外国人女性にプレゼントするとしたらアクセサリーが無難?

先日は母の日でしたね。

私の娘も自分の母親に感謝するべく、カーネーションをプレゼントしていました。

小さな植木鉢に入ったカーネーションですが、手紙を添えて、ただ渡すだけでなくきちんと演出してプレゼントをしていました。

妻が二階にいる間、私と娘が1階の和室で待機。
娘「わあ!綺麗な花があるよッ!パパ見に来て!」

私「あっ!本当だ!どこからこんなきれいな花が来たんだろ!?」

娘「ママ~!綺麗な花が置いてあるよ~!」
なんとも可愛い茶番ですw7歳の娘が頑張って手紙を書いて、花をプレゼント。
愛の言葉とともに、

「勉強を教えてくれてありがとう」
「ご飯を作ってくれてありがとう」
「お仕事頑張っているね。ありがとう」
妻も嬉しくて泣いていました。

こんな娘に育ってくれて嬉しかったですわい…。私が子供ころはここまで考えが至りませんでした。
サプライズを演出したり、やはり娘は妻に似ているのでしょう^^
私は両親を呼んで、ベトナム料理をごちそうしました。
ベトナム料理などのアジア料理は基本的にハズレが無いですねw私も妻も母も大好きですし、値段もそれほど高くはありませんので大好きです。

父は自分がよく行くレストラン、食べ慣れた料理以外はあまり好まないし、また、レストランのベトナム人ウエイトレスの日本語が上手くないのでぶつくさ言って不満そうでした。私はそんなウエイトレスがエキゾチックでよかったと思いました。お茶のおかわりをしたら、普通に水を注ぎ足したりと可愛かったですw

さて、母の日に限らず、女性にプレゼントを贈るのはなかなか頭の痛い問題ですよね。

彼女が欲しがっていたバック、服が予め解っていたらいいのですが、毎回そうとは限りません。

「何が欲しい?」

と聞くと、

「無理しないで、気を使わなくても良いわよ」

と言われてしまい、彼女の配慮は大変ありがたいものの、何もプレゼントしないわけには行きません。

前にも書きましたが、やはりアクセサリー類が無難ですし、必ず喜んでくれます。
若い現金な女性だと、プレゼントよりも現金をくれだとか、旅行に連れて行ってくれと言う人もいるかもしれません。私はそんな女性と付き合ったことはないのですが、実際言われたらどんな気持ちがするんだろうな…。惚れぬいているので、恋は盲目と言わんばかりにその要望を叶えるために奔走してしまうのでしょうか。

服や靴をプレゼントするのも有効ですが、サイズがわからないと選べないし、また、彼女の服のサイズがわかり、それと同じ大きさの服を買っても、大きさが合わなかったということがよくあります。靴なんて表記されているサイズが同じでも、履いた時に実際のサイズが大きく異なることなんてザラですからね。

kennk

実用品は?
家庭に入った女性に実用品をプレゼントするのはありですが、記念日などの大切な日にプレゼントしても、まず、喜ばれることはないでしょう…。ましてや、付き合ったばかりのカップルではNGに近いかも…。ただ、彼女が心底欲しがっている物ならOKです。
はじめからどんなプレゼントを希望しているのかがわかっていれば、そのプレゼントが一番いいのでしょうけど、一般的に言って無難で確実に喜んでもらえる物といったらやはりアクセサリー類です。
アクセサリーが何故良いかというと、太古の昔から贈られて来たものだからだそうです。
特に首飾り、髪飾りなどは、大昔の人たちも身につけていたため、本能的に…までは言えないのでしょうが、そんな性質が残っているのかもしれません。

ティファニーはかなり値の張るブランド品ですが、アマゾンで購入できる並行輸入品であれば、安価で購入できます。

白人女性・外国人女性からバレンタインチョコをもらえるの?

男性だと髪飾りの選び方がわからないですよね。
一番いいのは彼女の友人や同僚からアドバイスをもらうことですが、それも難しい場合は、店員に聞くのが良いですw
私はプレゼント選びが下手なため、店員さんに彼女の髪の長さや色、質を伝えてそれに合うものを教えてもらってから購入していました。

予算にあったものも見繕ってくれるので有りがたかったです。
迷った時には昔から女性に喜ばれているアクセサリー類が良いですね!








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たこす より:

    あ〜はいはい、ごちそうさまw お腹いっぱい、僕もう食べれないw
    絶対この人(だいさん)本当はここに写真とか載せて自慢したいと思ってるだろうなwww 携帯の待受とか家族の写真とかなんだろうなw 休み時間のたびに奥さんと娘の写真眺めてるんだろうなw 机に絶対写真飾ってるよこの人w あーうらやましい!!!うらやましいぞ!(笑)

    娘「わあ!綺麗な花があるよッ!パパ見に来て!」
    私「あっ!本当だ!どこからこんなきれいな花が来たんだろ!?」
    …はいはいw
    すごく平凡だけど、こういうのっていいですよね。幸せってこういことなのかなって感じ。僕も将来こんな家庭が築きたいものです。

    こんなTwitterを紹介します。
    「社会に出てからずっと「どうしてお父さんは自分で稼いだお金を家族に使えるんだろう。こんなにがんばって稼いだお金を、人に」って不思議だったんだけど、ねぇ、それってさぁ、もしかして、愛なんじゃない?愛なんじゃないの?すごい。なんて不安定なもので成り立っているんだ、世界。」

    カッコよすぎるぜ親父ども!

    • dai より:

      どうもです^^
      ツイッターでの一言、確かにそのとおりだよな…。
      全部お金を預けちゃうなんて、日本男児は素敵すぎですな!
      後は、サラリーが上がればいいんですよね…^^;

  2. たこす より:

    さっきまで二人で話していたんですが、この子顔が広い… one of themから脱却する方法を教えてください!!!なんとしても付き合いたい! 焦りは禁物なのはわかりますが、不安です。

    • dai より:

      よくわかりますよ!
      私が妻と知り合ったばかりの時、彼女はすでに中国でほぼ一年を過ごしておりましたし、友人が沢山いて人気者でした。
      社交的で誰とでも仲良く慣れるタイプなので、私も不安に思っていました。

      一緒に昼ごはんを摂ったり、ちょっとした日用品を一緒に買いに行ったり…一緒にいる時間をつくろうと努力していましたね^^

  3. LP より:

    今のプレゼントは花で精一杯ですね。。。
    彼氏・彼女と呼べる間柄になってからアクセサリ類を考えてみます。

    しかし、

    > 店員さんに彼女の髪の長さや色、質を伝えてそれに合うものを
    > 教えてもらってから購入していました。

    っていいですね! アクセサリなんていままで買ったこと無いので、
    相手との今の関係がうまくいった時には、このテクを使用させていただきます!!

    • dai より:

      アクセサリーはかなり迷います^^;
      綺麗だし、どれも似あうなあ…と思ってしまうからだそうです。
      ですが、アクセサリーの予算を決めれば、割りと早く決まってしまうという…w

  4. たこす より:

    早すぎるとよく無いと外国人女性の友達に聞いたんですが、どうなんでしょうか?

    • dai より:

      状況がわからないので何とも言えませんが、まずは仲良くなってからでもいいと思います。

  5. Joe より:

    たこすさん、

    男として見てもらいたいなら、自分が彼女を女として見ていることを示すべきです。一度フレンドゾーンに入ってしまうとそこから出るのが難しいことがあります。(たこすさんはいい友達なんだけど男として見れないのってやつです。)

    時間を色々費やして結局そんなことを言われた日にはがっかりですよね。。

    2人で昼飯とかを一緒にしているのであれば、次は放課後とか休みの日に誘えばいいのはないですか? あとは相手に触れることです(以前にもコメントしたと思いますが)。そうすれば向こうも気づきます。あとは相手の反応を見るだけです。the rest of themは通常ビビって相手に触ることもしなければ、デートにも誘えないんです。他の誰かに取られてしまう前にアクションを起こしておくのは重要ですね。

    学校というセッティングなので、彼女と会う機会は必然とあるわけですから、焦る必要は全くないですね。

  6. たこす より:

    Joeさん>
    今日もサプライズでジュースあげました… 喜んでたけど、ちょっと恥ずかしがってました… 失敗かも… もう留学生の中に入っていけないw
    さりげなくボディタッチをしたりしましたが、本当にさりげなくだし、結構オープンな人たちなので、気がついてるかどうか… 外国人友達のいうとおり、今月はおとなしく熟成させて、来月アクションを起こすのがいいのでしょうか?まだ会って3日目ですし… 一応毎日会ってくれるつもりでいるようですが、まだまだ友達の域です。焦りは禁物、だけど時間が無い。恋愛って難しい。

  7. Joe より:

    確かに難しいですね〜。外野は自分を含めて言うのは容易いですからねー。しかし主役はたこすさん。どうこうするのも自分次第ですから、楽しむ余裕があるといいですね。

    いくつか思ったことを。

    1)失敗と思わないこと。自分が感じている世界がそのまま相手に伝わります。恥かかせちゃったかな、また会うの気まずいなーなんて思っていると相手側も会うのが気まずいですぞ。仮に相手がそう思っていても、自分が気にせず、今度あった時に笑顔で近寄ったら、相手も何だ気にすることなかったんだくらいで、今までの不安がバカみたいに思えるものです。

    2)ボディコンタクトは少しずつそしてエスカレートすることです。

    3)今月は熟成、来月はアクション。恋愛・人間関係はカレンダーのようには進みません。関係の温度、押しどころ引きどころを測れるといいですね。アクションを取るのは次回会う時かもしれないし、来月ではなくて、再来月かもしれません。

    4)学校という場では他の同級生も周りにいますし、同じソーシャルサークルの中での恋愛は周りの目が気になるかもしれませんね。こっそりと関係を深めていくというのがいいという場合もあるのでしょう。

  8. たこす より:

    Joeさん>
    2番についての解説をお願いします!

    • Joe より:

      最初は無難な場所から触れ始めます。肩や腕、冗談を言った時に小突くなど。たこすさんはこの辺りなのでしょうか。これをずっと繰り返していてもしょうがないので、次により少しずつプライベートな部分を触れるようにします。いきなりキスをするよりは、次に背中に手を当てる、腰に手を回す、手に触れる/握る、髪に触れる、耳に触れる、首に触れる、髪の匂いを嗅ぐ、抱き合うという具合に(順番はこうである必要はなく触れる場所の例です)進めるのがエスカレートするという意味です。ただより親密な触れ合いは2人きりでいる時の方がいいですよね。相手に拒絶された時は、慌てず、軽く謝りでもすれば良く、気にせずにまた少し時間がたったあとで再び触れ始め、相手がそれを受け入れるかどうかを試せばいいです。キスなんかですが、最初のアプローチを断わられることなどよくあります。でもそこで動じずに、機を見て二回目三回目とトライすると結局はうまく行くというのが普通ですね。これは知っておくと、拒絶された時に焦らずにすみます。女っていうのは多少の困難をかいくぐってでも奪いにきてくれる男に身を委ねるんですね〜。

      • Joe より:

        念のために、「拒絶」とはですが、、

        マジギレされたり、ビンタされたり、f#%k off,とかdon’t ever touch me againとかはほんとうにダメなので、再度トライしないでください。警察沙汰になっても困るので。。。

        そういうのではなく、
        軽く相手に静止させられる
        顔や体を背けられる
        We don’t know each other yet
        We just met
        I don’t know if we should do this
        こういうのが上のコメントでの拒絶でこういうのはまだ可能性があるので再度アタックするべきということです。:)

  9. たこす より:

    冷静に考えるとまだであって4日しかたっていないんですよね… 4日間毎日1時間程度、累計3時間と少ししか話してもいない… まだまだこれからですね。昼飯は2回二人で食べました。彼女は結構一人で食べることが多かったみたいです… あと他の留学生はあんまり僕をwelcomeしてくれないし…
    接触回数を少しずつ増やして行こうと思います。よっぽど変なところを触らない限り大丈夫そうですが、髪はかなりハードル高いですねw
    というか、そんなに毎日会いにに行ってもいいもんなんでしようか?今日はランチタイムに会いに行き、雨降りの授業終わりにたまたま(これは本当にたまたま)鉢合わせしたので、傘に入れてあげて駐輪場まで送って、自転車拭いてあげました。
    なんか毎日行くとあまりにも露骨でしょうか?留学生の授業のある建物に行くと、留学生に「あっ、また来たこいつw」と思われてる気がしてしまいますw

    • Joe より:

      なんだかいい感じそうですね〜。デートに誘うなり、体に触れるなりしてどういう反応を示すかで彼女がどういう風に思っているかというのがわかるのではないかと思います。

      2人で居る時にどんな話をしていますか?沢山一緒にいる機会があるようなので、話す内容も気にしたいですね。
      女は感情の生き物です。感情表現豊かな会話の方がいいですね。

      留学で日本来ている彼女にこんなのはどうでしょう。

      You’re very adventurous. You came all the way to Japan to study. It’s kind of cool. Why are you so passionate about Japan/Japanese? (彼女の答えに適当に返す)
      Actually I also want to study/work in Europe. It’s always been my dream. I find it really exciting to learn about different cultures and people. And it helps me to better understand my own culture too… You see what I mean?

      あくまでも例であり、話す内容は千差万別だと思いますが、キーワードはadventurous, passionate, dream, exciting といったところですねー。

  10. たこす より:

    Joeさん>
    デートは断られました… 流石にであって5日目ではダメでした… しかもそれに、「気分を悪くしちゃったらごめん、ただもっと君と話したかっただけなんだ」なんて墓穴を掘るようなメッセージを送ってしまって、泣きそうです。
    彼女には完全にばれています… まだ既読にはなっていないですが、読まれないよりいっそ既読スルーのほうが気が楽です…

  11. Joe より:

    確かに凹みますよね。でも良くあることです。
    まあでも、好きな女を誘って、たまたまタイミングが合わず断られたというだけです。ストーカーの様に相手が嫌がっているのにつきまとうのは別ですが、たこすさんは何にも悪いことはしていないし、誘われた方は好意を持ってくれている男がいることに関して内心は嬉しいんです。勇気を持って誘ったことは賞賛に値します。何にもできずに指咥えているだけの男の方がほとんどですから。まあ彼女はきっと親友や何かには男からデートに誘われちゃった、、、きゃっきゃっと話していると思いますが、暇な女にいい話題を提供できて良かったおもえばいいんです。

    このことはなかったことと思って、気にせずこれからも彼女に接するのが一番です。そしていい感じになってきたらまた誘ってみればどうですか。まだまだ可能性はあるはずです。

  12. たこす より:

    Joeさん>
    全く気にしていないようで、なにを謝ることがあるの?いつそう思ったの?と言われてしまいました… 考えすぎだったようです…
    月曜日に実際にあって見ないとなんとも言えませんが、今まで通り昼ごはんは一緒に食べてくれるようです。来週からはあまり「君は僕の太陽だ」的な発言は控えるようにします… *僕が言ったのはこれではないですw