ヌーハラ(ヌードルハラスメント)について極めて当たり前の見解を述べる

最近よく聞くヌーハラ。

いまさらこの話題に触れるってのもねえ・・・。
一部の外国人観光客が嫌だと言っているものを、マスコミがさもすべての外国人が嫌がっている!と、大々的に報道しているだけだとはわかっているのですが…。ここはあえてそんな挑発に乗った形で書いていきましょう^^!

25321f1fe3996b2992d10b6f5d05ae00_s

娘が「ヌーハラって知ってる?最近問題になっているらしいよ?」というので、聞いてみたらヌードルハラスメントの略です。麺のハラスメント?なんだそりゃ?と、思ってテレビを見ていたら一発でわかりました。

来日する外国人観光客が激増し、ラーメン店や蕎麦屋、うどん屋で麺をすする時の音が、欧米系の外国人にとって耐え難いものになっている…とのことです。

つーか…

くだらんよっ!

外国人観光客って言ったって欧米系ばかりではないし、台湾や中国、ベトナムだって思い切りすすり上げて食べています。日本そばを啜る音っていい音だと思うんですけどね。趣もありますし。

 「日本にやってきたんだから我慢しろっ!」

ぶっちゃけこれが私の見解。
とは言え、誰の前でもガンガンすすってやれば良いというわけでもないでしょう。下記条件の場合、音を立てずに麺類を食べても良いと思います。

  • 日本にいる欧米人の彼女や友人がどうしてもすすり音が耐えられない。「お願いだからあなただけでもすする音は出さないで頂戴…」とつぶらな瞳で懇願された時。
  • あなたが外国のレストラン(特に欧米圏)で麺類を食べる時。

好きな彼女が「どうしてもこの音だけはダメなの…」と言ったら、あなたは構わずすすり音を強行するでしょうか?まだ付き合う前の段階だったら、良い印象を与えたいし、この程度のことを譲歩してあげることで、進展が望めそうであればいっそのこと音を立てない方が得策です。

逆に、普通の日本人の友人にはこんな事お願いできないけど、友達以上のあなただからこんなお願いをしているのだ…と考えることも出来ます。

彼女にとっても「私の主張を受入れてくれた。私のために努力してくれた」となりますし、もしあなたが今後、習慣上の違いで口論になった場合、今回の譲歩が優位に働くかもしれません(笑。

好きな彼女の要望とあればお安い御用だと思います。

また、親しくなった外国人の友人が「ちょっとヌードルのすすり音だけは耐えられないわ…。ガラスをキーキー引っ掻いている音を聞くのと同じ」と、言われたら…それでもあなたはすすり音を強行できますか?

結論としては彼女や友人の前では啜る音を少しでも抑える努力をして上げた方が良い。かと言って、ラーメン屋で見知らぬ外国人観光客のために気を遣って啜る音を我慢する必要はない。

聞いて嫌な音だとわかっても、これが日本。外国です。日本人だって外国に行って不便な思い、不快な思いをすることは多々あります。ちょうどいいじゃないですか。カルチャーショックを味わってもらいましょう。

「ああ、日本人はこんな野蛮な音を立てて麺をすするのね!」

  • 麺のすする音が嫌だから日本への留学を諦めた。
  • 日本駐在の仕事を断った。
  • 日本人の恋人と別れよう。

なんて人がいたとしても、そんな中途半端な覚悟だったら日本に来ても面白くないでしょう。どこの国へ言ってもブーたれる人種です。ほっときましょう。

外交人の彼女、友人が嫌だというのなら、音は立てない方が良い

私は妻の前では音を立てずに食べています。
中国に留学中でしたし、「いや、これは習慣なんだ」と言ってはみたものの、そこは日本ではありません。

「お互いの習慣をできるだけ尊重しよう」

が出会って、付き合って間もない二人のモットーでした。
すすり音をめちゃくちゃ嫌がる可愛い彼女の前では、そんな習慣などあまりに無力っ!彼女の心情を考えなくとも…譲歩しても痛くも痒くもありません。

「ワイドナショー」でもヌーハラが取り上げられ、コメンテーターの松本人志が、

「あの人達(欧米系の人)は麺類をすすれないんですよ!すすれないから、麺をすすれる我々日本人に嫉妬しとるんですよ!」

こんな内容を言っていました。
嫉妬しているからはわかりませんが^^;、すすれない人はかなり多いんですよね。知人のルーマニア人女性2名、スイス人女性、ドイツ人女性はすすれないと言っていました。

う~ん…流石まっちゃん!物知りだっ!








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たこす より:

    だいさんの言うとおりですよ。なんでもハラスメント付ければいいってもんじゃない。自分の文化圏の習慣以外受け入れられないなら来ていただかなくて結構。所詮訪日外国人は2000万人が限度なんだからキチンと日本を尊重してくれる人だけ来ればいい。

    僕の留学生の友人たちはだいたい受け入れて、頑張ってすすろうとしてる子たちもいますよ。もっとも、僕も偉そうに啜り方を教授してますが、実は熱いのを音立てて啜るのは苦手で、ほとんどの場合ハフハフしながら食べてるエセ日本人ですが(笑)

    • dai より:

      おっしゃる通り最近は何でもハラスメントくっつけますよね。
      日本に観光に来て、立ち食いそば屋にすぐ入って啜る音に耐えきれなかったら、その時点で詰みっ!慣れてもらうしかありませんな!

      たこすさんの周辺の留学生たちは頑張っていますね!すすろうとしてるのはなんだか健気で微笑ましいです^^!私も熱いのはダメですね~。冷ましてから食べる派ですっ!

  2. しろの より:

    いやはや、今はそんな言葉まであるんですね。
    セクハラ、パワハラ、マタハラ、エイハラの次はヌーハラですか。
    確かに、向こうの人は麺をすする音が嫌いと聞きますね。
    私はいいのか悪いのか、そばやうどん、ラーメンもどうやってすすればいいのかわからず
    ちょっと引っ張って食べては歯でちぎって、また食べての繰り返しですw
    だからその点では苦労していないですが、
    確かに日本人は少し外国人に合わせすぎというか海外からどう見られているか、いくら島国とは言え気にしすぎな気もします。

    英語がろくに話せない日本人が外国に行ったって特段気を使ってはくれませんし(韓国は店員が日本語を喋れたり日本語のメニューが用意してあったりすることもありますが)
    その国の文化を尊重して当たり前、従わないなら来なくていいよと言われるのに日本じゃ
    店員がなんとか英語で言いたいことを伝えようとしたり、外国人が何かが嫌いと聞いたら一目散にそれをやめようとしたり…
    ましてやメディアが○○は外国人に嫌われるからやらないようにしようって、それただの欧米化じゃないのと思いますね。

    • dai より:

      何ハラばかりの造語が目立ちますな~。。。
      もともと啜らない派ですかっ!しろのさんタイプは珍しいですね。

      海外のちょっとした意見に流されすぎ!
      気にしすぎ!
      過剰反応しすぎっ!

      日本人が外国に行っても、相手側は知らん顔ですよね^^;。
      その通りだと思います。

      麺類の音ごときでガタガタ抜かすなっ!
      店員さんも無理して英語を話すよりも、一切手加減せずに普通に日本語で答えてしまうのもありかもしれませんね。

      中国にいた頃しどろもどろの中国語で話しかけて、意味が通じず、

      「はあ~~~~っ(# ゚Д゚)?」

      とやられたことなんて数え切れいないほどあります。

      あ、でも、英語が母語でない人が一生懸命英語で話している可能性もあるので、一概日本語でゴリ押すのもまずいか・・・。

      まあ、英語ができなくても気遣いと気持ちが伝わるおもてなしができるのが、日本人のよいところだと思うので、なんとかなりそうですね!

  3. tsujitsuji より:

    まったく同感です!♪
    我々の食文化への越権行為ですな‼ 

    ハバロフスクの友人家族へカップラーメンを持参して(そこの娘が日清のカップラーメン、Seafood味が大好き)、みんなで食べた事があります。土地の人たちの食べ方に敬意を表してすすりませんでしたが、やっぱ美味しくなかったです…。(((^_^;)

    • dai より:

      ほんと、麺類の啜る音までいちゃもんつけられた無くないですね。
      カップラーメンは外国の方に受けますな~。カップ麺て世界のどこにも置いて有りそうですけど、もしそうだとしたら素晴らしい発明のような気がします。