既婚者なのに未婚者ぶっても外国人女性にはモテませんぜ…

最近、育児のために休暇を取っているので、家にいることが多く、家事の合間に「昼ドラ」が見れるという恩恵に預かっています。

もう終わってしまいましたが、1960年代の小説「不信のとき」をリメイクした石黒賢、米倉涼子らが主演を務める同名のドラマが放送されていました。

10年近く前に放送されていたので、当時の人気振りはわかりませんが、先日9~最終話を視聴した時は修羅場だったので結構面白かったです。米倉涼子という美人の妻を持ちながら、浮気症の旦那石黒賢が、様々な女とチョメチョメするというベタベタの女の戦いドラマです。

60年代らしい、ある意味スッキリ、思いっきりな女と男の戦いでございました。

既婚者男性が浮気する時…というか、女性を引っ掛けようとする時って、妻をけなしたり、妻に蔑ろにされているかわいそうな男を演出します。もっと酷いのになると、独身の振りをすること。

既婚者男性が女性に、特定の女性にモテようとしたり、口説こうとする時に良く使う手かもしれませんが、これって逆効果なんですよね。

私達が結婚する前、妻も既婚者男性に口説かれたことが何度かあり、そんな時はいつも「俺は嫁とうまく行っていない」が二言目に来ていたようです。

そんなセリフを聞いた瞬間に興ざめ。

今までは、男性女性の話題以外で盛り上がっていて、男性が「知的であったり」「紳士的」「様々な経験を持った面白い人」と、評価していたのにこの一言を聞くと萎えてしまいます。

その話をする前までは、彼女も話を面白く聞いていて、笑顔で好奇心旺盛に聞いていたのでしょう。

そんな羨望の眼差しを男性たちは「落とすなら今だ」とか、「掴みはOK!そろそろ本題に…」と思っていたのでしょう。

でも、これはまともな女性には逆効果。

「その女性を選んだのはあんたよ」という気分にもなるそうです。

妻だけでなく、妻の友人たちも同意権。自分の選んだ女性を貶すのは、自分を貶めることと同義。

自分が一番大事にしなければならない人を他人の前で貶すのは、相手に不信感を与えます。

「この人と深い関係になったら、他人の前で悪く言われるのだわ…」

と。

逆に奥さんを大切にしている人ほど、女性にはモテている気がします。
私の職場や、取引先、知人を見てみてもそうですね。

30代で婚活に終止符を打った男

結婚して安定している人は、女性からも信頼されるので、近寄りやすい。
「相手は既婚者だし、奥さんを大切にしているから変なことは起きない」と、安心するのかもしれません^^;

私が女性だとして、ある夫婦の間がギスギスしている旦那が私に愚痴をこぼしたり、外出しようと迫ってきたら、気が気でなりません。仮に外でばったり会ったとしても、緊張しすぎて間が持ちませんよw

 

既婚者独特の安心感を与えつつ、普通に女性と付き合っていけば、もしかしたら深い仲に陥るのかもしませんが、この記事はそれをおすすめするものではございませんw

白人女性の内助の功。一見自己主張が強くわがままで女王様気取り…という見方もありますが、実は…?

相手を攻撃し、貶めることで自分や第三者の評価を上げる作戦なのでしょうけど、女性はそのように受け取らないんです。それよりも、悪口を言っているあなたの性格を見ているのです。

仮に酷い奥さんだとしても、他人の前ではボロクソに言わず、良い面を上げることですね。

あなたの家庭的な部分を見せてあげたほうが、信頼度が高まります。
私は男性ですが、会えば妻の悪口、酔えば妻の悪口ばかりいう人をみると、逆にその奥さんの味方になってしまいますし、何より引きます。

未婚の男性の方が、女性にモテる…のは、20代~30代前半ではないのかな…。

婚活で血走った目で男探しをしている女性たちの前では話は違ってきますが、職場や趣味などの社交場で知り合う女性に対しては、既婚男性でしっかりした家庭環境である人のほうが信頼を得られる気がします。

外国人女性との会話を続けていくための方法

決して収入などではなく、人間的な部分ですね。

女性は安定感を求めますので、不安定な人とは距離が出来てしまいます。

女性と仲良く(不倫や浮気ではなく)なるには、安心感と信頼を得ないといけないので、極端に自分の自由度(家庭なんて~、浮気上等)を吹聴するのは帰って逆効果ですな。

まあ、私の知らない世界ですが^^;更に深い関係になるとしても、より安心感、信頼感が必要です。

この男性とお付き合いしたらドロドロしそうと思われては終わりですし、仄かな恋心を持ってあなたと深い関係になりたいと思っても、「この人を家庭をぶっ壊して私のモノにしたい」と思っている人ってそんなに多くはないと思いますし…。

白人女性は、日本人女性と比べパートナーの浮気には非常に厳しい!

女性を大事にする人は既婚者だろうと未婚者だろうと信頼されます。既婚者じゃなくても、自分の彼女や元カノを外国人女性の前で批判しても高評価は得られません。覚えておくと良いですよ^^;!








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 猫好き より:

    だいさん、お久しぶりです。
    パソコンの新調による、久しぶりのコメントです。

    また時々コメントさせてもらいますね。
    さて、日本人男性とアメリカで出会い、結婚した白人女性のブログを見つけました。
    彼女は現在は東京での生活をブログに書いています。
    全文英語なので、勉強になりますね。
    ①how to get a Japanese boyfriend
    ②Texan in Tokyo
    の題名で検索すると、一番上に出てきます。

    • dai より:

      ご無沙汰です!
      上記ブログ、まだ見ていませんが、日本人男児と結婚した白人女性の手記は面白そうですね!

      これからもよろしくお願いします!

  2. まりりん より:

    私達が結婚する前、妻も既婚者男性に口説かれたことが何度かあり、そんな時はいつも「俺は嫁とうまく行っていない」が二言目に来ていたようです。→

    さすがだいさんの奥さま★ 視点が鋭い♪ 
    ハイ、私も興ざめしますね爆
    他の女性を口説く前にうまくいっていない嫁との関係を片付けろ
    話はそれからだ! でございます

    「その女性を選んだのはあんたよ」という気分にもなるそうです。
    妻だけでなく、妻の友人たちも同意権。自分の選んだ女性を貶すのは、自分を貶めることと同義。自分が一番大事にしなければならない人を他人の前で貶すのは、相手に不信感を与えます。→ まったく同感!

    ま~若くて経験のない女性はそこを勘違いして
    不倫に走ってしまうのでしょうが汗

    とはいいつつ、
    浮気は両方に問題があると思うのです。

    私はどちらも攻めません★

    大事なのは
    自分はどうするか?
    自分で決めてその決断に対して責任を取る

    妻子持ちの、言い訳男と不倫をを続けるなり、

    浮気されている女性の方だったら
    経済的に自立できない、今更働きなくないから
    夫が浮気しているのをわかっていても彼にしがみつくもの一興
    →私はぜっえたい嫌ですが。迷いなく、子供を連れて自立しますが。

    最悪なのは
    私は浮気された、不倫だって知らなかったと被害者意識を持つこと
    すべては己の選択です♪ 相手ののせいにしてはいけません★
    何をしてもいいけど、己のケツは己でふきましょう♪ でしょうか

    そして↓
    白人女性は、日本人女性と比べパートナーの浮気には非常に厳しい!
    女性を大事にする人は既婚者だろうと未婚者だろうと信頼されます。既婚者じゃなくても、自分の彼女や元カノを外国人女性の前で批判しても高評価は得られません。
    覚えておくと良いですよ^^;!

    まったくその通りですね★

    ちなみに
    香港人女性の前で元カノの話はタブーです

    うちの旦那も、前の彼女の話はしてくれませんね笑
    私は聞きたいのですが、すごく嫌がります笑

    • dai より:

      被害者意識を持ってしまうのが大半でしょうね。

      香港では元カノの話なんてしないんですね!
      かつてイギリス領だったために、魔大陸とは違ったところが多そうです。

      この前、ケーブルテレビでキョンシーが放送されていました。
      80年代の香港が舞台でしたが、心なしか今の中国・香港よりも豊かな感じでしたね。精神的にも物質的にも^^;