レディーファーストを利用して外国人女性に声をかけてみる!

先日、空手を習っていた頃の師範代とばったり再会しました。

その人は血気盛んで日本拳法の使い手でもあったので、寸止め空手なのに防具を装着してボコスカ殴ったり投げ飛ばすのが大好きでした。うちの流派ではこんな事をしてはいけないのですが、師範がいないと教え子に日本拳法の組手を強要してくる厄介な人でした。今思うと素行不良な人でしたね。練習、試合の時は。

私が当時(高校を卒業したばかりだったかな)白帯だった頃、この師範代と組手をすることになりました。殴られるのも怖かったし、そもそもこの師範代が怖い。2,3人茶帯をボコった後、私の番がやって来ました。

殴る蹴るだけでなく、投げ技、関節技も使ってOKとのこと。

私が柔道を習っていたのを知ってか知らずか、いきなり組み付いて来ました。奥襟をとって払腰で投げ飛ばしてやりました。体育館の床なので柔道場の畳と違い、投げられた時の衝撃は半端ありません。すかさず抑えこんでから腕ひしぎ逆十字固を極めてやりましたが参ったしません。本気で極めきったら骨折してしまうのでぎりぎりのところで止めましたが、それでも軽い捻挫にはなっていはずです。これ以上はまずいと思ってこちらから外した途端、一気に上になって殴りかかってきたので、下から道着の襟を掴んで絞め落としてやりました。

この師範代、公務員なのですが血気盛んすぎて常識に欠けることが多く、私がやめてからは、その空手の道場を出入り禁止になったそうです。

さて、

そんな昔話を電車の中でしていると、白人女性の二人組が私達の座っている目の前にやって来ました。年の功は20代後半くらいでしょうか。すると、やにわに師範代が立ち上がり「プリーズシットダウン!」と席を譲りました。

二人組なので私一人が座り続けるのもおかしいので、私も席を譲りました。

「サンキュー」

「ユアウェルカム」

で会話は終ってしまいました。

師範代曰く「やっぱり外国人女性にはレディーファーストだよな!」
まあ…間違ってはいないと思うんですけど、先程まで40代くらいの日本人女性が目の前に立っていたし、30代と思われる女性も立っていた。彼女たちには席を譲らないでなんで白人女性にだけ席を譲るんだろう…?

先ほど立っていた日本人女性は席を見つけて座っていましたが、その視線は鋭く私達の方を…見ている!そりゃあ確かにおかしいですよね。全然レディーファーストじゃない。いくら日本に欧米のようなレディーファーストがないと言っても、ここまであからさまにやると違和感が。

師範代の年齢は、現在御年50後半くらいですから、欧米人を見る感覚が私達の世代と違うのかもしれません。このサイトにコメントをくださる方は20代前半の方が多く、私よりも若い人たちなので、また感覚が違うかもしれません。

「さっきまで日本人女性が目の前に立っていたのに、どうして譲らなかったんですか?」

と、聞いたら、

「日本人女性だし席を譲られても困惑するし遠慮するに決まっているだろ。外国人なら心よく座ってくれるはず」

とのこと。
う~ん…一理あるけれど、日本人女性に席を譲らず、その後すぐにやって来た欧米人女性にあっさりと席を譲るのはどうも無理がある気がする。

外国人との恋愛をするには、駆け引きなしで素直にアタックすること

レディーファーストをナンパのツールに使う!

待てよ…。

まあ、難しい話はさておき。
これって外国人女性に声を掛ける時にものすごく使えるんじゃない?と思いました。
外国人観光客も増えているし欧米人女性のバックパッカーも都内を歩いていると、頻繁に見かけるようになりました。当然地下鉄やJRで移動する人も増えています。そんな時に、

「どうぞ。座ったら?」

と、席を勧めれば会話もしやすいですよね。
勇気が要りますが、相手は海外旅行でハイテンションになっているし、現地の人から話しかけられるのは悪い気しないはずです。逆に日本人男性がナンパするなんて珍しいケースかもしれないので、反応が良いかもしれません。

「どこから来たの?どこ行くの?」

と聞きやすいし、場所がわかったら案内するからと言ってついていくのも方法の一つですな…観光地の近くなら持って行きやすい展開ですよね。

電車、観光地以外でも家電製品、デパート。
観光客が買い物をしている時、店員さんとは主に片言の英語か日本語ですので、この会話に割って入って手助けしてあげたり。

下心ありありだけど、レディーファーストを上手く使ってコミュニケーションを円滑にできたら言うことなしですね!








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. クリス より:

    唐突にPlease sit downですか(・・;)
    逆に勇気が要るような気がw
    まあそこのファーストステップを乗り越えれば、後は勢いでポンポンと行けそう…なのかな?

    Please sit downでも構いませんが、ちょっとsit downでは失礼な感じがしますね。英語圏では犬とか動物等、目下の人に対して使います。

    紳士的に言うなら、Please have a seat. くらいが妥当です。意味は変わりませんが、ニュアンスの違いですね(^^)

    余計なお世話かも知れませんが、ちょっと英語をかじった人間の独り言ですm(_ _)m

    • dai より:

      Please sit downは私もドキッとしましたね。
      英語オンチの私ですらPlease have a seatが良いというのは覚えていました^^;
      この人、空手でもそうなんですがファーストコンタクトのジャブだけは強いんですww
      師範代に注意したら、「ソーリー!ソーリー」を連発しそうでやめておきました^^

      動物とかが相手なんですね。やはり師範代はちょっと常識の部分で欠けているところがあったんだなあ・・・。

  2. エイエイ より:

    私が柔道を習っていたのを知ってか知らずか、いきなり組み付いて来ました。奥襟をとって払腰で投げ飛ばしてやりました。体育館の床なので柔道場の畳と違い、投げられた時の衝撃は半端ありません。すかさず抑えこんでから腕ひしぎ逆十字固を極めてやりましたが参ったしません。本気で極めきったら骨折してしまうのでぎりぎりのところで止めましたが、それでも軽い捻挫にはなっていはずです。これ以上はまずいと思ってこちらから外した途端、一気に上になって殴りかかってきたので、下から道着の襟を掴んで絞め落としてやりました。 

    daiさんめちゃくちゃ強いですねw見事な裁き具合で!小学生の頃に警察道場での剣道が怖すぎて1年しかもたなかった僕も見習いたいです!すごい! 

    日本人には冷たくて欧米人には優しい、普通の日本人は欧米人はおろか日本人にも恥ずかしくて話せないのにその師範代はなかなかすごいですね・・・まあ粋じゃないかもしれませんがw 

    都心とかを歩いていると時々「今すれ違ったキレイな人に話しかけてたらどうなってたかなぁ・・・」と思う時があります。そもそも友達すら全然いないのでどんな話をすればいいかは全くわかりませんが、、、 
    欧米人女性のバックパッカーの方が増えてるんですね。日本人女性にすら声をかけられないのに、欧米の方・・・。通りすぎた人々が振り返って羨ましく見とれるだけで終わるはずの中でそこで自分ひとりが勇気をだして声をかけてみたら、って考えただけでもドキドキしますね・・・!
    欧米人「男性」の方も食わず嫌いせず話しかければお友達になれるかもですねw

    来年に大学受験も迫ってきてますが、勉強ついでに人との接し方も勉強したいですよトホホ・・・

    • dai より:

      柔道はめっちゃ弱いです^^;相手が柔道素人だったので決まりました。柔道は嫌だけど寝技は大好きだったのでブラジリアン柔術へ移行しました^^

      まさかあの時話しかけるとは思いませんでした。勇気というか…何事も脊髄反射的に行動する人なので、あの瞬間「譲るべし!」という電波が入ったのでしょうw

      >都心とかを歩いていると時々「今すれ違ったキレイな人に話しかけてたらどうなってたかなぁ・・・」と思う時があります。そもそも友達すら全然いないのでどんな話をすればいいかは全くわかりませんが、、、 
      欧米人女性のバックパッカーの方が増えてるんですね。日本人女性にすら声をかけられないのに、欧米の方・・・。通りすぎた人々が振り返って羨ましく見とれるだけで終わるはずの中でそこで自分ひとりが勇気をだして声をかけてみたら、って考えただけでもドキドキしますね・・・!

      気持ちわかりますw今でも時々そういう気になりますよ^^;
      私も10代の頃はまさにそんな感じでした。エイエイさんのような若くて面白そうな人だったら、すぐに仲良くなれそうです。友達になれたら本当楽しいですよね~!

  3. しろの より:

    私も初めて声をかけるまではどうしようか、無視されたら、イエローモンキーって思ってるんだろうか、マイナス方面のことばかり考えていました。
    そしていざ声をかけてみると、物凄く心臓がバクバクになるのですが
    有酸素運動を終えた後、呼吸が落ち着いてくるとスッと心が晴れるようなのと同じ感覚で、(私は運動が嫌いなので)やる前は嫌だなあ嫌だなあ….と思っていてもいざやってみると”意外に悪くないなあ”なんて思ったりしてやっぱりなんでもやってみるもんですね。確かに”ナンパとかそういうのならやめてくんない?”と言われたこともありましたが、私も海外に行って向こうから声をかけられたらたまらなく嬉しくなりますし外国人女性もそうであってほしいという希望的観測ですが…
    ただ3日ほど前に彼女に”初めて会ったとき僕があなたのこと好きだってのわかった?”と聞いたら”そりゃバレバレだったよwだけどこの人が告白してくれたらなーと思ったらしてくれて嬉しかったよ”と言われやはり女性にはバレバレなのかと感じた次第です(^o^;

    • dai より:

      初めて話しかけるのは勇気がいりますよね。
      話しかけた後は結果はどうあれプラスになったと実感できるし、好反応だったら達成感も得られますよね!

      確かにスポーツとおなじ感覚です!

      「相手が来るんじゃないか?」という雰囲気は何となく感じられることもありますよね~!そのドキドキがたまらないですな。

  4. ゆうと より:

    お久しぶりです、だいさん、相談に乗ってくれた猛者のみなさん。
    帰国して、彼女と話をしたところやっぱりフラれました。もう好きじゃないとのことです。やはり覚悟はしていましたが、いざ言われると奈落の底に落ちた感じがしますね。
    自暴自棄になり全てを忘れたく、4月からのアルバイトもフルで入れ、フラれた次の日から前から友達のルーマニア人,バルト三国の某国人,アメリカ人と毎日違う人とデートしているのが現状です。本当に最低なことだとわかっているので心のそこから楽しめないのが現状です……

    • しろの より:

      そうでしたか…
      僭越ながら様々な記事を読んでいく中でその記事に対するコメントからゆうとさんという人間を少し知っていたような気がする私ですが
      ここまで尽くしてくれる人でさえもフラれる…
      信じたくないですが…ただ、違う人とデートをして少しは気が晴れれば、
      彼女のことを忘れられて新しい恋のもとへ行って頂ければ、と願うばかりです。

    • dai より:

      別れてしまいましたか…残念でしたね…。
      言われた時の奈落の底に落ちた感覚、痛いほどわかります。
      フルアルバイト、他の友人と話しまくる…私もそうでした^^;全然最低ではありませんよ!心のバランスを取るのにはやむを得ませんよ!バイト、大学に行っている時は気が晴れましたが、家に帰って一人になると考えてしまいました。気晴らしは大事です!早く回復するよう祈っています!

  5. たこす より:

    明日は新しい留学生のオリエンテーションで話をしないといけないのですが、どうしようかな。。。かわいい子がいるかな

  6. ゆうと より:

    だいさん!しろのさん!
    友人に必死の思いで紹介してもらったフランス人の女の子と今日、話してきましたが金髪で緑の目で性格も明るく非常に僕の好みの女性のため早速、口説きまくってしまいましたw次は横浜へのデートの約束まで行きましたので、これは上手く決めたいですね!
    ここ1週間近く死んだような顔をしていると言われてきましたが、新たな希望が見えてきたのと、より良い女性が世の中にたくさんいることが分かったのと、1人の女性に固執することを止めたため、気持ちが和らいできました!早すぎる気がしますが……

    • dai より:

      ゆうとさん、早速行動していますね!好みもド・ストライク、それを逃さず速攻の口説き!デートもアポ済み!見事な肉食系!男度数も高いっすね~!行動したもの勝ちということを見事に証明していますね。

      1週間どお~んと落ち込んだということは、回復も早いはずです。希望が見えてくれば回復も更に早いし、早いに越したことはないですよ。

    • しろの より:

      いいですね!
      きっとその女性もゆうとはんに誘って頂いて嬉しいはずです(^o^)
      女性は一人だけじゃない、、、そう思って新たな恋が成就しますように!
      自己嫌悪に陥ってどこが悪かったのか、なんで自分ばっかと考えるより断然いいと思います(^^)

      • しろの より:

        ああ、すみません、、、
        ゆうとはんじゃなくてさんですタイプミスでした^^;