外国人パートナーはマザコンが多いの?

インド人ってマザコンな男性が多いそうですね。

http://news.mynavi.jp/news/2015/01/20/210/

日本では母親と仲がいいとマザコンと思われる傾向があります。

携帯電話、メールのやり取りが少しばかり続くとすぐにマザコン扱いです。

日本ではマザコン=ださい男

海外ではマザコン=母親を大切にする男
人生の進路に干渉しまくり、息子の好みにも口出してくるのは誰が見てもマザコンだと思ってしまいますし、テレビで特集している海外のマザコン男性と言われている人たちもあまりにも行き過ぎていてマザコンだと思ってしまいます。

まあ、これは局側が極端な人たちを取材しているのでしょうけど。

ただ、マザコンの定義が日本とは違うとも感じられるのです。

海外では、母親を大切にするのはごく当たり前で、頻繁に連絡する。一緒に買物にも出かけるのが普通。

他人から「お前はマザコン(母親を大切思う気持ちが強い)だね!」と言われると嬉しいのかもしれません。

hugeagge

日本では、母親を愛しているとは口に出さないまでも、「好きだ」「大切に思っている」「よく話す」などと言うと、「お前はマザコンだな!」なんて言われかねませんよね。

マザコンという言い方は不適切ですが、現代の日本のように公共施設や病院、行政が整い、民間企業も顧客を裏切らないサービスが当たり前になっている社会では、実家を出て独立後親にお願いすることって他の国と比べて少ないと思うんですよね。

他の国は男女共働きでないと喰っていけないし、病院の看護婦だって信用ならない。就職するにしても親のコネを使ったり。両親や親戚の力を借りなければ生きづらい社会って海外にはたくさんあります。

自分を助けてくれる人、助けてくれた人と常日頃コミュニケーションをとったり、助けてくれた恩返しや感謝の気持を込めて母親と一緒に買い物に出かけたりすることってあると思うんですよ。
家族同士のコミュニケーションが希薄になっていると言われている日本ですが、他の国の家族は結びつきが強いですよね。

逆に母親を大切にしない外国人パートナーだとちょっと心配になりますよね^^;
多少マザコンだと感じても、それは別に悪いことではないんだなと思えればよろしいのではないでしょうか。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たこす より:

    全体的にヨーロッパ人は口で言うほど自活能力はないと思いますね。だってほとんど実家に住んでるから。料理も買い物も、掃除も洗濯も何にもできない。体ばっかり大きくても、生活能力は日本人の方がでかいかも。マンマがいないと何にもできないのいますよ。

    • dai より:

      結構自活力がないんですかっ!
      そう言えば、妻の友達でもずいぶんと援助を受けている男もいました。
      やはり家庭環境にもよるのでしょうね。

  2. クリス より:

    家族を大切にしなかったり、結び付きが希薄になっている国って世界でも珍しいですよね。

    何かと悪く言われる事の多いお隣の某国(自分はそんな風に思いませんが)は儒教思想が根底にあるので、独立しました~はい。終了!!なんてもってのほかだと思います。

    • dai より:

      家族との結びつきは大事だと…結婚して子供をもうけてから強く思いました。
      彼の国の親孝行は日本の比ではありませんね…。親の面倒をしっかり見るのは当然ですが、孝行の道徳だけはものすごくしっかりしている気がしますね。

  3. 昇り龍 より:

    イタリア人のイケ面男はマザコンで、そのせいなのか
    結婚出来ないみたいです。
    でも両親は溺愛しているのでそれはそれで良いのかも。
    新聞記事を読むと、アメリカの若者も自活が出来なくて
    両親と一緒に暮らしているそうですよ。
    日本はある意味、世界の先端を走っている国かも。

    • dai より:

      イタリアのマザコン男、確かテレビでも特集していました!
      結婚が遅れるのは悩ましいですが、幸せならそれも良しですな^^;

      アメリカの若者の自活が出来ないのは意外ですね。
      非常に独立心旺盛で、大学に入学してからは自分で生きていくための費用を稼いでいる人が多いとばかり思っていました。

      そう考えると…日本は割りとしっかりしているのかもしれませんね!