小さい頃からインターナショナルスクールで学ばせるのはどーなの?

芸能人が自分の子供をインターナショナルスクールに通わせているのを耳にしたことがあります。他にも経済的に余裕のある家庭の子弟、両親が海外赴任を控えており、子どもたちにどうしても英語を覚えてもらいたい。など通わせる理由は様々です。

子供をインターナショナルスクールに通わせるなんて、全体から見たら少数派です。

しかし、

  • 経済的に余裕があるから。
  • 子供をグローバルな人材に育てたいから。
  • 英語を話せるようになりたいから。

過去にこんな記事(バイリンガルに育てるためには親も努力しなければならない)を書いていました。確かにバイリンガルになるためには子供の頃から外国語学習をした方が有利です。ただ、小さい頃からなんとなくふんわりとした理由だけでインターナショナルスクールに通わせるのはいかがなものかと感じております。

両親が日本生まれ日本育ちの日本人なのに子供をインターナショナルスクールに入校させる

  • 片親が英語を母語としている。
  • 将来的に外国人配偶者である母国で暮らす予定。

ならば、百歩譲って良いと思うのですが、両親が日本育ちの日本生まれの日本人なのに、子供をインターナショナルスクールに通わせるのはどうなのでしょう。家で日本語、学校では全て英語。1日24時間のうち、学校で友人や教師と話す時間の方が長いわけですから、主な思考方法が英語になってしまいます。授業内容はよくわかりませんが、おそらく日本の公立学校が行う授業を英語で行っているのではなく、英語を母語とする国々の価値観によって授業が行われているはずです。

そうなりますと、一般的な日本人の思考方法と違いが出てきますし、価値観が大きく異なります。価値観や思考方法は人それぞれと言いたいのですが、家族単位で見るとこれほど大きな問題はありません。小学校4年生くらいまではいいでしょう。早い子ですと、5年生あたりから反抗的になってきますし、女の子ですと異性を気にしだす年頃です。家族は子供の変化を日々感じさせられます。

日本語と英語は文法構造が全く違いますし、目的語の順番が逆になります。子供の場合、日本語一つだけで生きている人達と比べ、ときには日本語、ときには英語で思考する子どもたちはどうしても思考力が低くなってしまいます。そのため、家族ですら自分の子供達の考えていることがわからないこともあります。子供をインターナショナルスクールに通わせている親はまともに英語を話せないはずです。子どもたちが英語で悩みを打ち明けたら、両親は聞き取れるのか。微妙なニュアンスが聞き取れるのか。両親に悩みを打ち明けても、わかってもらえない。

「グローバルな時代だから英語くらい話せなくちゃ」
「英語は幼児期の頃から刷り込むべし。インターナショナルスクールに通わせるべし」

インターナショナルスクールに入校させられ、その挙句、日本語で両親にまともに相談事一つできない。家族という最小単位の共同体で孤立させられて、健全に生きていくことはできません。家庭で孤立してしまった子どもたちが、真っ当な人生を送る事ができるのか?思春期になって家族の中で孤立する、親の顔を見たくない子供は、普通の日本人家庭でも起こりうることですが、彼らの場合日本語というごく当たり前の共通言語があり、話そうと思えば話せるのです。しかし、彼らの場合は家庭の中で言葉が、意思が通じないのです。

「うちの子も思春期でね~」

なんて一言で片付けて良いことではありません。

日本人の外国語学習と外国人の外国語学習の違い

日本人男性と中国人女性のカップル

私の知人でも子供をインターナショナルスクールに通わせている人が二人います。

彼らは中国、日本と駐在しており、今後もその他の国に駐在する可能性もあります。

中国人女性は母語である中国語と日本語がほんの少し話せます。二人は中国で知り合いました。息子は中国語と英語が話せるようです。家庭では、父と話す時は英語。母と話す時は中国語です。両親の共通言語は中国語です。が、彼の中国語力はお世辞にも高いと言えません。私もうまくはありませんが、正直私の半分程度の中国語力です。

子供は日本語が全くできないので、インターナショナルスクールに通わせています。

駐在する可能性があるというだけで、自分の子供に英語を覚えるようにさせるのはいかがなものかと不思議に思いました。まずは何より両親の母語である日本語と中国語を習得させるようにすべきだと思います。

「日本語を子供に教えるつもりはないの?」

と、聞いたら「覚えてもらわなくても良い」即答していました。

まあ、彼は日本社会が嫌いで逃げるように海外で働いていました。絶対に日本で働きたくない、日本社会が嫌だと言っています。でも、彼のリスペクトできる点は、日本の愚痴を言うだけでなく、そのための努力を一切惜しまずに向上心があることです。言語を磨くための努力、資格を取るためには労力を惜しみません。

彼らも良かれと思って子供をインターナショナルスクールに入校させています。グローバルな人材、将来英語力で苦労させないようにという親心でしょう。でも、それと引き換えに失うものもあるということを知っておかなければならないでしょう。

かたや我が家は?

娘は母親と話す時はロシア語と日本語です。私と話す時は日本語。三人で話をする時は日本語です。長男はまだ話し始めたばかりですが日本語です。

娘は普通の日本の公立学校に通っていますので、考え方も日本人的であり、日本語で物事を考えています。その分ロシア語はいわゆる外国人が話すようなロシア語だそうです。これから、日本語で母親とお悩み相談をすることが多くなります。

日本人の価値観を推し量り、相談に乗らなければならないので、今後悩むのは私の妻だと思います。娘は今父親が大嫌いな時期なようで^^;、相談事はまず妻にします。妻から私に話が来ます。

娘は日本的な考え方ですから、遠慮したり、恥ずかしがる、他人の目を気にすることが多いです。それが理解できず、妻は「そんなの気にしないでいい。相手に直接伝えなさい」と言っています。確かに、そうなんですが、それが言えなくて子供も悩んでいます。

私の意見を妻に伝えて、妻から娘に伝えてもらっています。うちの娘は他の娘よりもちょっと反抗期が来るのが早いようです。父親とは話したくない、一緒に出かけたくないお年頃。難しいですな。

娘には、日本語とロシア語さえしっかりやればいいから。英語のことはそんなに焦らなくて良い(妻は英語を勉強させようと必死です)。とにかく日本語の読み物をたくさん読むように、国語力をつけるように伝えています。本を読みまくっていれば言語力だけでなく、理解力も増します。文章を読解して、物事を解決するのは国語だけではありません。数学、理科、社会全てそうです。また、社会人になってから、どんな仕事をするにしても、言語力、理解力は問われます。妻はよく頑張っていると思います。8歳まではソ連人でした。ソ連崩壊により、共通語がひっくり返された経験を持っています。また、多民族国家であるため、複数の言語を使いこなせないと生きづらいという土壌で育ってきたのですから、単一言語では不安である気持ちはわかります。

国際結婚の子女教育は本当に難しいと思います。特に中学、高校の多感な時期は大変だろうな。両親の育ってきた環境が全く違うわけですから。今まで、外国人パートナーとうまく付き合うための国際恋愛、国際結婚について書いてきました。今までの記事を見ると、カップルの問題を取り上げてばかりでしたが、今後は国際結婚後の子育てについても色々と考えていかなければなあ…と。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こう より:

    お久しぶりです。
    私事ですが、就活も無事終わり、生活も落ち着いてきました^^

    自分が、白人女性と結婚したい理由の一つに、やはりかわいい子供が欲しい!!っていうのがあります。恥ずかしながら・・w
    将来は、子供にも英語を話せるようになってもらいたいと常々思いますが、そういう学校に通わせるかと言われるとちょっとな・・と思います。
    英語を話せるようにするというのみの目的であれば、やはり親次第でどうにかなるかなと思ってしまいます。お金の面もありますし。
    余談ですが、僕は小さいころ、父親に英語の教育テレビ(NHKとか)のビデオを毎日30分くらい見せられてました。すごい嫌で、全く続かず、止めて、また言われて見てを繰り返してました。今現在、よく外国の方と話しますが、発音とかが日本人っぽくないと言われることが多々あります。よく考えれば、父親の無理強いで見せてた英語のビデオとかが知らない間に役に立ってたのかなと今は思います。よく発音とかは小さい頃からしてると良くなると言いますし。
    そういった感じで、親のどちらかが英語圏で、私の親のようなやり方をしてるだけでもだいぶ将来の言語レベルというのは変わるんじゃないかなと思うので、一概にインターナショナルスクールに行かせないと!!ってわけでないなと思いますね。
    まとまらず、ちょっとめちゃくちゃな内容ですいません。

    • dai より:

      無事、就活終わりましたか!いや~良かったです!さすが早いですね!私は大学四年生の12月にようやく終えましたよ^^;

      本当におめでとうございます!

      そうなんですよね。教育って親の経済力が物を言うと思います。自分が親になってつくづく感じますわい…。
      お父様、英語の教育に熱心だったんですね。親の心意気も子供の将来を左右しますね。立派だと思います。
      おっしゃる通り英語圏だからといって、無理やりインターナショナルスクールに通わせる親の方が少ないですね。知人のイギリス、オーストラリア、アメリカ人も自分たちの子供を公立学校に通わせていることが多いですし^^;

      でも、英語音痴には英語力は羨ましすぎます!

  2. Tomo より:

    初めてコメントします。
    Tomoと申します。
    ここ最近白人女性に関して調べまくっていた所、こちらのサイトに辿り着きました。面白い記事ばかりですごく楽しんで読んでいます。
    突然ですが質問があります(今回の記事内容と無関係で大変恐縮ですが…)

    まず自分について話させて下さい。
    自分は今19歳の日本人男です。中高一貫校に通っていたため女性関係はほとんどありませんでしたが、唯一できた彼女は2歳下のドイツ人の女の子でした。その子とは中学3年生のアイルランド研修の時に出会って、自分から告白して付き合い始めました(キスとかいろいろしたので彼女のはずです笑)
    実質会っていた時間は1週間ほどしかありませんでした。
    帰国してからはSkypeなどで連絡はずっとしていましたが、会わずに約5年も経ってしまいました。自分としては唯一できた彼女だから絶対手放したくないという気持ちでした(結局会いに行かなかった自分はダメな奴だと思います)
    そんななか、今月末辺りに自分がドイツに赴いて会うことになりました。彼女は今も自分をboyfriendと言ってくれていて、彼女の実家に泊まらせてくれるとのことです(ドイツの10代では結構普通のことらしいです)
    もちろん自分は今も彼女のことが大好きですが、直接会って彼女の気持ちを確かめたり、これからのことを話したいと思っています。

    ここで本題なのですが、上手くことが運べば彼女と初めてすることになると思います。ですが自分童貞なんです…。もう不安しかないです。上手く白人女性とするのにぜひ何かアドバイスを下さい!!

    いきなりの下ネタと長文、失礼しました…

    • dai より:

      はじめまして!コメントありがとうございました!
      楽しんでいただけて光栄です。
      ドイツ人の女の子とうまくいっているようで何よりです!短期間で一気に距離を詰めてしまうとは、19歳にして恐ろしいまでの手練手管の強者じゃないですか^^!!私の方が相談に乗りたいくらいですよ。

      素直に行きましょう!童貞だろうと何であろうと関係ありません。むしろプラスに働くと思います。
      上手い下手なんてわかりっこありません。
      月並みな言い方ですが、大好きであることを伝えられたら十分ですし。

      「じゃあこれからどうするの?」

      と、聞かれたら、将来的に実現したいこと(ドイツに留学したいなどなど)を率直に答えれば良いと思います。
      将来的に前向きな言葉は女性の心をつかめますよ(ただし嘘はだめ)!

      • Tomo より:

        返信ありがとうございます‼︎

        プラスに行くことを願って童貞かどうか関係なく頑張ってアタックしてみます笑

        将来的なことを話すのは好印象なんですね‼︎
        自分もドイツ留学などいろいろ考えていますが、相手はあんまり将来的なことは考えていないようです。
        (まだ17歳ですし、そもそも5年も会ってないのでは仕方ないのかもしれませんが…)
        他にも彼女の気持ちに不明瞭な所が多少あったりします。

        とにかく、今回の訪独でたっぷり話し合ってきますのでまたこちらに報告させて頂ければと思います。
        ありがとうございました!!

        • dai より:

          応援しています!
          道中お気をつけください。
          うまくいくことを日本で祈っています!

  3. しろの より:

    このサイト様は、確かに環境と状況からして当然なのかもしれませんが、記事が日を追うごとに成長していく不思議なところですねw

    果たして、じゃあダイさんが60になっても70になってもこのサイトが続いているのかはわかりませんが
    既にここまででもロングランですもんね〜

    ダイさんの息子さんやら娘さんやらが結婚するところまで記事になろうものなら最早感慨深いんでしょうねw

    ところで、気が早いなんてもんじゃないのですが、それこそ今回の記事のような話を時々します。

    日本に住むならそりゃ日本語をあんた(彼女)もある程度わからなきゃ子供は日本語ばかりの環境で過ごすんだから、と言ったり、でも日本語から英語 英語から日本語などのいわゆるテストの為の英語は日本語の細かいニュアンスのことを考えて私(自分)のほうが向いてるんじゃないと言ったり、
    でも私の英語もネイティブ並とはもちろんいかないので英語でわからないことがあったら彼女にに聞いて私が理解して子供に伝えるのがいいんじゃないかって言ったり…あれやこれやと話しました。

    ただ向こうはインターナショナルスクールという考えはなさそうですね。

    それならアメリカで普通の学校行くのと変わらんと思っているのかもしれません。

    ただ難しいのは、問題が言語だけじゃないってことなんですよね。

    外国で生まれ育つと外国の考え(向こうからすれば日本は外国ですからこちらも然り)があるもんですから 日本人的にこっちが正しいと思ったりアメリカ人的にこっちが正しいと思ったりでそれを聞かされる子供はどうなのよと思いますね。

    ただ少なくともアメリカではこうだから日本のここがおかしい、は通じないとは言ったことがあります。
    そしたらプリプリ怒ってましたがw

    難しいところですね〜なんて言っていながら
    7年くらい付き合っていた私の姉とその彼氏が破局寸前とのことで、
    こちらも釣った魚に餌はやらないスタイルはやっぱりいかんなと思った次第ですw

    • dai より:

      ありがとうございます!文章が下手くそで困っております^^;
      褒めてくださって本当に嬉しいです。

      そうですよね~。サイトやテレビで取り上げられるのは国際恋愛・結婚の若いカップル、小さな子供がいる若いカップルが多いですが、これが40代、50代、60代…となっていきます。

      縁起でもないことを書いてしまいますが、どちらかが病気、死んだ場合どうするのかなども記事の内容になるんでしょうね…。一生書き続けたら良いと思っています^^今は若い読者さんたちがコメントをくださいますが、今後はコメント欄が高齢化していくかもしれませんね^^;

      しろのさんはしっかりしてらっしゃるので、結婚してからの夫婦関係、親子関係、教育をきちんとやっていけそうですね。両国の違いと言うのは、若い付き合ったばかりの頃よりも、年を取ってからの方が目につくようになります。最近感じていることを今度あげつらってみます。

      今後とも宜しくお願い致します!

  4. しろの より:

    先日ふと、昔の人って風呂もろくに入れなかっただろうに体臭はどんなもんだったのか気になってヤフー知恵袋を覗いていましたら関連質問のところに

    やっぱり白人女性のアソコは臭いですか?

    という質問(解決済みでしたので私が嬉々と回答することはできませんでしたがw)がありまして、よし見てみるかと見ましたら

    人によるみたいですが慣れるみたいですよ
    (URL)

    って回答があって、おう、そんなことを書いているサイトが(このサイト様以外)他にもあるのかとURLを開きましたら
    ほうほう、このブログの著者は、うん、むしろ好き、へぇ〜 ナポレオンの逸話、うんうん、

    赤の他人の匂いはともかく、好きな女性がワキガ持ちでも全然平気なだいです。

    っておーい\(^o^)/
    なんと、だいさんのアメブロのほうでしたw

    個人的な考えとしてはやはりデオドラントをつけるのが当たり前になっている為、特段体臭が!というのは感じないですね。

    寧ろ(日本人嫌いというわけじゃないですよ)自分が気づかない故にバンバンワキガが臭ってくるおじさんとか、風呂の封水筒を外すと臭ってくる強烈な臭いみたいな口臭のおじさんとか多分前の日の夜風呂に入って朝起きてそのまま電車に乗ってきたんだろうみたいな汗臭いおじさんとかが日本人に多すぎて、自覚してケアする白人のほうがいいんじゃないかとさえ思います。

    特に口臭はケアのレベルが違う気がします。
    もうマスクしてても臭い人っていますよね(ーー;)
    しかし不思議なことにいろんな外国人と話す機会はあれど今の今まで こいつ口臭が!と思った人は一人としていません(゜o゜;

    もちろん全員が全員そうではないとは思いますが もう、無臭なんですw
    もちろんチョコを食べたりコーヒーを飲んだあとはその匂いがしますが少しすると無臭に戻る…!

    電車なんかで隣に座ってふぅーと息を口から吐いただけで うっ!となるようなおじさんがよくいますが、見習ってほしいものです^_^;

    といいながら私もそう思われると嫌なのでアメリカ土産は舌ブラシとホワイトニングの歯磨き粉にしましたw

    • dai より:

      体臭系の質問掲示板ですかw
      体臭系の記事を書くとコメントが寄せられるのですが、迷惑系も多くて…。にしても私の旧ブログが引用されていたとは^^笑っちゃいますw

      あちらでは、やはり体臭がきついとデオドラントを使うのは当たり前。当たり前過ぎて話題にもならないんでしょうね。

      しろのさんがおっしゃった口臭の件、ものすごくわかります!若い子だと特に匂いが無いというか薄いというか。何なのでしょうね?すごく不思議です。ケアによるものなのか、食べ物のせいなのか?私の友人の姉がアメリカ人に嫁ぎまして、彼女が言うには日本人も含め、アジア系の口臭は彼らにとってかなりきついもののようです。

      彼女たちに口臭対策を伺ってみたいものです。歯間の匂いなのかな~。