急に白人女性が家に泊まりに来たのでびっくり!

こんなサイトを書いているものですから、白人女性に関しては敏感になりがちです。
街を歩いていて白人女性を見かければ、ついつい視線を向けてしまう…。

白人女性好きというのもあるのですが、それ以上にネタ探しの方に意識が行っているのでは?と、思うことがしばしばですw
さて、そんなある時、妻から「Yさんが今からうちに来るって」とのこと。

Yさんと言ったら、イギリス人女性の方(日本在住は13年。日本語ペラペラ。私も顔見知りです)。日本在住歴が長くて、旦那さんが日本人でした。旦那さんとの関係については聞いたことがないけど、昨年、彼女がイギリスに里帰りしてから、すでに6ヶ月が経過。家族に何か大変なことが起こったのか、ずいぶんと長期間の里帰りでした。

泊まるところがないから泊めて欲しいとのことで、友人宅を転々と回り、3週間ほど日本に滞在する予定だそうです。

妻からいきなりそんな話を聞かされたので、不思議に思っていました。

わざわざ他人の家に泊まり込まなくても、旦那さんの住んでいるマンションがあるのに・・・。

これはもしや?

その日に連絡があり、その日からうちに2連泊することになりました。
当初は荷物だけ置かせて欲しいということでしたが、急遽2泊。妻ももうすぐ出産という超身重なのによく引き受けた…。

年齢は私よりも4,5歳年上なんですけれども、出産経験が無いためと美容に力を入れているようで、30代前半、否、20代後半にも見えます。

「妻子持ちだけど、出産間近で節句るは2ヶ月以上ご無沙汰だから何するかわからないぞお~!」

んなこたーない!

一つ屋根の下で、妻子がいるのでそんな間違いは起こりません。

ただ、独特のワキガ臭と風呂あがりに薄いノースリーブでウロウロされると、男としてムラムラ・・・いや、クラクラしてしまったのは事実です。

スーツケースも2つ。ガッツリお泊りモード!

二日間滞在しましたが、ヨーロッパの人ってあまり構わなくても良いので気が楽です。
食事も作ってあげましたが、基本的に放置でした。

「冷蔵庫の中の物は勝手に使っていいから」

この一言で十分。

実際勝手に使いますしねw

日本人同士ですと、主人も客も気を使いすぎてしまい、食事に気を使ったり、寝床や部屋を徹底的に綺麗にしてしまいます。
もちろん、ささっと掃除はしましたが、それほど気を使うことはありませんでしたね。
で、肝心な点である「どうして自分の家に寝泊まりしないのか」について。

話によると、つい最近離婚してしまったそーな。

理由としては、

  1. 旦那が自分の親と不仲だから。
  2. 仕事で離れ離れになることが多いから

この2点だけでした。
1点目はともかく、2点目については、日本で一緒に暮らしていた時は離れ離れになっていなかったし、イギリスに一時里帰りした時に就職先を見つけたので、2点目は理由にならない気がします。

イギリスでの仕事が面白いわけでもなく、今の仕事を辞めたいと言っているので、仕事に情熱があるわけでもなく…。

きっと性格の不一致でしょうね。

旦那さんとはお会いしたことありませんが、イギリス人女性は「子どもは欲しくない」とよく言っていたので、この辺りにも原因がありそうですけど。

こちらの記事にも書きましたが、日本人と白人女性のカップルがまた一つ消えました…。

日本人男性と結婚した知人(ドイツ人女性)が別れてしまった

まあ、とにかく離婚していたことがわかったのでこちらとしては驚きです。

一緒に住んでいた日本のマンションもすでに売り払ったようで、住む場所がないので友人宅を回っているそうです。

特に困ったことはありませんでしたが、妻が言うにはかなりの大食漢だそうです。漢って男じゃないか^^;

「ずいぶん食べるわよ・・・気を付けて!」

tabe

気を付けてってw
私も週末を利用して食事を作ってあげましたが、大盛りのパスタもぺろりしましたし、ご飯も大盛りをぺろり。もちろんおかずもずいぶん食べていました。

それでもすごく痩せていて若若しいです。
でも、外国人の友人が遊びに来るって面白いですね。
何だかホームステイみたいでした。

次も他のお客さんが来ないかと楽しみにしております^^!








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 昇り龍 より:

    国際カップルが消えて残念です。
    その代わりに我々が頑張ればいい訳ですねw
    国際カップルが離婚すると「何々人だから駄目だ」
    等と訳見知り顔で言う人が居ますが、
    逆に日本人カップルが離婚すると「やっぱり関西人は駄目だよね」
    とはなりません(まあ外国人だから理由探しも面倒臭いので
    適当に理由を付けるのでしょうが。。。)
    しかし同国人の離婚率が上昇している現実を考えると
    (今では絶食系なる言葉まであるそうで、気が滅入る一方です)、
    国際カップルを推進する事も必要だと思います。

    • dai より:

      久々にあった知人が離婚していた…とは少々ショックでした。

      >国際カップルが離婚すると「何々人だから駄目だ」
      等と訳見知り顔で言う人が居ますが、
      逆に日本人カップルが離婚すると「やっぱり関西人は駄目だよね」
      とはなりません(まあ外国人だから理由探しも面倒臭いので
      適当に理由を付けるのでしょうが。。。)

      はい、そのとおりです。
      少しうまく行かないことがあると、すぐに何々人は・・・となりますよね。
      でも、日本人同士でも口喧嘩なんて日常的ですからなあ…。

      絶食系!w
      そんな言葉まで出てきたのですかW!というか、そんな人達がいることに驚きです。
      絶食してその先には何があるのか…。

  2. LP より:

    「○○だから」って言葉に出来るものって結局は表面的な理由なんでしょうね。

    ちなみに、最近花火一緒に見に行きました!
    でも、手をつなぐタイミングとチャンスがわからず…
    結局、その日はたわいもない会話ばかりで、あまり進展がなかったように感じます。
    それに、相手から「もっと落ち着いて」って言われてしまったので、
    自分から進展を作りにくいってのもあるんですけどね…

    毎回、デートに来てくれるのはとってもうれしいんですが…
    よく、海外の人って、告白しないとか、すぐ彼氏彼女ってはっきりした関係にならない、
    ってよく聞くのですが、そんな感じなのかなぁ…

    • dai より:

      ○◎だからは、本当に理由の後付ですよね。
      嫌いになれば何とでも言えます。

      花火行かれたんですね、ロマンチックでいいなあ。
      とても慎重というか、スローペースな方ですね!でも、デートを積み重ねているし、もっと落ち着いてとのことなので、ゆるりと攻めていけば城攻めも確実な気もしますね!

      >よく、海外の人って、告白しないとか、すぐ彼氏彼女ってはっきりした関係にならない、
      ってよく聞くのですが、そんな感じなのかなぁ…

      日本に慣れている人だと、日本人に合わせることもあるので、確かに見極めは難しそうですね。

      • Joe より:

        花火デートなんていいですね。何とも日本らしくて彼女も喜んだのではないでしょうか。

        告白、彼氏・彼女の関係。以前のDaiさんの記事にもありましたね。

        重要なのは言葉で何かを示すとか定義をするよりもどんなことを二人でしているかではないでしょうか。デートを頻繁にしているのであればお互い好いていて一緒にいたいということの表れですよね。

        セックスをすればそれは男と女の関係になったということがはっきりしますし、彼氏・彼女の1対1のmonogamous relationshipかどうかなんていうのは女に任せておけばいいのです。男の事を独り占めしたくなると、女は大概そういうことを聞いてきたり、話したり、他人に自分の彼氏だと紹介するものです。

        言葉よりも行動の方が正直です。

        彼女がLPさんの事をどう思っているかは彼女にしか分かりませんが、敢えて明らかにする必要はどうなんでしょう。。そんなことを心配に思っているとすればそれは相手に自信のなさとして伝わるだけかもしれないので、その時その時を二人で思いっきり楽しむことに集中してかつ手をつないだりできればいいですね。それが彼女の言う“もう少し落ち着いて”ということなのではないでしょうか。

        • LP より:

          Joeさん、

          > デートを頻繁にしているのであればお互い好いていて
          > 一緒にいたいということの表れですよね。
          と、私も思いたいのですが…今まで自分から好きになった人とうまくいったためしがないので、まったく自信を持てないんですよね。。。

          ただ、Joeさんのこの言葉を読んで、ハッとしました。
          > 彼氏・彼女の1対1のmonogamous relationshipか
          > どうかなんていうのは女に任せておけばいいのです。
          相手がどう思ってるか、なんてうだうだ気にしてても
          仕方がないですよね!

          「その時その時を二人で思いっきり楽しむことに集中して」
          ということを心に刻んで、今後もデートを重ねていきます。

          毎回、励まし&アドバイスありがとうございます!!

      • LP より:

        > ゆるりと攻めていけば城攻めも確実
        少しずつ着実に、って感じですね!

        > 日本に慣れている人だと、日本人に合わせることもあるので、
        しかし、今まで日本人の男性と付き合ったことあるのかが、
        気になるところですが…
        そんなこと気にしてても仕方ないですかね。。。

        • dai より:

          昔日本人とお付き合いしていた人だったんですね。
          でも、拝見したところいい感じだと思いますよ^^!!
          これからのご報告も楽しみにしています!

          • LP より:

            daiさん、

            いえいえ、「付き合っていたかどうか、が気になる」ということで、彼女の過去の恋愛については、気になるのですが、聞いたことないのでまったく知らないんです。。。

            本当ですか!? はい、今後も何かありましたらご報告します ^^

  3. たこす より:

    ついに京都では祇園祭の季節がやって来ました!

    最近は基本的に年上の日本人と留学生ばかりと遊ぶんですが、おかげで参っております… あいつら元気すぎます… 3時4時まで鴨川の河川敷で遊んだりして、めっちゃくちゃ楽しいです!深夜の鴨川はですね、外国人ばかりです!なかなか他のグループと関わることはないですが、他のグループも、留学生や仕事できてる外国人、外国人観光客がたくさんいて、とても国際的ですよ!
    他のグループにいた留学生がとってもかわいかった!あと、日本人男×白人女性のカップルも結構いますよ!男の方は、イケメンではなく、ものすごく普通のどちらかといえばぱっとしない、日本人でした… 安心したような、若干不思議な感じがしましたw

    この前いい話がありましたよ。鴨川沿いの京都の繁華街、河原町に先日クラブがオープンしました。オープン記念ということで、入場無料!これは行くだろ!ってみんな盛り上がったんですが、京都のクラブは20歳以上しか入れません… そこで、僕は帰るか、閉店までの1時間、外で待っておくと言ったら、中国人の友達が、「おれid何ももってないから、入れないわ。待ってる」といって、一緒に待っていてくれました。しかし、後でわかったのですが、彼はちゃんと在留カードも保険証も持っていました。夜の河原町は危ないし、退屈だろうからともっていないふりをしていたんです!いい奴ですよね。
    イタリア人の子は、友達です。それ以上にはなれそうにない… 色々違うから。

    • dai より:

      おお!割りと白人女性・日本人男性カップルが多いんですね!
      留学生がたくさんいる環境が身近にあるようで、たこすさんも選り取り見取りですなw

      やはり、京都ですから外国人にとっては古都留学なんて…日本の醍醐味である都市を日々堪能できるのでうってつけですね。

      パッとしない日本人男性ですか。意外とそんなもんですよね。もちろん私自身も含めて^^;

      中国の方とてもやさしいですね。ここまで優しくするのは、きっとたこすさんを信頼しているからだと思いますよ!
      こういった優しさにはいつも感心させられます。

    • 昇り龍 より:

      京都の鴨川沿いはこの時期は観光客が特に多いですよね。
      鞍馬にある川沿いの床に行ったことがあるのですが、
      やぶ蚊が沢山居ました。
      しかし今の京都は昔と違って、気軽に入れる飲食店が
      増えましたし、中国や台湾などからも修学旅行生が居ますよね。
      さあ~て自分は外国旅行の計画でも立てますか。