育児休暇を取得しよう!子どもが生まれた後も、若干精神的に不安定な状態が継続

タイトルほど大げさな内容ではありませんが、私の妻が子どもを出産してからも精神的、肉体的にかなり不安定です。

帝王切開にて出産しましたが、NHKの「あさいち」というテレビ番組で、一部の自然分娩した母親からは「帝王切開は楽」という意見があり驚きました。

出産時の痛みが、自然分娩と較べて少ないことからそのように言われていたようですが、帝王切開は、母体の体調を考慮した上での最後の手段であるし、母親自身が「帝王切開の方が楽だから」と言って選択しているわけではありません(日本での場合)。

術後の傷の痛み、自然分娩と較べて子宮の回復が遅かったり大変です。

何より傷の痛みが激しく、ベッドから起き上がったり、椅子から立ち上がるときには激痛が走ります。

とにかく、私の妻は妊娠中もいろいろと精神的に不安定でしたが、子どもがまだ小さく、傷口が痛いために怒りのはけ口がこちらに飛んできますw

ある意味、いつものことなんですが・・・^^;

白人女性は本当にわがままで自己主張が強すぎて日本人男性の手に余るのか?

私も育児休暇・・・というか溜まりに溜まった有給をここで消化中です。
女の子は比較的扱いやすいと聞きますが、それはある程度大きくなってからで、おむつ装着期間は男の子のほうが楽なような気がします。

確かに息子も夜中も泣くし、声もデカイですが、お腹がいっぱいになって、抱っこすればすぐに泣き止んで寝てしまいます。娘の時は、抱っこしようとお腹がいっぱいになろうと泣いてばかりでした。

最初の1ヶ月目は母親にとってかなりしんどい時期ですので、家事手伝いをしています。
いつも以上に怒りっぽいので、家事でのミス、妻と違ったやり方で物事を処理するとキツイ口調で叱られますw

そんなのはいつものことなので、かなり免疫は付いているし、何よりも子どもが可愛すぎるので、何を言われてようと右耳から左耳へと抜けて終わり。全く堪えませんw

改めて…外国人女性と付き合っていると、女性からの口撃に耐性がついた

「外国人女性は感情的になりやすい」というイメージがありますが、まさにそれを絵に描いたような感じです。

子供の面倒、家事、妻の代わりにやるのはかなり大変です^^;
日本では育児休暇として男性が休むのははばかられる社風、社会的雰囲気もあり、休暇が取りにくい環境にあります。日本人の知人も、「休みたいけど休みたい」と言っていますし、休んだとしても1日2日です。

もちろん、上記のような背景もあり、休みたくても休めない人が大半を占めていると思います。

ですが、イクメンがテレビや女性誌に多く取り上げられる昨今、あえてひねくれた目で見てみると、「長期休暇を取って家事・育児に没頭したいと思わない・・・」という人もいるでしょうね。うちの弟たち、知人の中にはかなり多いですwきちんと本音を言ってくれました。

確かに、慣れないことを、妻にグチグチ言われながらこなすのは、日々やり慣れている仕事の方が楽だと感じることもあります。

外国人女性と付き合うと精神的に強くなれる…。

「出勤してえ~、出張行きてえ~」

となるでしょうねw
仕事があって家庭があるのか、家庭があるから仕事があるのか・・・。

日本ではもちろん前者が当たり前でしょうが、昨今のブラック企業、流動的な経済状況を見てみると、そうも言えないです。

仕事は転職すれば何とかなるしね・・・。
欧米では、男性も育児休暇を積極的に取りますよね。
私の妻の知人たちは、

  • 第1子が生まれて嬉しくて退職
  • 育児休暇を1年取ることが許可されなかったので、キレて退職
  • 育児休暇のつもりが、だらだらと休みまくり、「育児退職」

バラエティに飛んだ人達ですが、兎にも角にもきちんと育休を取っています。

日本では取りにくいですが、外国人配偶者の場合は取って上げた方が後々良いです。
計算高いかもしれませんが、数年、10数年経った時「あの時、お父さんは育児休暇を取ってくれたんだ」となると、将来恨み言を言われることもなくなるし感謝されますw

ウクライナ女性と結婚した知人の男性は、出産日に取引先とキャバクラに行って泥酔。
未だに恨み節を聞かされております^^;

難しいかもしれませんが、可能な限り奥さんのためにも子どものためにも休暇をとってあげたほうが、夫婦生活が安定するはずです。外国人配偶者の場合は特に・・・。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たこす より:

    いや〜おめでとうございます!

    僕は彼女を作るのが先ですが、どうやったら彼女できるんでしょうか…

    ウクライナ女性と結婚した知人の男性は、出産日に取引先とキャバクラに行って泥酔。
    未だに恨み節を聞かされております^^;
    >
    当然です… これからも事あるごとに聞かせてやるべきです。

    ついに来週ヨーロッパへ旅立ちます!!!妹ちゃんに再会しますよ!春に生まれた妹ちゃんの妹にも初対面します!!!いやー楽しみだー
    それと10日間泊めてもらう、チェコの友人は、とっても可愛いです!なんか起きないかな〜笑笑笑 もう楽しみで仕方ないっす!

    • dai より:

      ありがとうございます!

      たこすさんならこの調子で行けばすぐにみつかりますよw
      出会いもあり、積極的ですしw

      しかも、来週ヨーロッパとはっ!妹さん周辺の人とも盛り上がれそうですし、チェコ人ですか!

      >それと10日間泊めてもらう、チェコの友人は、とっても可愛いです!なんか起きないかな〜笑笑笑 もう楽しみで仕方ないっす!

      いや~・・・もう、間違いないでしょ!

      英語力はたこすさんの努力の賜物ですが、やっぱり羨ましいですよ!
      その若さで英語が堪能、その積極性。

      たこすさんに外国語力があるのは、まさに虎が翼を得るようなもの。

      楽しんで、気を付けて行って来てくださいね!

  2. KT より:

    息子さん、おめでとうございます(*^^*)

    例の出産日にキャバクラ行って泥酔した

    男性、かなりの猛者ですね(((^_^;)。

    • dai より:

      ありがとうございます!
      全く・・・出産日にとんでもないw
      私が同様の事をしたら、間違いなく八つ裂きにされてしまいますわw

  3. hajnal より:

    だいさん、息子さんの誕生おめでとうございます!元気に育つといいですね(^^)
    たこすさん同様彼女が作るのが先ですがどうやったらできるんでしょうね…彼女…。せめて去年ハンガリーへ留学する前にこのサイトを知っていれば少しは違う結果になったであろおうに…ぐぬぬ。
    一つ質問ですが、海外では帝王切開って一般的なのでしょうか?だいさんの奥さんは二回とも帝王切開とのことでしたし。
    件の男性は…もう、救いようがありませんね!(^^;)

    • dai より:

      ありがとうございます!

      hajnal様も高校、もしくは大学生とお見受けしました。
      彼女・・・自分次第ですぐに出来るお年頃!私にとっては、是非振り返って見たい年代ですw

      ハンガリー留学中、もしくは経験者ですか!希少な人材ですめ!
      素敵な町並みと美女が目に浮かびます^^ハンガリーのお話でもお書きいただければ盛り上がります^^!

      海外の帝王切開・・・。
      私の妻は健康上、やむを得ずでした。第1子は妻の母国で、義姉が産婦人科医なので手術しました。
      第2子は日本でしました。

      義姉によると、医者が帝王切開を勧めるそうです。
      その方が、手術代も儲かるし、時間も掛からないからだそうです。
      その他の国の国の人にも聞いてみたところ、こういったケースが多いようです。

      • hajnal より:

        >彼女…自分次第ですぐに出来るお年頃!
        ううむ…はたしてそうなのでしょうか…?正直言って恋愛には疎すぎる身です故…。

         僕は留学を経験した身です。人も街並みも本当に綺麗!全然知らないところでしたがいってよかったって今本当に思っています! (^^)確かに美人多いですよ~ハンガリーwなんとうか先祖がアジア系でその血のおかげで白人の美しさ+アジア系のかわいさを併せ持っているほぼ生まれながらのハーフ美女達ですしねw
         
         帝王切開が多いのですね…なるほど…確かに普通に産む場合は時間がかかりますし母体への負担も大きいから、安全、迅速、そして医者も多くの金がもらえてまさにどちらにもプラスな帝王切開を使うのですね。でも見方を変えれば子宮を切り開くのですから子宮へのダメージにより妊娠しづらくなりそうですね…。

        • dai より:

          お若いので恋愛に疎くても普通ですよw
          なんて、偉そうに書きましたが、私も疎い方だと思います…w
          留学経験があると、将来とても役に立ちますよね!

          ハンガリーそれにしても美人が多いんですね~。程よい混血具合がまた何とも言えませんw
          そう言えば、ハンガリーの人とは知り合ったことがないなあ…。

  4. たこす より:

    hajnalさん!!!
    ハンガリー留学してたんですか?!
    失礼ですが、高校生ですか?

  5. hajnal より:

    はい、高校生です‼ 本当に向こうでの一年は楽しかったです‼m(。≧Д≦。)m

  6. Joe より:

    Daiさん、長男のご出産おめでとうございます。我が家では、妹が先月第一子を無事出産しました。赤ちゃんがいると何かみんな和やかになりますね〜。:)

    若い方の読者が多いようです期待が持てますね〜。

    彼女が早くできるといいですね〜。学生は特にひと夏の思い出みたいのがピッタリきます。
    まずはいろんな女の子と知り合って話して、女の子と一緒にいること話すことになれることが重要じゃないでしょうか〜。

    意中の人がいるにこしたことはないですが、狙った獲物を必ず捕らえれるなんていう人はなかなかいないので、うまくいかない時は次に目を向けることも重要ですね。世の中には自分が思っている以上に素敵な人がいるものです。それを見つけるか否かは自分次第だと思いますが。。

    • dai より:

      ありがとうございます!Joeさんの妹さんもおめでとうございます!

      そうですね!若い読者の方が多いので、次世代は国際カップルが増えそうです^^
      狙った獲物を得るのは難しいですし、何より面倒なのは獲物に夢中になりすぎて周囲が見えなくなってしまい、良い獲物を見逃してしまうことですかね^^;w

  7. たこす より:

    実は、僕の妹ちゃんは(hajnalさん他、いきなりでついて来られてない人のために言うと、去年うちにいた留学生の女の子ですw)ハンガリー人なんですよ〜とかいうと、いままでの投稿をわかる人がみたら、特定されちゃうんですが、まあいいやw なんか言われたら知らぬ存ぜぬで通すからw
    ハンガリーのどこにいたんですか?彼女の家はかなりの田舎にありますが、来週行きますよ!
    ハンガリーは美人が多いとのことですが、うちの妹ちゃんは美人ですよ〜他のハンガリー人よりもw
    留学中に服飾関係の知り合いに誘われて、モデルもしましたしね〜

    いろいろハンガリー留学のこと教えてくださいよ!実は、マイナーな国に住むのが夢なんですよ〜 シベリアのど真ん中とかw

    • dai より:

      すごい!モデルをやるとはかなりの美人ですね!
      夏のヨーロッパ…最高ですね!私も以前、真夏に妻の母国へ足を運びましたが、気候が日本と比べて涼しいし、白夜でしたので本当にファンタジーってかんじでした^^;

    • hajnal より:

      >たこすさん、
       すごい!いいですね~そんな美人の子を迎えることができただなんて…それもハンガリー人だなんて…。一度写真を拝見させていただきたいものです。(^^ 僕の家も一度ネパール人の留学生(男)を家に迎え入れたのですが家族と馬が合わなさすぎて家でいつも大騒動…。原因は厳しすぎるうちの父なのですが、その連日の大騒動で妹には留学と留学生への恐怖を植え付けられ、それ以降はだれも受け入れていません。ただでさえ辺鄙な田舎町だから外国人の人と会うチャンスもないのにそのわずかなチャンスすら消え去ってしまいました…Orz
       僕はハンガリーのSopronという町に住んでいました!オーストリアの国境沿いにある街でとてもきれいなところですよ!!妹さんは何処に住んでおられるのですか??村の名前と近くにある都市を言ってもらえばあとはだいたい特定できますw
       たこすさんはハンガリー語を話すことはできますか?もし日本人であるということがいえるのならそれだけでも大きなアドヴァンテージですよ!日常会話ができればさらにgood!ただ、もし白人ばっかり住んでいるような村だったら人種差別等は結構あると思います。事実僕が住んでいた町は白人ばっかでアジア人の僕は結構嫌がらせを受けましたから…。でもまぁ、そんなのは気にしない!どうせ民度の低い連中のやることですしね! 
      旅行楽しんできてくださいね!!

  8. 昇り龍 より:

    いや~~しかし日本は暑いですが、モスクワも
    他所も異常な暑さみたいです。
    経済制裁のせいでロシア人が文句を言っていますが、
    はっきり言って諸刃の剣でしょうね。経済がグローバル化してますから。
    皆さん、張り切って夏をのりこえて彼女をゲットしましょう!

    • dai より:

      モスクワですら異常な熱さですか…。
      ゆっくり台風と爆暑で日本列島もきついですよね。
      制裁しても、これだけグローバルだと流れは泊められそうもないですよねw

  9. つよし より:

    おひさしぶりです

    Daiさん、2人目のお子さんおめでとうございます!
    綺麗な奥さん、かわいい2人のこどもたちに囲まれてて羨ましいです!(見かけたことないですけど 笑)

    みんな楽しそうにしている中なんですが先日
    ひと夏の思い出を作る前に、夏を乗り越えることもなくアメリカ人の彼女にフラれました 笑
    けっこうショックです(゚д゚lll)

    たこすさん、hajnalさん、外国の女の子たちは優しく接しているとそのうち好かれます 笑
    あとは確かに自分次第です 笑

    めげないぞー

    • dai より:

      ご無沙汰しています!
      祝言、ありがとうございます!

      昼夜問わず泣くこともあるし、家事もしているので結構キツイですw仕事の方が楽w

      さて、人夏の思い出を作る前に別れてしまいましたか…。
      アメリカ人の彼女とは残念でしたが、この経験は間違いなく次のパツキン娘に活かせるはず( ゚д゚)!!

      >外国の女の子には優しく・・・

      仰るとおり!
      つよしさんを応援しています!!

  10. たこす より:

    hajnalさん
    ああ〜そっちの方じゃあないです。もっと南のクロアチアの方ですね。バカンスには毎年クロアチアに行くとか。結構お金持ちな家です。

    たこすさんはハンガリー語を話すことはできますか?
    >
    嗜む程度ですが…
    って言いたいところですが、そんなわけないじゃないですかw ハンガリー語なんて、こんにちはも忘れちゃいましたよw 唯一覚えてるのは、「いげん」?かな?はい、だった気がしますけど…

    人種差別はねえ、知らねえ。勝手にやってろよこのボケ…って感じですかね?あまりにも腹立つようなら、僕の怖い怖い地元弁で怒鳴り散らしてやりますよw まあそれは冗談ですが、気にしないようにします。
    ハンガリー語って死ぬほど難しいですけど、できるようになりましたか?あと失礼なんですが、なんでまたハンガリーに留学しようと思ったんですか?絶対変わり者ですよね?すごく僕と同じ匂いがするんですがw

    • hajnal より:

      >たこすさん、
       もっと南の方…ペーチュかセゲドの近くですか?確かにそのあたりのお金がある人は夏にはバカンスでクロアチアに行きますね~。ちなみに超個人的な意見ですがセゲドの方には美人が多いと思います。超個人的な意見ですがw

       えぇ、Igen(イゲン)であってますよ~。意味もそれでばっちりですw初めのうちは妹さんに手取り足取りでハンガリー語を教えてもらってはいかがですか?
      ちなみに「こんにちわ!」は’jó napot!(ヨー ナポト)’、「ありがとう」は’köszönöm(クスヌム)’、でもって「あなたのことが好きです」は’Szerelmes vagyok beled(セれルメシュ ヴァぢょク ベレド)’です。最後の文の発音の仕方で一部カタカナにひらがなが混じっているのはそこが特殊な発音だからです。(ハンガリー語のRはロシア語のрと同じような音です。Gyの発音については説明が難しすぎるので省略します。)

       僕がハンガリーに行ったのは僕が「留学しよう!」って決めた際にヨーロッパで行けた国がロシアか、ハンガリーだったんです。まぁ、ヨーロッパへ行きたかった理由が初めはドイツへ行きたかったんですが。とにかく決めた日が遅すぎていけるのはロシアか、ハンガリー。そしてどうせ行けるのならと「高校生の今しか行かないような日本で何も聞いたことのないハンガリーへ行こうじゃないか!」と決めたわけですw
       え、変わり者かって…当たり前じゃないですかwwたこすさんとおんなじ匂いがするかは分からないのですが、ロシアとハンガリーなら大半の人は諦めるかロシアへ行くでしょうから。おまけに理由が理由ですからねwwぶっ飛んでいるとしか言いようがないですよwww

  11. たこす より:

    いや、普通の人は、ハンガリーかロシアで悩んだら、大概またの機会にってなりますよwww
    僕はロシアかブラジル、東欧、南米に行きたかったけど、学校の関係で高校ではいけませんでした… だから、大学では南米に留学するつもりです。あっ、ちなみに今は、京都でスペイン語とロシア語やってます。ロシア語は全然できるようになる気がしないんですけどね… だっていままでの先生が日本人のおじさんだったから… 来期からはロシア人女性になるので、本気でやるかもしれませんけどw あっ、若い綺麗な先生ならねw

    「あなたのことが好きです」は’Szerelmes vagyok beled(セれルメシュ ヴァぢょク ベレド)’です。
    >
    わかってますねw こう言うのが知りたいんですよw

    正直に言うと、僕はハンガリー語やるつもりはないです… だって僕の妹ちゃんは日本語いまの時点でほぼ完璧だから!通訳はバッチリだしね。個人的にはチェコ語かポーランド語やりたいです。チェコ語は、チェコの友達がものすごく可愛いのでw

    来週から、うまいワインとビールを堪能して来ますよ!ではViszontlátásra

  12. hajnal より:

    だ、だいさーん…。今日ちょっとした都合で一泊二日で大阪に来ているのですがそのホテルでロシア人の女性たちを見かけ、帰ってきてから本のわずかにロシア語の語学書で学んだロシア語で話しかけたのです、здравствуйтеと。驚かれよろこばれたのはよかったのですが僕はこれ以上ロシア語が話せないので英語にシフト。すると彼女たちは英語が話ないということが判明…。英語で強引に話を進めていっても当然できないのだから話は盛り上がらない…。結果何だか悲惨な空気に…。もっとロシア語を勉強していたら…なんて今日ほど思った日はありません…。英語ありゃあといいやなんて思っていたのが恥ずかしいです。本当に悔しかったです…。今日は、泣かせてください…。 (´;ω;`)
    なんか変なところで愚痴を垂れてしまい本当に申し訳ありません…。家に帰ったら空き時間を見つけて最近やってないロシア語の勉強、この悔しさをバネに全力で頑張ります…!

    • dai より:

      おお!すごくアグレッシブでいいですね!
      私の高校時代は、こんなアグレッシブさなんてゼロでした^^;
      声をかけられるのは素晴らしいと思います。

      気まずい気分、わかります^^
      ですが、普通の高校生なら声もかけられないし、挨拶もできない。

      一番難しいとされる声掛けを行えたhajnalさんは、一線を超えた人ただと思います。

      前の記事で書いたかもしれませんが、私が大学生時代、ロシアンパブの女性と思しき人が駅前で客を呼び込み。
      私は気になって挨拶して話しかけたら、怖そうなお兄さんが寄ってきたので足早にその場をさりましたw

      こういう経験をすると外国語を頑張ろうという気になりますよね!
      どんな語学学習のうんちく本よりもモチベーションがあがります!