年増日本人女性&青瓢箪アジア系、黒人系男性カップルは少ない?

市が運営している国際交流パーティーに家族で参加してきました。顔なじみの多くが不参加でしたが、雨の中54人が集まりました。顔なじみが10人ほどで後は皆さん初対面の方でした。フィリピン、インドネシア、台湾、China、その他でした。

みんなで一緒にバーベーキューをして会食。
私は完全にホスト側に回ってあらゆる雑用をこなしていました^^;バーベーキューで肉や野菜をジュージューしながらの方が会話が弾むんですよね。私はパーティーやコンパのとき、座って話すのが大の苦手です。立食、何かしながら出ないと会話がうまく運べないタイプです。座って改まって話そうとすると、一気に人見知りになってしまいます。

多くのフィリピン人女性のパートナーは日本人男性のようですが、旦那さんたちは不参加。黒人男性の方と結婚されていた日本人女性がおりました。パッと見ですけど、かなり年齢差がお有りのようでした。黒人男性が30代半ばほど、日本人女性はどう見ても50歳以上でありました^^;

年増日本人女性&若い外国人男性はレア?

子供が夏休みということもあって、遠出することが多くなりました。観光地に行くと、国際カップルを見かけることも少なくありません。目を引くのは年の差カップルと白人または黒人&日本人のカップルですね。ありがちなカップル(年上日本人男性&アジア系女性、白人男性&アジア系女性)はさておき、ちょっとレアなカップルを3ペアほど発見しました。

いずれのカップルも年増の日本人女性&外国人男性でした。

某水族館に遊びに行った時、景色のよい所で私一人でベンチに座っていると、国際カップルが話しかけてきました。写真を撮ってくださいと。

どう贔屓目に見ても、女性は40代。白人系の男性は20代~30代前半という若さ。このカップルのベタベタ度が半端ない。一枚写真を撮ってくださいと言われたのに、撮ったのは5枚。肩を抱いたパターン2回、お姫様抱っこ2回、おんぶ1回。もうラブラブ。南米系の雰囲気でした。

風景が良いところで一人でいると、次々とカップルがやってきます。私の妻子は水族館内で魚鑑賞。私は長距離を運転しないと行けないので、ちょっと眠りたかったんですよね。新たにやってきた国際カップルはアラブ系かインド系の男性と日本人女性。

日本人女性は、これまた若く見ても40歳前半くらいでしょうか。男性はピッチピッチです。写真を撮ってほしいとのこと。

ディズニーランドへ行った時も、40代~50代と思われる日本人女性と黒人男性のカップルから写真を撮るように頼まれました。

妻が温泉に入っていた時、日本人女性から英語で話しかけられたそうです。ご年齢はどう見積もっても40代以上とのこと。最初は英語で話しかけられたので、英語で話していたのですが、ほとんど聞き取れなかったので日本語に切り替えたそうです。

旦那さんはスリランカ人。アラサー。英語が共通語だそうで、意思疎通に困難があるけれども、優しいしい。ただ、イスラム系なので改宗するよう強く言われているとのこと。日本人男性とは違った優しさがあるとかなんとか。

しかし、いずれのカップルも共通語は英語のようでした。私は英語音痴ですが、ちょっとこの程度だと意思疎通に問題があるんじゃないの?と思われる人達でした。どうやって知り合ったんだろう。日本人男性が若い外国人女性との馴れ初めはたくさん聞いてきましたが、その逆の馴れ初めはほとんど聞いたことがありません。根掘り葉掘り聞いてみたいものです。

もしも、こんなイケメンベトナム人から

「日本ダイスキ、デモ、アナタノコトもっとダイスキ」

なんて言われたら…コロッと言ってしまうのも無理はない。

日本人女性が年上ってカップルは少なくない

日本人姉さん女房のカップルは決して少なくありません。むしろ多いと言っても良いくらいです。テレビでよく放送している国際カップル番組でも、日本人女性が5~10歳年上の場合なんてザラにありますよね。でも、大抵は日本人女性と白人系です。

12~20歳の年の差がある日本人女性とアジア系、中東系、黒人のカップルって意外とレアじゃないですか?いや、本当は相当数いるかもしれないけど、いわゆる普通の日本人(テレビの視聴者)が思いつく国際結婚とう枠に入らないカップルパターンなのかもしれません。

日本人女性とアジア系男性、中東系男性のカップルも時折見ますけど、年齢にそれほど開きがないんですよね。

年増日本人女性と若い黒人男性のカップルについて、ブログやサイトがないかと検索してみたのですが、それらしいのは見つかりませんでした。「無修正黒人男性、女性痙攣」とかまでヒットし始めたので検索をやめました。

ブログランキングの国際結婚カテゴリには、国際カップルのブログがたくさんあるのですが、痴話喧嘩やラブラブ記事ばかりで、年齢差まではよくわかりませんでした。

これからこの手のカップルは増えていくのか…?

日本はまだまだ命からがら逃げてきた本当の難民の受入は進んでいません。ただ単に母国で食い詰めて、ニセの難民申請をしている輩の滞在は認めていますけど。また、移民の受入が進んで行くことでしょう。

移民受入れ。何でもかんでも外国人を受入れて解決できるの?

介護や看護、その他の職種で外国人労働者が増えていき、在留期間の更新を行うには国家資格などを取得する必要がある場合、当然資格を取得できない外国人が出てきます。母国と比べて遥かに暮らしやすい日本にずっと住んでいたい。だったら、日本人と結婚するのが一番の近道です。

働き盛りの若い男性が、年増の日本人女性を狙うこともあるかもしれません。また、偽装結婚ビジネスも拡大しそうです。偽装結婚の多くは、外国にいる外国人を日本に招聘し、在留カードを発行させるまでが大変な作業です。しかし、すでに日本にいる状態であれば、仲介業者もそれほど労を要せずとも、ちょっとした橋渡し役になるだけでビザの変更が可能だと思うんですよね。

もちろん、今回私が出会ったカップルたちが、金や日本滞在のために結婚したとは思えません。

3K職場の人材不足を補填するための外国人技能実習生も問題ありですが、彼ら、彼女らの多くは出稼目的であり、あくまで1年以上の長期滞在であり、母国に帰ります。でも、移民って…他の国から日本に移ってくるのが目的なんですよね。お金もほしいし、日本にも居座り続けたい。

外国人技能実習生よりも職業の幅が広いでしょうし、配偶者ビザや定住ビザなんてとったらバンバン転職するでしょう。ロシアとかから若干くるかもしれませんけど、移民と言ってもどうせ特亜三国が大半を占めるのでしょう…。金髪碧眼の人はほとんどこないと思います。

男女問わず、うら若い外国人から迫られたら冷静になることが肝心ですな。








シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まりりん より:

    だいさんお久しぶりです!香港のまりりんです:)
    日本は相変わらず隣国に翻弄されているようですが
    いかがお過ごしですか?

    うーむ
    最近は年増、いやおねーさまと外国人若造も増えていると

    年上が好みだろうが年下が好みだろうが人の勝手ですが
    年上のお姉さまと付き合う外人男の目的が
    日本の国籍だったらちと問題ですね

    大きなお世話ですが
    よくある50代の日本人のオッサンとピチピチ中国人女性または
    フィリピーナのカップルの離婚率が高いように

    若造外人男が
    年上の日本人女性と結婚して国籍GETしたら
    若い女に走るという図が結構目に見えているような

    いやちゃんとお付き合いしている人も要ると思いますが
    言葉がお互い通じないのに付き合うって
    相当ストレスですけどね~~ 会話を大事にする私としては

    ところで海外の日本人女性の評判って両極端です汗
    すぐやらせてくれるか
    節操あって良妻賢母

    特に外国人は簡単に寝るような女性は大事にしないですね
    200%遊ばれて終わりです。

    くどいてもなかなかOKしない女性=信頼できる、自分以外の男にそう簡単に行かない
    と言う風に思うそうです。すごくよくわかります。

    だから日本人女性よ
    高嶺の花であれ!女性は口説かれてナンボ
    そう簡単に外人男の誘いに乗らんでくれ~

    と鼻息荒くてすみません
    懐かしくてついコメントしてしまいました♪

    • dai より:

      おおおおおお!!!
      まりりんさん!ご無沙汰です!お元気そうですね~!!
      コメント超嬉しいっす!

      年上の女性と外国人の青瓢箪カップルが多くてちょっと驚いちゃいましたよ^^;
      難民になるのに事欠いて、まさか日本人の配偶者ビザを狙ってんじゃねーだろうな!?って感じの雰囲気だったような…^^;

      今度書きたいと思っているのが、難民問題。もっと調べてから書いてみたいですね。
      でも、私が見たカップルはみんな幸せそうだし、あのまま幸せでいてくれればと願うばかりです。
      会話は大切ですね。会話なしで体だけ…ってのは無理無理です。

      軽い女だけには思われたくない。自分の娘もいっちょ前に告白したりしているので、妻伝えにまりりんさんのアドバイスを伝えたいと思います。

      隣国に翻弄されているどころではありません。
      完全に国辱ものです。怒り心頭でした。また後ほどアップしますが、朝鮮総連に対する抗議が有志たちによって行われたようです。参加したかったなあ!