外国人女性とお付き合いする覚悟

外国人男性(白人男性)と日本人女性が恋愛するパターンはよく見かけますが、彼女たちも恋愛を始める前、始めてから結婚に至るまで、また、幸いに結婚できたとしても様々な葛藤や悩みがついて回ります。

日本人女性が気にすること

  1. 両親(特に父親)によく思われない
  2. 外国人好きの同性の友達にやっかみを受ける
  3. 外国人との恋愛経験があると、日本人男性とのコンパなどで低評価を受ける
  4. 海外嫌いの日本人男性からよく思われない
  5. 物好きに思われる

よくありがちな出来事をあげてみました。日本人男性にとっては上記5点のような問題はほぼ無いでしょう^^あったとしても普通にスルーできる問題ですし、全く気にしないでしょう。

外国人女性と遠距離恋愛中の外野からの冷やかし

外国人とお付き合いするのは一体どんな感じなのか?私は恋愛する前はそんなこと考えたこともありませんでしたし、付き合い始めてから色々考え始めるのが普通だと思います。

自分たちの置かれた状況によっても違いますが、自分の母国か相手の国か第三国か、現在就職中か学生か、遠距離なのか一緒に暮らしているか…。一般的な心構えとして注意点をあげてみたいと思います。

相手の文化や価値観を知る

「異文化交流=良いこと」みたいなイメージですよね。パートナーによっては文化、価値観を知らされる、押し付けられることもあるでしょう。むしろ、一緒に暮らしていると強制、二人の間の隔たりとなっていきます。

月1回、2回の開かれる外国人との交流会でお互いの文化を知る程度は悪くないと思います。浅い付き合いで時たま会って食事をする、話をする程度ならかわいいものです。

ただし、カップルまたは夫婦となって長い時間を過ごしていく上では、必ず文化風習、価値観の押しつけ、強制が行われます。

外国人と結婚した人達の共通点を複数のカップルに聞いてみた

自分の意見をもたなければならない

何度も書いていますが、以心伝心はありません。特に欧米系。アジア系は若干通ずるところもありますが、多くはお互いの勘ぐりが外れる場合がほとんどです。お互いの違いを話し合える、どっち付かずではいられない時があります。自分の両親、相手の両親、子供の教育から始まって週末の過ごし方まで幅広いです。

愛のある喧嘩、痴話喧嘩は必要悪!我慢、グッと抑えることだけが人生じゃない!

一緒に暮らしていく=結婚

日本人同士の恋愛のように「毎週末デートを繰り返して、同棲して、それから結婚するか考える」ことができません。相手もしくはあなたが長期滞在ビザでも持っていたら別ですけど、それですら時間に限りがあります。

ズルズルと恋愛するのはお互いにとって時間のロスですし、自分も相手も不安になります。1,2年付き合ったら結婚をどうしても意識してしまう。意識せざるおえないんですね。

遠距離になったとしても、前向きなビジョンを持って取り組んでいくことが大切です。

遠距離国際恋愛を上手い具合に続けて当面の目標である結婚にまで行き着くための5つのステップ

遠距離恋愛の不安感

離れ離れになったら、ちょっとメールの返信が遅いだけで不安になる。スカイプでの表情、話す態度が冷たいように感じる…。もしかして浮気しているんじゃないか?邪推しまくりです。邪推しても意味がありません。自分の心が病んでいくだけです。

「自分だけ愛の言葉を伝えるのは損」
「相手の愛の言葉を受けてから言おう」
「相手から返信が無いのでメールは書かない」

私が見てきた国際カップルはこういうことばかり言っていました。恋愛に損得勘定は持ち込まない。損したっていいんです。男性の方からとにかく愛情を伝えること。それで駄目だったら仕方ありません。

不安との葛藤と日々戦う。これも国際恋愛です。

外国人女性パートナーと遠距離国際恋愛中でのコミュニケーションの取り方

たくましくならなければならない

外国で暮らす場合、日本で暮らす場合よりも更にたくましくならなければなりません。日々の生活も外国語ですし、彼女に甘えすぎて負担にならないようにする。

また、日本で暮らす場合は彼女を守るためにビザの手続きや生活保障をしっかり整えなければなりません。
文化の壁、言葉の壁、親の壁、場合によっては偏見もあるでしょう。これらを乗り越えて結婚し、結婚してからも継続して続いていくこの壁。自分で体験しないとわからないことばかりですが、外国人を好きになった時のために片隅に置いといてください。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    つ、ついに更新が…!
    ブラウザが8個くらいよくアクセスするサイトにワンクリックで飛べるように勝手になってるのですがこちらのサイトをほぼ毎日のように見に来ても長らく更新がなく、2-3月だし、だいさんも忙しいのかとか色々考えてしまいしましたが^_^;

    この1ヶ月間くらいで起こったことは
    なぜかこちらが全くアプローチしたこともない黒人女性から告白され軽くあしらったこと、以前コメントで言った「もしかしたら彼氏が浮気してるかもしれないの」って相談してきた女性が日本に来て彼氏にあってよかったよかったと思ったこと

    くらいなんですが、その黒人女性は何がわからんかというとこちらはあくまでイギリス英語を学びたいだけ向こうは日本語が学びたいからって事で時々話してて、
    (言い方は悪いですけど)暇なときに話し相手になってくれる都合の良い相手としか思っていなかったため、告白されても…という感じで^_^;

    そして例の彼氏が浮気してるかも問題の女性なんですが、彼氏と幸せそうな2ショット…をInstagramにアップするのはまあわかるとしても、いっときは彼氏のこと疑ってたんだなあと思うとどうしても人様のことながら将来どうなるんだろうなあと思ってしまいす^^;

    本当に、バイト先の人からもネット上でしか会ったことがない人からも会ったことがある人からも恋愛相談恋愛相談で、恋愛経験がほぼないワシに聞かれても役に立たんよ と言いたいくらいですw

    それで結局、最初から自分はこうって意見を持っているからこちらが何を言っても大して聞いてないんですよね。ただ、浮気してるかも、とか彼氏が私の事もう好きじゃないかもというのを聞いてもらいたいだけでw

    浮気を疑っていて相談してきてこちらが色々言っても最後は
    でも、彼を信じてるから…
    はぁ…色々考えた時間を返してくれ、ですね笑

    • dai より:

      毎日来てくださりありがとうございます…っ!
      仕事も忙しかったのですが、インフルエンザに罹ってしまい寝込んでおりました。
      しろのさん周辺では色々あったようですね。

      って…。黒人女性から告白されたのですかっ!?男としては嬉しい限りじゃないですか!そう言えば、黒人女性の友達っていたことがありません。

      ネットでの恋愛相談が流行っているのか…^^

      >それで結局、最初から自分はこうって意見を持っているからこちらが何を言っても大して聞いてないんですよね。ただ、浮気してるかも、とか彼氏が私の事もう好きじゃないかもというのを聞いてもらいたいだけでw

      浮気を疑っていて相談してきてこちらが色々言っても最後は
      でも、彼を信じてるから…

      そうなんですよね。
      結局答えは自分でわかっているけど、何故か他人に言いたくなってしまう心理。万国共通なのかな?

      • しろの より:

        なんとインフルエンザに。大変でしたね。

        確かにそんな気はなくとも
        告白されると誰かに魅力的にうつってるというのが客観的にわかっていいですよね。

        何か、むしろ、意識しないで接してたほうがよく見せられる…んですかね。

        今の彼女に対しては会ったその日から好きです好きです心から状態でしたけど
        その黒人女性にも、以前告白された白人女性にも全くそんな気は抱いておらず、
        I love youって日本語でどうやって言うの?と聞かれてこうこうこうだよと言ったらもういきなりそれを言ってきまして^_^;

        その癖、彼女ができる前から親交があった白人女性は彼女ができたと言った後から既読無視はされるわ返信が超超超遅くなるわで散々なのですが…

        だいさんが以前書かれてたみたいに同時に複数の白人女性をムフフなんてことは考えてませんが普通に話す分にも一ヶ月たってから返信ってされるともう悲しくなりますねw

        • dai より:

          彼女がいる時が一番モテる気がします。
          >その黒人女性にも、以前告白された白人女性にも全くそんな気は抱いておらず、
          I love youって日本語でどうやって言うの?と聞かれてこうこうこうだよと言ったらもういきなりそれを言ってきまして^_^;

          ええ!すごいモテっぷり!言われてみたいですわ~…。

          友人女性の露骨な豹変ぶりw

  2. ヨーシー より:

    daiさん。私は貴方のブログに感謝してます。
    もしこのブログにたどり着かなかったら
    私は自分で自分の選択肢を狭めていたかもしれません。
    この記事の内容も心に沁みます。
    国際恋愛や国際結婚は凄く大変なことだと理解できました。チャラチャラしたひとは絶対に真似できない、薔薇の道です。
    でも私はスラブ系やマジャール人が好みなのです(理由が不純 笑) 自分に厳しくしていきたいと思います!

    そう言えば、黒人ではなくてメキシカンかもしれないですが 女性アマチュアMMA総合格闘技(ブラジリアン柔術家)選手に猛アプローチされたことがありましたよ笑
    びびって逃げました 笑
    黒人男性からアプローチされたこともありました。こわいいいい 笑

    • dai より:

      お褒めいただきありがとうございます!
      国際結婚、恋愛は熱いうちに打てっ!だと思います。好きなうちに何でもかんでも決めておかないと行けない反面、相手もしっかり見定めなければならない。
      これも今度書こうかなと思います。

      MMA相応格闘技選手からアプローチ!
      階級はどれくらいでしょうか?^^;
      私にとってはどストライクです。ムキムキ、ムチムチポッちゃりの女性最高です。いいなあ~!
      男性はあれですけど^^;

  3. こう より:

    お久しぶりです。就職活動がスタートし、なかなか見る機会がありませんでした。

    報告ですが、アメリカ人の彼女と別れる結果になりました。。。友達ということで落ち着きましたが、今回の記事はズバズバと刺さるものがありましたね(笑)
    やはり、文化や宗教が違い、それを考慮した不安感は彼女は常に持っていました。日本人は割と、無神論者が多い気がします。僕自身そうで、実際になにか行事がある時以外は、対して神などというものに思いを馳せることはないですが、彼女などは、やはりキリスト教で、しかも彼女の場合は、親が教会で働いているなど、普通のアメリカ人よりも信仰が強く、聖書に従うように生きてきたようで、キリスト教以外の人と結婚することは罪だと言うときもあり、文化・宗教・思想の違いは国際恋愛において重要なことだと身に染みて感じましたね。
    あとは、やはり「遠距離」ですね。いくらSNS等が発展し繋がれるとはいえ、肌身でお互いを感じれないというのは寂しいものです。また彼女が落ち込んでいて言葉をかけてもそれはしょせん「言葉」でしかないので、やはり触れ合うというのは重要と感じましたね。
    まあ、まだ若いですし、国際恋愛への情熱は尽きるどころか、もはや日本人の女性で
    欲情することが少なくなってきたほどなので、これからもがんばります!!(笑)

    • dai より:

      お久しぶりです!就職活動は売り手市場と聞いていますが、やっぱり学生にとって就職活動は大きな山場ですよね。

      アメリカ女性と分かれてしまいましたか…。
      宗教の違いは如何ともしがたいです。私もこうさんと同様に何かあったときでないと神様を意識しません。神社に行った時くらいですよ。

      遠距離も確かに辛い。

      やはり欲情こそすべての力の源泉…新しい武勇伝楽しみにしています!