海外メディアが注目!日本で活躍するハーフタレントの魅力

日本で活躍するハーフタレントは日に日に増えていると言っていいほど、テレビをつけるとたいていハーフタレントを目にするようになりました。

ハーフタレントの勢いがすごい。テレビを見ても必ず出ている

日本のハーフタレントブームは、海外のメディアも注目するようになりました。

以下、記事抜粋です。
近年、日本の国際結婚は増加の一途にあり、その夫婦の間に生まれるハーフも増加している。在留外国人数は1989年度では130万人だったのに対し、2012年度では、200万人と緩やかではあるが増加している。婚姻件数全体に占める国際結婚の比率は、1989年度では3%だったのが、2006年度では6.1%と、在留外国人数の増加と比例して国際結婚の割合も高くなってきている。

日本の社会で活躍するハーフや、その取り巻く状況をAFPやディプロマット誌は大きく焦点を当てて紹介している。

【ハーフが日本社会を変える?】
AFPはハーフタレントのローラさんがしきたりの多い日本社会に食い込み、エンターテイメント業界を一新させた、と評している。

インタビューに対し、ローラさんは「私は見下した態度で話さないし、お笑い芸人でもない、ただ私は自分を隠さない。私がオープンになることでみんなをオープンにさせたい」と語っている。

ローラさんはエンターテイメント業界だけでなく、単一民族と言われている日本の“壁”をハーフが打ち砕いていることに同通信は大きな関心を抱いているようだ。ローラさん以外にも、2020年東京五輪招致の立役者の滝川クリステルさんやベッキーさんなどの活躍が日本を変えつつある、と紹介している。

また、「国籍は重要じゃないと思う。以前の日本人はオープンじゃないから、元気を分けてあげたいと思っていたけど、日本は元気になってきた」とも話している。

【タレントに熱狂する日本人】
AFPは、2002年の「ベッカム現象」を例に挙げ、日本人のタレント(有名人)崇拝は極端だと報じている。

しかし、ローラさんは有名になったことであまりストレスを感じないようだ。みんなが私を真似たら「クール」だと思うし、私が何かをすることで日本が少しでも良くなれば“最高”と話している。AFPはローラさんの魅力の一つに、ほっぺたを膨らますしぐさや、屈託のない笑顔が日本で熱狂的ファンをつくり、大ブレークを起こしていると伝えている。

このような無邪気なローラさんのようになりたいと思い、同じ服やバッグを買う日本の若い女性に、心理学者はアニメの世界のような「ベビーフェイス効果」を狙っているのでは、と指摘している。

【ハーフに寛容的になってきた日本】
ウェブ誌『ディプロマット』は、日本がハーフを徐々にではあるが受け入れてきた、と日本の国際化を評価している。

ハーフの2重国籍について、22歳までに国籍を決めないといけない日本の現行法を紹介しており、この法に違反しても罰則がないことに疑問を投げかけている。また、日本で生活していく上で賃貸契約に必要な日本人の保証人に対しても日本国籍でないハーフや外国人には未だにハードルが高い、と指摘している。

少子化の進展に伴い、経営資源の一つ人的資源の確保から見ても、ハーフを受け入れる法的土壌がないと日本の国際化を妨げる可能性になると警鐘を鳴らしている。

リンク元:http://news.infoseek.co.jp/article/newsphere_18760

白人崇拝、タレント崇拝だと短絡的に言うのは簡単だけど、ローラやその他のハーフタレントのお陰で白人女性が身近になったのは確かだと思います。個人的にローラのことは大好きですし^^あと、マギーも。マギー司郎じゃなくてね。

fffufufe

ただ、記事でも指摘している通り、アパート・マンションの賃貸、国籍については不便を感じることだし、私の娘や息子も現在は二重国籍ですが、いずれはひとつ選ばないといけません。

「国籍は国籍に過ぎない」と割り切れる中華系のようにほとんど悩まず、どんな国でも中国人として生きていく民族ばかりではないので、国籍問題は多くの人にとって人生に大きな影響を与えるものだと思います。

どちらか国籍を一つに絞れ!というのは、国籍にアイデンティティを抱いている人にとっては、片方のアイデンティティを捨てろと言っているようなもの。辛いことだと思うんですよね。

娘の気持ちになって考えようとしても、感覚的に理解できないので、親としてどう振る舞えばいいのか悩むんだろうな…。

で、ハーフタレントですが、確かに美男美女が多いからなあ…w
私はテレビや雑誌にハーフタレントがたくさん登場するのは一向にかまわないし、美人なら日本人でもハーフでも何でもいいとも思うし、美人でなくても面白い人ならいいという考えですwバラエティを一生懸命見る方ではないので、かなりいい加減です(笑)。

しかし、ちょっと違和感を感じるのが、『天才!志村動物園』のハーフタレントが人里離れた山小屋で、純日本産の犬たちを飼いならすコーナーがあります。

このコーナーの主旨を聞いたのですが、忘れました。
確か、日本の犬の可愛さをフェイスブックなどの媒体を使って世界に拡散するとか何とか。

ハーフタレントが犬とじゃれあっているだけで、中身の無い内容ですが、犬好きやハーフタレント好きにはたまらないコーナーかもしれません。
好きでもないタレントが犬とじゃれていても、私にとっては面白くもないし、妻も子供も「何でわざわざハーフタレントを使うんだろうね」と、疑問に思っていました。

ハーフタレントを見ものにしているのは、日本くらいなのかな?
欧米ではハーフなんてそこら中にいるし、ハーフだからといって特段目を引くこともないでしょう。

アジア系と白人系のハーフだと特別可愛く見えるのでしょう。セルビア人の方が言っていましたが、混血しまくっているので美人が多いと発言していましたね。

セルビア人の日本人への熱い思いに魂を打たれた…この思い…風化させてはならぬっ!

m010521

ハーフタレントがやたらと脚光を浴びているうちは、まだまだ日本に馴染んでいないって証拠。

だけど・・・ハーフタレント可愛いな^^








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 昇り龍 より:

    白人崇拝、結構じゃないですか。かわいいものや綺麗なもので
    あれば誰だって好きだと思います。個人的にはベトナムやインドの
    女性も好みですし、ローラは仕草もかわいいですね。
    ただ、昔の世代と違って欧米崇拝という風潮は消えつつあるとあると思います。
    少子化や巨大な負債など、世界に先駆けて日本は多くの問題を
    抱えていますが、諸外国はこれらの問題にそうやって日本人が
    対処するのかに関心があるそうです。日本はソフトパワーの国ですね。

    • dai より:

      可愛い娘、ウェルカム!w
      欧米崇拝というのは、若い世代ほど無いですね。私の世代でも欧米崇拝はほとんどいませんね。
      ハーフ人口が増えていったら、日本のハーフブームは続くのかなあ^^;

  2. たこす より:

    なんというか、性格的に合わないんでしょうねえ。一日中一緒にいても話すことないですから… ちょっといろいろあいそうにないです…
    あと、旅行は一人に限りますね。あまり興味のないところを連れ回され、恩着せがましく準備してやったと言われ、それに対する礼を言い、感想を言って褒め称える。そしてだんだん疲れてくると、相手もイライラし出し、険悪なムードになる。店を見つけても相手がいるので気を使って早めに切り上げる… 一人だったら数時間はここで掘り出し物を探せるような映画グッズショップをのがしてしまいました…

    話はごろっと変わりますが、やはりロシアは別格ですね!チェコやハンガリーも美人はいますが、ロシアほど多くはないと思います。ロシアに行ったことないですが、今日ものすごい美人軍団を見かけたので何人かと思ったら、案の定ロシア語でした。ロシアの観光客は多いようです。やばい!美人すぎ!

    あっ、だいさん、いずれハンガリーとチェコにも行ってくださいね。綺麗すぎます。そんなに多くに行ったわけではないですが、おそらくプラハは世界で最も美しい人間の作った街だと思います。絵になる。ぜひ一度行って見てください。物価は微妙に高いですが…

    • dai より:

      旅行中の気分、とてもわかりますw
      私も4人で旅行に行き、3人が愚痴ばかりで旅行がいやになりかけていたので、私はその後一人で旅行を続行。
      そのお友達はさておき、チェコ、ハンガリーは美人が本当に多そう!ロシア、ウクライナもやばすぎですな!!!

    • 昇り龍 より:

      たこすさん、とても楽しそうですね。性格の一致は重要ですし話題作りも確かに難しいですね。かつてクロアチアの娘さんとお付き合いしましたが、スラブ系といっても南系なのでロシアとも違う感じですね。チェコも綺麗な人が多いという話は聞きますが、日本人の好みから言うとウクライナ辺り?という感じはします。かわいくて性格の良い娘であれば何人でも歓迎ですよね。