がうまく聞き取れなくても、改めて喋り直してくれます。
    それは、たぶん私が英語を使うことに対して謙虚さを出してないからだと思います。
    喋るたびに「毎度毎度すみません、英語が下手で…」なんて言ってたら、
    きっと相手はうんざりするでしょうね。

    わからないからこそ、うまく喋れないからこそ、自分を表現するためや伝えたいことを
    うまく伝えるために、よりたくさん話さなければいけないと思います。
    そうしないと相手に伝わらないですからね。

    ちなみに…
    彼女から、来週末、彼女の友達との集まりに一緒に参加しないか、と誘われました!
    私の友達も誘ってOKとのことなんですが、少しは私のことを受け入れてくれた、
    …と考えるのが自然ですよね??
    友達関係で終わらないようにどんどんアプローチしたいと思います。

    • dai より:

      謙遜ばかりしていると、第三者から見ていても気になりますよね。
      言われている本人は間違いなくうんざりしてしまいます。LPさんは英語が使えて羨ましいですよ~!
      それにしても、彼女から友達同士の集まりに誘われたのは、10歩以上の前進ですよっ!
      彼女の友達とも知り合えるので、輪が広がりそうですね~!!

      くう~楽しそうです!

      • LP より:

        daiさん、

        学校の英語は苦手でしたが、それと会話は別ですからね。
        英語に限らず、言語は単なる会話のツールだ、と気楽に考えております。

        > 10歩以上の前進
        おおぉ、本当ですか!? よかった!!
        ただ、話を聞く限りでは、彼女の周りの友達は主に日本人か日本語の話せるアジア人みたいですね。普段は日本語しか使っていないようなので。。。
        でも、彼女の友達とも知り合って、もっと彼女と仲良くなれるよう頑張ります!

  2. Naito より:

    Daiさんいつも興味深く拝見しています。記事を見ていて気がついたのですがdaiさんは外国人、特に欧米のカルチャーや考え方を基にして記事を書かれているように感じますが、(奥様の影響がおありなのかもしれませんね)
    daiさんは日本や他の国に親しいと呼べる外国人男性の友達はいますか?日本においても外国においても気の合う男性同士、女性同士の異性の親しい友人作りって難しいように思われているので。

    • dai より:

      いつもありがとうございます!
      仰るとおり、交友関係を作るのは同国人同士でも外国人でも難しいですよね。
      学生時代の知人はいますが、連絡も少なくなりましたし、最近付き合いのある外国人と言いますと仕事関係や、妻の知人が多いですね。

  3. Joe より:

    なるほど〜。とてもいい記事ですね。卑屈な人間はやっぱり魅力的ではないですよね。完璧でないことを受け入れつつ、会話の場では自分のベスト尽くして望むことに自信を持つべきです。

    LPさんのような性格は素晴らしいですね。ご自分で謙虚ではないとおっしゃっていますが、

    “わからないからこそ、うまく喋れないからこそ、自分を表現するためや伝えたいことを
    うまく伝えるために、よりたくさん話さなければいけないと思います。
    そうしないと相手に伝わらないですからね。”

    これこそまさにコミュニケーションが上手な人がとる謙虚な姿勢だと思います。

    完璧ではない英語でも熱心に聞いてくれる彼女にはこんなのはどうでしょうか?あくまでも例ですが。

    “Hey, you know what? I know my English sucks sometimes, but it’s kind of cool that you’re always patient and trying to understand me. I appreciate it… Ah.. you’re not gonna charge me for this, right, because you are being so nice to me… (Smile). I’m just kidding! ”

    最後はJoe風のジョークですが、ポイントは言い方にあります。最初の部分を落ち着いてゆっくりと、卑屈にならず軽く微笑みながら言えると彼女の心は動かされるのではないかと思います。心の結びつきがきっと強くなりますね。

    • 昇り龍 より:

      Joeさん風の英語が一番相手にしっくりきますよね。
      英語を喋るのは音楽のリズムに合わせて踊る行為に
      似ていると思います。だから自然と表情も豊かになるし
      体全体を使うという感じですかね。
      本屋に行くと英語のハウ・ツーものは沢山ありますが
      「ほんとうはおかしい日本人の英語」とか「和製英語だった」
      とか「その英語は現地では通じない」とか、あんな思考本
      ばかりでは萎縮して誰も喋ろうと思わなくなると思います。
      I can not speak English!!
      あんた英語喋ってるやん!!突っ込みどころですね。

    • dai より:

      >完璧でないことを受け入れつつ、会話の場では自分のベスト尽くして望むことに自信を持つべきです。
      Joeさんは相当な場数を踏んでいらっしゃるんだなといつも勉強になります!
      LPさんも昇り龍さんも経験豊かであり、英語のコミュニケーション力があるので鬼に金棒ですね!
      完璧ではないけれど、自分の話す外国語を真剣に聞いてくれる人とあうと嬉しいですよね!

      • LP より:

        Joeさん、

        > コミュニケーションが上手な人がとる謙虚な姿勢
        いつも周りからは「アナタは謙虚さがない」、と冗談気味に(?)
        言われていたので、こう言われたのは新鮮ですね。
        なるほど、と思ったと同時に、なんだかうれしいです 🙂

        そして、毎度アドバイスありがとうございます。
        その内容がまさに、彼女に伝えたいって思ってた内容どんぴしゃ
        だったのでビックリしました!
        明日も彼女に会う予定があるので、チャンスがあったら
        そのポイントを考慮しつつ伝えてみます!

        昇り竜さん、

        > あんな思考本ばかりでは萎縮して~
        こういう本を見るたび、「じゃあ、なんで学校で間違った
        英語教えてるんだよ!」って言いたくなります。
        ただ、「和製英語」は気をつけないといけないですよね。
        本気でそれが英語だと思ってるので、伝わらなかったとき、
        発音が悪いからか?と思って何度も同じ単語で伝えようと
        してしまうので…

        daiさん、

        daiさんは留学経験もおありで、実際に海外の方と
        ご結婚されていますので、私からしたら神様的存在ですよ!
        毎回実体験に基づいたお話を提供してくださって
        ありがとうございます。とても勉強になります!!

        • 昇り龍 より:

          Joeさん、確かに和製英語はまずいですね。
          昔、留学しているときにも相手から変な顔を
          された記憶が・・・恥ずかしくてアパートに
          戻ってから頭が悶々状態でしたw