白人女性は母国で褒められ慣れているので、常に褒めてあげよう

テレビやドラマを見ていると、欧米人女性は男性にちやほやされて、男性からは甘い言葉を囁かれています。

「どーせ、こんなこと…テレビの中だけだろ」

と、思うかもしれませんが、好きな女性、パートナーの女性に対して彼らはいつも褒め言葉をかけて上げています。

髪の毛、化粧、服装、スタイルなどの外見はもちろん、性格的な部分もきちんと褒めています。

方や、日本人男性は自分の彼女に対して褒めることをあまりしませんね。

自分のパートナーを他人が褒めると「いやいや…」と否定してしまうことが多々あります。

以前、私が妻と結婚する前に彼女の国へ遊びに行った時のこと。 彼女の姉と姉を好きで好きでたまらない男性(姉が通っていた大学の同級生)の4人でレストランで食事をした時のことです。

私と彼女(妻)は恋愛中のカップルでしたが、姉たちはまだ微妙な関係でした。 姉はあまりその男性に対して熱を上げているわけでもなく、かと言って毛嫌いしているわけでもなく、どんな人なのかまだまだ品定め中といった感じでした。 男性の方は、ダブルデートとは言え、デートにまで漕ぎ着けたのが相当嬉しいようで、私の取り皿にも「ジャム入りの水餃子」をよそってくるほどのハイテンション。「ジャム入りの水餃子」は食べれないって言っているのに^^;

ぶっちゃけ、私の義姉は美人ではありませんし、性格も男勝りな部分があり、がさつですらあります。冷淡な態度でこの男性に接していましたし、彼女のどこがいいのだろうかと不思議でなりませんでした。

m010191

彼は義姉に猛アピールしていました。 妻の通訳を聞いてみると、「今日の髪の色は綺麗だ」「服がいつもと違うね。デート用?嬉しいな」などと聞いているこっちの方が恥ずかしくなるようなセリフを吐きまくっていました。

義姉は時々苦笑いしていたけど、褒め言葉の大半は仏頂面で聞き流していました。※別に彼のことが嫌いなのではなく、義姉の場合、仏頂面がスタンダードなのですw

姉が飲みたいもの、食べたいものをしきりに聞いて、こまめに立ちまわっていました。

食事代も「4人分俺が出す!」と言い張っていましたが、自分とお互いの彼女の分だけにしようということで話が落ち着きました。

義姉に対しては、無理のある褒め言葉も無きにしもあらずでしたがw,体や服装のパーツ、パーツを見事に褒めていましたね。

外国人女性をさり気なく、当たり前のことを褒めてあげよう

私も毎日妻を褒めています。女性は、外見のことは特に気を使うので、褒めてあげることが必要です。

日本では、自分のパートナーを他人様から褒められると謙遜する習慣がありますが、外国人のパートナーでしたら、これをやってはいけません。

「愚妻」なんて言葉を使うのはもっての外ですね。

外国人男性、女性を見ていると、友人、家族の前で自分のパートナーを褒めちぎりますよね。 仕事も一生懸命、家事もしっかりやってくれる とても優しくて子育てもやってくれる 物事の手際がいい

などと褒めちぎります。自分のパートナーを褒めることで、「俺(私)はこんないい人と結婚・恋愛中なんだいいだろ~」という自慢と、自分のメンツも多少はあると思いますけど^^;

私の場合も、友人、家族の前でも妻の事を褒めるようにしています。また、妻も自分の家族の前では私を褒めてくれます。家族の前でなく、普段の生活では、けなされることが多いですけどね!

外見のことは他人の前で言う必要はありませんが、家にいる時でも、髪型や服装、スタイルは絶対に褒めてあげましょう。

外国人、日本人問わず、女性は褒められることで綺麗になります。恋愛することで綺麗になると言われますが、褒められる=自信につながるので、あなたも自分のパートナーがいつまでも美しければ嬉しいですよね。恥ずかしがらずに褒めてあげることは、結婚を続けるコツでもあるし、美しさを保つ秘訣でもあると思います。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たこす より:

    「ジャム入りの水餃子」…んんっ?w

    お姉さんってあの医者でヒモを養ってる人でしたっけ?

    「服がいつもと違うね。デート用?嬉しいな」かわいいじゃありませんかw

    まだまだなれない日本で緊張しているのか、留学生は仏頂面というか、表情がかたいですね…
    早く慣れたらいいのにな〜でも一人確保したので、ここから輪が広がって行けると思います!頑張りますよ!何人か可愛い子はいましたが、フランス人に敵うのは今の所いません…フランス人講師最強www

    ちなみに、中国人留学生に声をかける一番いいのはどんな感じでしょうか?彼らもいつも団体でいて大声で会話しているので、ある種欧米の留学生グループよりも近寄りがたいですw でもせっかく日本に来てくれているので、仲良く慣れたらいいなと思っているんですが… やっぱりね、次の世代にわだかまりを残しちゃダメだと思うわけですよ。そのためにはやっぱり草の根の交流が大切ですからね。などという使命感に燃えているわけでもありませんがw でもやっぱり日本に来てくれてる人と仲良くするのはいいことだと思いますしね。あとご飯作ってもらったら美味そうだしwww

    第二のロシア語の授業が始まりましたよ!先生はとても… ゆにーくですねw はっきり言って変ですがw 同じ匂いがしますよw 思ったよりも簡単そうです!テスト悪くても単位はいただけるそうなので、ひとまず安心ですwww 先生のしゃべり方とか、間が加藤茶っぽいのでみんな爆笑してますwww

    • dai より:

      現在、ひもを養っておる義姉です^^;
      あの時の同級生の方が断然よかったと思うんだけどな…。人間わからないものです。
      フランス人講師無敵ですね…私の大学にも外国人講師がいましたが、みなさん妙齢の方で、あと20歳若ければ…という人ばかりでした^^;

      中国人留学生ですか。
      私も近寄りがたいと感じていたので、素直に近寄りませんでしたw
      私は中国語を学習していた頃は、今のように中国に対して知識?がゼロではありませんでしたので、純粋に「教科書のここがわからんので教えて~」と突っ込んでいました。

      ロシア語の授業楽しそうですね。加トちゃんとはなんともw

      学生時代のように講義を受けたくなってきましたw

  2. LP より:

    女性をほめるってこと自体今までほとんどしていなかったので、現在苦労しております ^^;
    ほめようとすると、どうしても若干(?)ぎこちなくなっている気がします。。。
    ほめ言葉を言っている自分が恥ずかしい、みたいな?
    でも、英語だから少しは気が楽かな… (笑
    私も、daiさんみたいに、さりげなく、スマートに女性をほめられるようになりたいです。

    > 「服がいつもと違うね。デート用?嬉しいな」
    これいいですね! さっそく明日使ってみますw

    ところで、現在ほめ言葉のレパートリーが少ないので…
    もしよろしければ、「このほめ言葉は効果抜群だった!」というお話や、
    外国人女性から聞いた「こう言ってほめてほしい、ほめられたい」なんて
    お話がありましたら、ぜひお聞かせください。

    • dai より:

      褒め言葉、私も考えながら言っている感じです。まだまだ未熟です…^^;
      外見だけでなく、性格的な部分を褒めてあげると喜びますよね。

      友達付き合い、友人同士の集まりで、彼女の良い部分を見つけてあげて、それを褒めてあげると効果的ですw

  3. LP より:

    daiさん、

    なるほど。。。
    まだ、お互いの友達は会話ででしか出てきてないですが、会う機会、会わせる機会があったら積極的に性格的な部分を褒めてみます!

  4. Joe より:

    人は誰でも褒められたらうれしいものです。女性であろうが、白人であろうがそれは一緒ですよね。

    自分が素直にいいなと思ったことをそのまま口に出せるようになれるようになればいいのではないでしょうか。なかなか好きな女性とデートをしているときに言うのは緊張して難しいかもしれませんので、普段から男女問わず友達や店員さん、見知らぬ人に一言を言えるように練習するのが近道でしょう。

    これを言った方がいいというよりも普段からその人をよく注意をして観察することが重要なのではないでしょうか。外見に関しては特に言えると思います。男は女が髪形を変えても気づかない人が多いですよね。それに気付き一言”あれ髪の毛切った?似合ってるじゃん。”とすぐ言える人は褒め上手でしょう。

    デートに来る女は普通はおめかしをしてくるものです。その時によく観察をして、髪形、アクセサリー、服装、靴などに気にいったものがあれば一言”それ素敵だね。”と言ってあげればいいのです。女は支度に1時間も2時間もかけるものです。それも会いに行くあなたに認められたいがため、喜んでもらいたいためなのです。素敵な部分があればそれを褒めるのは男としてのマナーかもしれませんね。

    内面に関してはこう言えばいいなんてものはないんじゃないでしょうか。”君っていっつも元気そうで、見ているこっちも元気が湧いてくるよ!”なんて言うのはおっとりしている人に言えるわけもないし、いつもは元気でもその時へこんでいる彼女にそんなことを言っても何ともだし。

    五感を研ぎ澄まし、繊細な感覚で自分がいいと感じることを言葉や表情に表わせるようになれる人間になることがいいのではないかと思っています。

    • LP より:

      Joeさん、

      > 自分が素直にいいなと思ったことをそのまま口に出せるように~
      > 五感を研ぎ澄まし、繊細な感覚で~

      なるほど。。。
      確かに、今日のデートを思い返してみると…
      彼女をほめた部分は、私が「素直にいいな」って思ってた部分でした。
      無理に考えたり、定型文に当てはめたりする必要なんてないんですね!

      > 素敵な部分があればそれを褒めるのは男としてのマナーかもしれませんね。

      これ、とても良い考えですね。
      肝に銘じて、いろんな人に一言いう練習をしてみます。

      ちなみに…
      本日、Joeさんがアドバイスしてくださった、冗談のときに小突いたりハイタッチしたりする、というチャンスがあったので実行してみました。
      おかげで、彼女との距離が近くなった気がします。
      アドバイスしてくださってありがとうございます!

    • dai より:

      いつも最高のアドバイスありがとうございます!
      見知らぬ人に声をかける練習、これはいいですね!
      女性の髪の毛、結構見抜くのが難しいです。私の妻が髪の毛の色を染め変えたり、短く切っても見切れ無い時があります。
      色もそれほど変わっていないし、ほんの少ししかきりませんから、意地悪クイズみたいですw

      五感を研ぎ澄まし、彼女の長所を拾ってあげるのが良いというのがわかりました。
      ためになります!(゚д゚)