ロシア人女性の誕生パーティーに参加してきました

妻はロシア系なのでロシアやウクライナの人とすぐに打ち解けます。
先日、妻の友人のロシア人宅で誕生会があり、私と娘も同伴してきました。

ロシア人女性2名、ウクライナ人女性1名と妻、私、娘、ロシア人女性の息子が出席。

ロシアでの日常でのマナーについて気をつけたいことが記事になっていたので貼っておきます。

http://news.infoseek.co.jp/article/nanapi_00006585?p=2

上記のサイトにも書いてありますが、プレゼントはお菓子が無難です。誕生日プレゼントの場合は、服やアクセサリーなどでもOKですが、妻を見ていると、ちょっと家にお呼ばれした際はお菓子を持っていくようにしています。

ロシア人女性の一人は39歳独身ですが、外見は30前後に見えるほど若かったです。5年前にあった時よりも若やいでいたのでビックリ。よく、ロシア人女性は加齢とともに劣化する、太ると言われていますが、彼女を見た時は全くの正反対。最近の若い女性・・・というか、40代の女性でもスリムな人はたくさんいるので、体のケアや食生活も変わってきているのでしょうね。

もう一人のロシア人女性は日本人男性と結婚して一男をもうけています。
ホステスと客というありがちなパターンのカップル。私は、ホステスあがりの中国人女性と日本人男性のカップルは腐るほど見てきましたが、彼らは何となく陰りがあるというか、自分たちの出会いに対して何か後ろめたさを持っている人が多い気がします。方や、ロシア人女性とのカップルはそんな陰りや後ろめたさを感じさせません。

やはり、話を聞いていると純愛ですし、本当に好きあって結婚したのがわかります。
中国人女性ですと「金と国籍」が愛よりも優先しているケースが多いですな。

WS000019
2005年くらいまでは東欧やロシアの女性が『興業ビザ』での入国が可能でしたが、現在では厳しくなり、殆どなくなってしまいました。

まあ、売春、水商売での不正行為が横行したからでしょうけど、現在移民20万人などと言うくらいなら、まずはルールを整えた上でヨーロッパの可愛い子ちゃんたちの入国を緩くすればいいのに。本人たちも喜ぶし、日本男子も喜ぶw

外国人技能実習生は労働力ではないとしながらも、東京オリンピック、復興をするにあたって、人手不足を補うために外国人技能実習生が必要だと声高に言われています。

労働力扱いしているのは政府ですからね…。
労働関連法違反が相次いでいると言われている外国人技能実習生制度が機能しているんだから、髪金ちゃん達への規制を緩めて欲しいものですw

台湾馬英九総統に対して抗議デモ行っている学生たちの危惧はとてもよくわかるっ!
ロシア人女性に当時の仕事を聞いてみましたが、結構楽だったとのこと。

  • 日本人男性は優しく、ルールを守る
  • 酔っぱらいもいたけど、暴力を振るったりしない
  • 無理強いしない
  • 話の相槌を打っていれば、気を良くしてくれる
  • 金払いも良い

ロシアにはキャバクラはないからと言って、風俗業と比べることは出来ませんが、ホステス業は楽あったとのことでした。
日本人男性は無茶ぶりもしないし、割りと紳士だったそうです。欧米系のジェントルマンではないけど、ホステスだからと言って見下したりする人は、まずいなかったようです。

確かに、日本以外の国ではホステスや風俗産業に従事している女性をモノのように扱う人が多いですね…。

中国駐在時代に、日本式カラオケ店に行ったところ、中国人ホステスからは「韓国人の客は本当に嫌だ!酒を飲んで暴れるし、セック○しろとしつこく絡んでくる」と言われました。

現在、東南アジアで嫌われまくり、一番信用度の低い国は韓国ですから、発展途上国に行った時の韓国人の横暴さは相当なものなんでしょうね。
このロシア人女性も含めてですが、お店で働いていた女性たちは短大卒以上だそうで、言語習得も早く、コミュニケーション能力も高かったそうな。

もう一人のロシア人女性も、日本の某大手企業に務めていて、営業成績がナンバーワンらしいですw本当にすごいな^^;

あくまで、自分の周りだけですが、入国のきっかけが興業ビザでも生き方は様々でまともな人生だなと思いました。
だから、日本も一定のルールを設けた上で、ロシア、東欧、ウクライナ娘の入国を緩和して上げればいいのに…。

ロシア人女性による、国際結婚をしてみようスピーチ動画

PS.ロシア人同士での交流で大盛り上がりでした。私と娘、それから友人の息子さんは退屈仕掛けていましたので、三人で釣りに行ってきました^^;








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 昇り龍 より:

    興業ビザ撤廃の圧力を掛けてきたアメリカですが、
    ほんと今のアメリカはけち臭い国になってしまいました。
    自分が居たころはもう少しマシだったと感じますが、
    向こうの知り合いから話を聞くと、ビザ手続きや市民権取得の為に
    金と時間が必要なので日雇いで生活費を稼いでいるそうです。
    あれだけ広い国土と資源があるにも係わらず、実に勿体無い
    国家運営で更に移民を締め出してからはアメリカの魅力ともいえる
    ソフト・パワーが失われつつあります。
    前に東欧の女性と話をした時に、「以前はアメリカに移住したい
    と思ったけれど今は日本のほうが良いし、食事も美味しい」と
    言ってました。東欧出身でアメリカがあまり好きではない人は結構居ます。
    別の女性からは「アメリカは見かけは華やかだが中身は空っぽ」
    と言われた時には、アメリカ好きだった自分はショックを受けましたが、
    確かに今は見かけも空っぽそのものw
    でも相対的に日本の魅力がアップした事だと考えれば彼女らを
    迎え入れるチャンスですね。

    • dai より:

      金と時間が必要なんですね。真っ当に稼いでそれなりの期間を過ごさなければならないのは大変そうです。
      >言ってました。東欧出身でアメリカがあまり好きではない人は結構居ます。
      別の女性からは「アメリカは見かけは華やかだが中身は空っぽ」

      うむ…ずいぶん変わってしまいましたな…。
      その分日本の評価が上がり、最近は日本も勢いをつけてきたので、彼女たちもたくさんくるだろうな~w

  2. たこす より:

    日本人一人っていうパーティならこっちのものにする自信があるんだけどなw まあなかなかそんなこともなくてね… 日本人の方が多いパーティだと、周りの目があってなかなか行動に移しにくいです…

    他人の出逢いとか、結婚生活とか、どうでもいいです。ただ、当人同士がそれでいいんだらから、周りがとやかく言わなくていい!と僕は思ってます。

    近頃のアメリカは(といってもそれしか知らないんですが…)ダメですね。
    Pax Americanaはどこへ行ったんでしょう。アメリカはもっと強くあるべきです。世界の覇者から降りようとするから世界が混乱するんですよ。

    • dai より:

      >当人同士がそれでいいんだらから、周りがとやかく言わなくていい!と僕は思ってます。

      良い精神ですね!
      周りのことは気にせずマイペースで行きましょう!

    • 昇り龍 より:

      今のアメリカは本当に内向きで、若い人も
      新しいことに挑戦したがらないみたいです。
      それはそうとロシア語を勉強して彼女らと
      会話を楽しもうと日々、夢見ていますが(お陰で勉強が楽しい)w
      周りからよく「ロシア女性は直ぐに太る」なんて良く言われます。
      こちらにしてみたら余計なお世話だと思います。
      相手のことが好きであれば「痘痕もえくぼ」ですよね。
      今時のロシア娘は(例外を除いて)結構スリムだと思います。
      彼女らの唯一の弱点?であったものが克服されたので
      お付き合いをしないなんて勿体無いと信じております。